January 9th, 2014

1時3分の新幹線!あっという間に高齢者!

☆11時11分の信越線に乗る前に時間があったので、書房「しなの」で、週刊誌を2冊買ってコーヒーを飲んだのですが、このお店は冬は特に常連が多い。 気がつけば、みな65以上の極楽とんぼの高齢者なのでした。 人生って本当にあっという間にすぎていきます! ☆東急で買い物をしても、欠けたご飯茶碗を4個買ったり、おたまやかなたわし買ったり、普通のおばさんなのですよ。 自分の人生は2/3位は過ぎているはずだけど、点をつけるとしたら60点!普通の幸福で、維持をするために気が抜けない! 書房「しなの」の奥さんはいつも、私の結婚生活は「大当たり」と言うけれど、主観的には「ふつう」。 上を見たら切りがないし、下も同様に果てしない。 第一、私は高望みしないもの。 絵を描くことは、相当のハンディなのでこちらからはなんの条件もない。 姑と同居も少しも嫌と思わなかったし、収入は今も知らないし。 絵が描けているから、それ以上は望まない感じ。 ☆家庭の幸福はアートの敵と言う事だが、どちらでも覚悟が。 せめて借金を作らず、家から追い出されずホームレスにならないようにしよう。 寒さに弱いのだ。


東急でkitchen雑貨のセールをしていたので、いろいろ買って!

シンクロしたお弁当!


☆主人が帰ってきて、全く同じお弁当を東京駅で買ってきた。 私が長野から帰ってくるのを知らなかったので、娘の分と2箱。 それで、よせばいいのに娘は2箱もいただいた。 もっとも、お雑煮のよもぎ餅は私も娘の分までいただいたので、ちようどいいくらいなのかも。 しかし、金沢の金茶寮のこのサイズのお弁当は二人とも初めて買ってきたのである。

同級生の妻の葬儀が明日。


主人が帰ってきて、暮れに、眼鏡を買った同級生の奥さんが亡くなったと知るる。

 

その前にお正月に連絡しあった同じ小学校の同級生からの電話でM君の奥さんが癌であることを話したばかり。

 

その彼女もご主人を数年前に亡くされている。

 

66歳ってそんな年。

 

☆近くのお寺でお葬式。
娘から黒のオーバーコートを借りて、今日はお数珠も黒の靴下も用意して寝よう。

 

今日は東京もとても寒い。

 

長野から部屋を片付けて、洗濯して寝具を交換して、雪の中出てくるので疲れも出ている。

 

年をとると、家族も変容していく。

 

寂しいような人の世の常。

母のお数珠。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ☆急に葬儀に出ることになり、明日の支度で右往左往。

 

葬儀用の黒のハンドバッグはと手も小さいのでお財布も入らないのであるが、問題けお数珠で、探し始めると見つからない。

 

                                                                        古い衣服も捨てないので何処にしまったやら。

 

最悪は浅草まで数珠を買いに行こうと検索したものの、探し始めたものがないのは辛い。

 

兎に角、この師走に見た記憶がある。

 

☆大きめの黒のハンドバックの、中は、赤なので葬儀用には使わないのだが、思うところあって開けてみたら、母のくれた珊瑚のお数珠が出てきた!

 

これで、真珠のネックレスでどうか?
これもチェック。

 

夫婦で香典袋探し。これは買えるので。

 

☆兎に角、もう少しお片付けをちゃんとしないと!