November 25th, 2013

朝食も美味しい!

二つ島という名前の島も震災で小さい方が沈んでしまったのだというが。 部屋の前は海。 波の音でよく眠れました。 朝食付きで7000円。安くていいホテルでした。 天心美術館でガイドをしてくれていた人が連れて来てくれたのです。 五浦のホテルは満員でした。 それで磯原のロハスがテーマのホテルです。 黒姫からの移動が6時半から12時半ですので疲れがドット。

 

野口雨情の生家に。

野口雨情のお孫さんが特別に開けてくれました。 カルタの絵があのぬりえの「きいち」さんだったり、書がとてもいいのですね。 雨情さんの家はとても立派で、震災で瓦など飛んだのも修復されました。お孫さんが資料をかかえて安全なところに運んだそうです。 記念にカルタやお孫さんの書いたわかりやすい本など買いました。 お孫さんは2階に住んでいるそうです。 今日は月曜日なので開いてることは期待しなかったのですが、ホテルからの電話で開けてくださったのです。


水戸駅で小山行きを待つ。


北海道のスノーシューズを水戸で買いました。左足薬指が当たっていたくて歩けなくなったので7000円くらいで軽いです。

古い方も東急の靴やさんで買ったものなので、東急には靴の修理やさんがあるので、少し広げてもらおうと思います。

☆先程の駅ビルの北海道名産食堂でホームレスさんと見えるおじいさんがとっくり2本、お刺身を食べてました。「目の前のビルは8階あるかね。」と訊いてきたのですが、「旅人だから知らない。」と答えました。ウェイトレスさんに「お水入らない。」「醤油は何処だ?」と訊くために幾度も声をかけていました。

 

小さなことですが、私は心から差別をしない気持ちでおじいさんの顔を見ました。

 

真っ黒でシワの多い愛嬌のあるおじいさんに見えました。

 

☆姑は運動神経がとてもよくて、私は80代前半で車イスになるとは夢にも思いませんでした。

 

「ホームレスさんが悪いのよ。」と彼女は言うのです。目黒の階段が4段くらいのところで、ホームレスさんが座っていたので、それを避けようとして飛んだのです。それで転び、骨にヒビが入って左半身麻痺して転び癖がついたのです。

 

私の住むもう一人の駅にも年期の入ったホームレスさんがいて上手に住まいをつくって生きてます。

 

野坂昭如の文章に戦時中、差別をされている地域があってそこを避けていたら空襲にあって死んでいただろうというのがありました。

 

小さなことですが、差別をしない人を傷つけないというのは命を守るのだと思うのです。

 

☆水戸線は本数が少ない。

 

2時の水戸線を外したら次は3時37分とか。

 

今日は笠間の菊を見たら、笠間か小山の安いビジネスホテルに泊まろうと思います。

 

明日から「大人の休日パス」が使えるので新幹線でターナーを観に行ってもいいし、軽井沢にも途中下車が出来るのです。

 

そして黒姫コテージの学童バスで帰れれば、安く上がるでしょうし、からだの疲労も少ない気がします。冷蔵庫も空だしねえ。

 

27日は金沢28日は福井のホテルを取っておいたし。

 

金沢にいくときは前にお会いした方のお蕎麦屋さんにいこうと思うの。

 

この辺の途中下車は「大人の休日パス」を使わないと到底行けない!


福井では「天心展」。
天心のゆかりの地ではないが、誰よりも天心を愛してますという展覧会が県立美術館で。

 

京都ではバロセロナで一緒だった四条烏丸にお住まいのIさんのマンションでお鍋をごちそうになることになってます!

 

ご主人とご一緒に個展にも来てくれたり、絵の応援をずいぶんしてくださったような。

 

大阪では若い作家の個展でお料理をつくって皆で材料費を出すそうです!

 

タカ子さんにも電話をしておこうかなあ。

 

こんな感じで深まり行く秋も楽しい。

芸術の森のホテルまで歩く。

雨が降り始めたので娘がくれた黒地にはながらのポンチョを着て歩きました。 途中、喫茶店でホテルまでの道を訊きました。 笠間小学校を右にということでしたが、その次の道を曲がるようで多目に歩いてしまいましたが、いい風景を見れました。


ーーーーーー




5時半に、ホテルに帰った!

笠間駅の観光協会で教えてくれたホテルです。 芸術の森の中にあって、菊展示をしている笠間稲荷とは方向が別なのでホテルまでタクシーに行き荷物をおいて、そのまま笠間稲荷までいってもらいました。ホテルから歩いて20分ということなので初めての場所なので無理だと思ったのです。 ホテルのシングルは満室だったので、ダブルベットを少し安くしてくれましたので、芸術の森の中という事なのでこのホテルに決めました!

おみくじ「大吉」でした!

狐の中におみくじが! 300円でした!


渦を巻く
谷の小川の
丸木橋
渡る夕べの
心地
するかな

 

初めは危ない谷の小川の橋を渡るような心配事があるが驚き迷うことはありません。後には何も彼も平和に収まります。
凡て小さいことも用心すればよろしい。

 

大吉

 

争い事  時を待たねば勝てず。
恋愛 将来幸福になる。
転居 騒がぬ方がよし。
出産 産前を用心すれば安産。
病気 信心すれば治る。
縁談 他人の口舌に惑わされるな 願望 出来かねるように危惧を覚えるが後整う。
待ち人 さわりあり 来らず。
失せ物 出がたし 下にあり。
旅行 吉日をえらべ。
商売 買うのは損 控えよ。
学問 安心して勉学せよ。
相場 売れ 大利益あり。

 

☆ 菊人形のところで、駄菓子を買いました。

食事前に。


明日は晴れだそうなので、娘のくれたレインコートも畳んでおこう。

今日、ギャラリーでかった陶器のフライパン。そのままお皿になる。

 

更に、下着袋にいれました。トランクにいれて大丈夫でしょう。

明日はこの靴下にしましょうか?

おみくじもこの中にしまいました。

森のレストラン。

8時にホテル内のレストランへ。

 



パスタセットに!
オードブル。野菜が一杯で安堵。

さつまいものスープ。
適度な甘さで。

メインは和風パスタに。
明日からこれで。

朝もここですが、森が見えるらしい!

山芋、きのこ、玉葱、ほうれん草、海苔、ジャガイモ、ベーコン。
和風味でした。お醤油とオイルは胡麻?

 

そしてコーヒー。

 

 

明日はこの森の中の魯山人のなにかにあいにいきましょう!