July 6th, 2013

谷文晁展!

生誕250年とか。

 

小林一茶とダブっているようですね。

 

 サントリー美術館でこんなにまとめて谷文晁が見れるのはやはり良かったです。

 

 正統派の江戸絵師という感じで、当たり前ですがどれも巧みです。

 

 弟子や家族にも恵まれ、絵の人気も凄く相当な羽振りのよさだったそうです。

 

 渡辺崋山も弟子の一人。

 

 石山寺縁起絵巻が私には面白かったです。

 

 78歳で没するまで10歳で絵の道に進んで以降、順風に精進を努めているようだ。

 

 晩年の富士山の墨絵はやはり日本人ということ。

 

長野に!

 サントリー美術館の傘立てに日傘を忘れてきたので取りに行くことに!地下鉄階段では無理なのでバスに。 
 花屋で買ったハーブ。

 それと、枯れたハーブを全部ねごと持ってきました。神山なら甦る気がしたのです。
 段ボール2個を月曜朝に着くように出しました。

 

 それでも大荷物です。

 

☆今日は姑は、麻雀。
 お友だちが訪ねてくれるそう。

 

☆サントリー美術館へ着いて傘を受け取ったものの、暑さでへとへと。

 

 遅めのお昼をサントリー美術館で。

長野も暑い!


午前中、雨が降ったそうです。

7時27分発車に乗れました!

 

 先程、サントリー美術館で買ったおふのお吸い物とお味噌汁。

 

 東急地下で杏やお肉やお豆腐、お野菜を買ったので、少しでも軽くととろろかけのお寿司を食べてしまいました。

 

 「三才」駅は雨で濡れてますけど、上手くいくと今夜はハーブを植えられるかも。

 

☆お客様から預かったバスケットは手持ちでないと不味いので、結構嵩張って重い荷物で、しっかりと疲れてます。

 

雨です。


アジア人の起源。


研究の結果、中国人もアフリカから。ホモサピエンス。

顔だちを変えて中国に。

13000年前、気温が下がる。
桂林の発明。

12000年前

土器のはへん。

ほうかいせきに土を混ぜる。
250土がやっと。

けいりんの土や石で土器を作ることで野生の稲を食べられるようになった。