January 19th, 2014

酷い現実のパキスタン。その1.


☆バキスタンについて何もしらなかった。

 

☆タリバンができたのは、ジハードを奨励したハク指導下。ClAがジハードにはぃるよう焚き付けたとマララの父はいっていた。

 

イスラムの5つの柱
神への信仰。
1日5回の礼拝。
ラマダンの月に夜明けから日没まで断食。
体の不自由な人以外のイスラム教徒は死ぬまでに一度はしなければならぬメッカ巡礼。

 

ジハードは6っ目の柱で、ほかの5っより重要に思われた。

 

☆タリバンの始めの意味は、神学生。

 

殉教して天国にいきたいと若者は、教育された。

 

☆バキスタンでは13歳の女の子が強姦されても犯人が認めなければ刑務所にいくのは女の子のほう。

 

☆詩人 ラーマット.シャー.サエル
アフガニスタンで起こっていることは、「2頭の象の戦い」と表現。
アメリカとソ連の戦いで、2頭の獰猛な獸に踏み潰されると。

その2.

マララ ユスフザイ
キスタンの女性人権活動家。

 

11歳のとき、英国BBC放送のウルドゥー語ブログに日記投稿。

 

15歳のとき、2012年10月9日、スクールバス登校中、タリバンに襲われ頭部を打たれ生死をさ迷う。

 

☆お父さんの夢は学校を作ること。

 

黒い福音。

 


雪でテレビの状態が悪いので、見にくかったです。

 

若い時に読んだ本です。

 

神しか裁けない真実。

 

歴史には、闇に葬られた真実が、沢山眠っているでしょう。

 

☆今日は朝早かったので眠たい。

 

髪も乾いたので寝ましょう。

 

☆それと、Before and afterで見た、セーヌ川に停泊するボートのおうち、とてもよかったです。

 

明日、明るかったらお部屋を片付けたり、掃除したりしたいです。

 

☆しばらく、買い物に行けそうもない雪なので、冷蔵庫に鰤とグリーンビースとお豆腐があるので、和食にしましょう!