April 19th, 2013

映画「リンカーン」!

 素晴らしい映画。奴隷制度を廃するために法案の票をとる必要がある。   そのための現実は、やはり政治家として優秀なのだった。                     しかし、リンカーンも聖人ではなく、南北戦争で多く失った兵隊を見ながら、自分の子は兵役に服さないようにしたりもする。しかし、息子は潔癖に兵に志願する。悪妻といわれる妻もごく普通の裕福な教育を受けた女性だったりもする。


H☆人間の卑劣さ。 そして、心の中にある神の心。 黒人奴隷を重宝に使い栄華を極めていた南部の人たちは選挙権をもつ黒人たちの復讐をどこか恐れる。 自分達が彼らの尊厳を無視してきた報いを恐れて。 リンカーンの穏やかな品性と幼い子供のよき父であるリンカーンの平凡さが、とても健全にみえる。 誰をも奴隷にしないこと。誰をもも搾取しないこと。誰をも差別しないこと。 誰の自由を認めること。 今、世界の不幸に、今の時代のリンカーンが求められる。

長野から牟礼駅まで桜がどこもきれいでしたよ!



古間、黒姫の桜はこれから!


 チューリップが咲くのが楽しみです。




 朝は雪であげれなかったので、今鳥の御飯を!


 4時11分の信越線に乗れて、黒姫駅から繋ぎの学童バスに乗って5時にはコテージに帰ってきました!

 

 長野は9度でしたが、神山はかなり寒いです!

 

☆今日は9時19分の信越線に乗ろうかずいぶん迷いました。

 

 その頃は雪が降っていて、昨晩もつい読書で5時まで起きてしまい、3時間しか眠れなかったので体力的に、コテージの中にいた方がいいか迷ったのです。

 

 それで、生協が来る日なので土とラベンダーの苗を頼むべくチェックしてドアのノブに下げていたのです。

 

 それが、映画「リンカーン」の初日でテレビで宣伝が幾度もあり、奴隷制度からの解放は、是非、観たいと11時11分の電車に変更して出てきました!

 

 ゆっくり、無印良品等を見て、歩いてグランドシネマを目指して歩き、時間に余裕があったので、長野カトリック教会によれたのでした。

 

 映画を観たのは成功で、直ぐにバスに乗り、東急地下で慌ただしく買い物をして、無事に4時11分の電車に乗り込めたのでした。

ボストンマラソン爆破テロ!


Watertownは、私もよくいったところ。

MITも住んでいたところのすぐ近くでした。

 手榴弾を警察に向かって投げたそうだ。

 二人は兄弟。

 リユックがない。

犠牲になった8歳の少年。

 ボストンでは自宅から出ないように交通機関全部ストップ。

1995年4月19日
オクラハマ爆破事件。20周年。

 アメリカでは、2012年から過激派を防止する運動始まった。

 タイム誌によると兄のほうはイスラム教。

 

 兄弟の自宅近辺を警察が囲む。
死んだ兄は体に爆発物を身につけていた。