August 2nd, 2013

11時に雨が止んだ!

☆朝、雨のなか「アマゾン」で購入したピーターパンの誕生物語とジョニー・デップのビデオが届いた。

 

 葉書が届いていて、自然に優しい衣類のお店からだった。絞りのポーチを買ったのだった。

 

 コメリで昨日買ったクリップも庭にペンキ缶と一緒に出していたものだが、雨に降られても困る範囲ではない!

 

 今日の食事にお豆腐を出したら、凍っていたので夜に麻婆豆腐にでもしようと思う。

 

☆今日はサマージャンボの販売の最終日とのことだが多分、庭でワークをすると思う。</p>

未完です!

 雨が小降りになった4時頃から、新聞を買いにセブンイレブンに行きました!帰ってきたら、晴れていたので6時までワーク。バスケットの色を塗っていたのですが、なかなか思うような色が出ません。


 今日はここまで。

(no subject)

 これは、仮に巻いたもので2ヵ所間違ってます。少し太めの藤を2本、上蓋と蓋下に通して巻いていくのですが、釘が少し短いので苦戦中です。

☆今夜はジョニー・デップのビデオでも観て寝ましょう!

 

☆この間観た「ネバーランド」とてもよかったです。

 それで、
原作本を早速アマゾンで購入したのです。

 映画のジョニー・デップは素顔で、ずいぶんハンサムです!

 

 映画の実話だということは、ピーターパンが生まれるために出会った子供たちに、愛情を注ぎ子供たちの母親である未亡人を助けるために、家政婦を貸したり、別荘を子供たちと未亡人を夏中貸して、妻に「自宅に帰るより別荘で未亡人と子供たちといる方が長い。」と、嫌みを言われたります。

 

 父親を亡くした子供たちを慰めるために、永遠に年をとらないネバーランドを思い付くのですが、奥さんとは離婚になります。

 

 芸術の犠牲となった家庭生活。そして、実際に病弱で子供を残して亡くなった後、後見人に遺言で指名された彼は、子供を養子にして育てたそうです。

 

☆イギリスの知識階級の暮らしや公園の風景は落ち着いて美しい。

 

 未亡人役はタイタニックのケイト-ウィンスレット。

 

 「ネバーランド」のピーターパンは演劇だったので、その舞台も素敵だ。

 

 4人の男の子たちと、海賊ごっこやインディアンごっこをするジョニー-ディップはやはり彼らしい。

 

☆芸術の創造には犠牲がある。
しかし、妻はものわかりよく「あの子達と出逢ったから、ピーターパンの成功があった。」と理解する。

 

☆娘からメールで包丁が壊れたが、捨てたらいいのか直したらいいのかと訊いてきた。家事を担当しているのが娘なのだ。

 

 私も贅沢だとは思うが、神山のコテージで自由な時間がないと制作できない。

 

 そんなことが許されている幸福。

 

 それでも、唸って嘆いて(不器用なので)可能なかぎり長く制作しているのだ。

 

 幸福なのだろうけど、ずいぶんやることが多いのだ。

 

☆夜は毎晩3時頃寝ます。