February 7th, 2014

寒い!

金沢のお餅が、とても美味しかったです。


小さい方から頂いてます。
キャンディーは、昨日PARCOのくじでもらったもの。

☆テレビで割烹着のうれゆきが5倍になったという。

 

草間彌生さんも着てましたね。
私もボストンの美術学校できてました。
粘土を捏ねるのにいいのですよね。

 

娘にも買ってやりましょう!

「永遠の15分」へ!

バス200円で、ヒルズまでいきます。
今朝は朝早かったので眠い! アンディ・ウォホール展を観る前に映画の時間をチェックしました! 先に美術館へ。 いつものようにオーディオを借りるのですが、アメリカそのものという時代の寵児でしたから、面白かったです。 でも図録は、買わなかったです! BMWがありました。 楽しかったでしょうね。 ペインディングできて。 バスキアとの作品も面白かったです。 moneyと言うのもアメリカ的で、ドルマークも作品なのでした! 広告デザインの仕事もなかなかすてきでした。 とても盛りだくさんで、よく仕事をしたのですねと感心するばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 







お久しぶりの六本木ヒルズ!

☆このビニール袋の花瓶は、銀座教会で個展をしたときに、芸大をでて特許庁にお勤めしていた男性が人からいただいたといくつしもくれたので、私も持ってます。今から10年くらい前で、その頃のものに比べて、随分華やかになつた感じです。 お昼は、道路を隔てて向かえのビルの3Fで「はし本」という福岡のうどん屋さんにいきました。隣は「数寄屋橋じろう」の寿司屋さんでしたが、お値段が書いてなかったので、手頃な価格のおうどんのお昼セットを。 ごまだれのあつあつうどんのつけ麺に、鉄火丼に、わさびの漬物、卵焼き、鶏肉そぼろ?の他にデザートを頼んで1800円ですから、お手頃価格です。

 






黒蜜ゼリー。

アメリカらしい映画でした!

兎に角、眠くて眠くて、最初の方は寝ていたょうな。 ほとんど客がいないのと、椅子がゆったりしているので、座り心地満点! 物語は、野心に満ちた貧しい青年のバブリーな成功とその破綻でしょうか? ウォール街の株取り引きと、悪質な方法でのしあがったものの贅沢なはめはずしな暮らし。 薬、セックス、物欲など。 ハチャメチャなのですが、テンポがあり楽しかったですね。 薬漬けと言うのも身体も頭も壊れるのに、よほどいい気持ちになるのでしょうか? 兎に角、始めの頃ねていたので、今度は1000円の席でもう一度、観たいですね。