October 31st, 2013

姑のスボンを頼まれて買いに行く序でに映画を観る!

☆姑のスボンの裾上げをしてます。 ユニクロで黒、茶、ベージュの3本を買いました。 姑のところにいった主人はご近所の友人がたくさんお見舞いに来ていたので、一人一人車で送って来たとのことでした。 同級生のご友人方は姑のケアハウスを大層気に入って、皆、パンフレットを求めたそうです。 私が持っていったピンクのカシミアのとっくりセーターはとても気に入ってクリーニングに出しているそうです。 ☆「タイピスト」は古きよき時代の田舎からパリに出てきた秘書と社長のラブストーリー。 なんとも軽快なタイピングの音。 姑も専門学校で英文タイプの先生をしていたので、きっと観たら感慨があるでしょうね。 1960年代のファッションもなんともラブリーで、最後に世界タイプライターの早打ちコンテストで「アメリカはビジネス。フランスは恋愛。」と言うのですが、フランス人のラブストーリーというのはお伽噺のようですね。