October 21st, 2013

日々の恵み!


☆朝イチにアマゾンから届いた本!

10冊出ている豆本。

崋山1冊
抱一1冊
光琳2冊
国芳1冊
広重1冊
けい斎2冊
北斎2冊

 

これをみるとけい斎も北斎同様に評価されているんですね。

 

この豆本シリーズは皆ほしいです。

 

☆お庭に出てみると、生協からお花の苗が届いてました。

 

ピラミッドアジサイと言うのです。
真っ白なライラックのような花です。

Keisai!


あの北斎が驚いた!
と帯びに。

 


形によらず精神を写す
形をたくまず略せるを以て略画式と題す

畳職人の子として生まれ、浮世絵師として黄表紙挿し絵を精力的に描く。
31歳で津山藩松平家のお抱え絵師となる。紹真と名乗り、鍬形と改姓する。
絵手本「略画式」が大評判になり、鳥獣や山水など様々な略画式が刊行された。

 

線がとても綺麗!

(no subject)


「しょう子さんが忘れていること」
「ちびっこ広場」を読む。

 

しょう子さんに親切な同じ患者の青年。
細かい色々な感情が老いた病んだ人に沸く。老いてもいいような気がしてきた。

 

子供と一体の若いお母さん。
子供の気持ちがすべてである頃。

 

爪にマニキュアを塗る。
お母さんにも若い女の気合いがある。

 

そして、子供と一緒に闘う闇。

 

☆私はこんなに上手に言葉で表現できないが、この作家は女性の普通の感情を丁寧に描いていると思う。