June 20th, 2013

仕事場。


「芸術家は孤独でなければいけない。」とダ-ヴィンチが言ったそうだ。
 自分と向き合い、鏡のような現象を内省すると言うことか。

 

☆聖ヒルデガルドのミサ音楽は心を浄化する。

 



 このコテージのどこでも、絵の具痕がある。

 

 どんなに気を付けていても汚してしまう。

 

 しかし、ものを創る空間は神聖だ。

 

 埃も虫の死骸もあちこちに溜まるのだけれど、なぜかとても清潔。

 

☆孤独とは友達だ。

 

☆煉瓦100個は土曜日にコメリから届くと言う。
 願わくは、ハンギング-バスケットのフックが今日中に届いてほしいが、駄目でも、置きメモを残して長野に出てみよう。

 

☆友人から電話あり。

 

来週末には東京へ帰ると思う。

 

この間の「バラクラ」や薔薇の買い物で、随分お友だちができてしまった、家の近くの人もたくさんいて、「お茶を。」と言われているのだ。

 

 現代の同年齢前後の人たちは、とてもおしゃれで上手に時間を作って有意義に生きている人が多い。

 

 どこか自分に似ている人達。

 

 バスケットや薔薇のご縁は皆素敵!

 

 マトリョーシカが一段落したら、バスケットを編みましょう。

 

薔薇のアーチの制作!

遅めのお昼。                                                                           
















↓ここに置く予定です。
その前に白いペンキを塗ります。