December 17th, 2013

グラナタさんから、無事に鉢がついた!

家族へのお土産!

 

火付けのため捨てれません。

 

☆荷物待ち。
グラナタからの鉢カバー。

 

9時半に届いた!

 

井戸って重いんだ!

 


 

 

ロバと猪を担いでいる人と。
この上に木をのせるとテーブルになるらしい。

 

☆もうつぶれて二度と手に入らないスペインの工房の。

 

☆無事についたのでお礼電話したら、「美の壺」にお父様のコレクションが一月10日にでるとか! お父様のつくられたふくぶえを作られたとか。 下関美術館にコレクションを寄贈されたので、その三十周年記念もあるとか。 私の買った井戸はバロセロナよりフランスよりの窯で作られたそうで、もう型がなくなつて作られないとのこと。 だんだん昔の良いものがなくなるんですね! 五月になるまで修復しておいてくれるそうです。

お帰り支度。


物置になってしまった。


乾くのに半年かかる画材を使ったので。


シクラメンの鉢をここに置いておくど少し雪が積もるので水分があって良いと思う。




生活臭溢れる!

ゲストのいないときは物置に。

これは頂き物だが、東京に持って帰る。

最後の洗濯中。