February 23rd, 2014

明日は閉会式!

羽生君が金ペダルをとってくれて本当によかった! 1流お作品は自己放棄だというが、彼が日本のためや東北震災のために男気を出してくれたような気がします。 真央ちゃんも素晴らしい!真央ちゃんのは女気でしょうか?心意気ですね!

夕食!

明日は氷点下7度らしいので、2階のキャンパスや画材も室内に入れておきましょう。

 


これでほぼ食べ終わる!
あとはパンやハム、チーズがあるので明日の朝は何とかなります。

 

意外と美味しい!

 

☆食後は片付けながら、床の拭き掃除。

 

☆画材は全部2階にあげてしまいましょう!

 

☆強いて言えば、筆洗油が切れそう!
今度、すこしまとめて送りましょう!

 

☆「婦人公論」から。

 


林葉直子さんは、きれいで頭がいいはずなのに。

 

どうしてこういうことになるのでしょう?
☆経済。

 



☆この本は読みたい!

 


自殺教唆。

e-thumd1053.jpg交際中の女性に「死んでくれ」とLINEでメッセージを送り自殺させ、自殺教唆の疑いで、川崎市中原区の慶応大学3年の渡辺泰周(21)が逮捕された。

同じ慶応大学で交際中だった女性(21)にLINEで、「お願いだから死んでくれ」、 「手首切るより飛び降りれば死ねるじゃん」などのメッセージを送って、彼女に自殺を決意させた疑いだという。

亡くなった女性は、メッセージを受け取った翌日午前5時頃、自宅マンション8階ベランダから飛び降り、死亡した。



この女性、重度のメンヘラで、Twitterではリストカットの様子を画像でUPしたり、数日前にはこの渡辺泰周ではない男と心中を図って、救急車で運ばれたりしていた。



☆【渡辺泰周が送ったLINEメッセージ】自殺教唆容疑の慶大生を釈放
2月22日 23時54分


交際していた女性に「死んでくれ」などという内容のメールを執ように送りつけて、自殺をそそのかしたとして逮捕された慶応大学の学生について、裁判所は身柄の勾留を認めず、学生は22日夜、釈放されました。
学生は、メールを送りつけたことを認めているということで、警視庁は任意で捜査を続けることにしています。

慶応大学法学部3年で21歳の学生は、去年11月、交際していた当時21歳の女性にスマートフォン向けの無料通話アプリ「LINE」で、「死んでくれ」などという内容のメールを10回ほどに渡って送りつけ、自殺をそそのかしたとして逮捕されました。
警視庁によりますと、検察庁が学生の身柄の勾留を求めたところ東京地方裁判所は認めず、学生は22日夜、釈放されました。
女性はメールが送られた翌日に、住んでいたマンションから飛び降りて自殺していて、学生はこれまでの調べに対し「死ねなどというメールを送りつけたのは間違いない」と供述しているということです。
警視庁は今後、任意で捜査を続けることにしています。


☆縷衣香記
女の子から別れ話。

女の子はメンハラ気質だったという。
写真を見る限り二人とも、整ったかわいい顔をしている。
幸せな学園生活を送れるはずの年齢と慶応大学という社会的にも何の不安のない学生なのに。

私の経験でも、たとえ友達レベルの付き合いでも、女の子から交際を断るときに、気持ちよく笑ってさよならをしてくれる人は滅多にいない。

殴られたこともあるし、ストーカーのように追いつかれ首を絞められたこともある。

そうだ、「死ね。」といわれたこともあるのだ。

それは、楽しかった?メリットのある幸せタイムが終わったことに対する怒りの表れなのであろう。

恥をかかされた。なめられた。悔しいという気持ちもあるかもしれない。

女の子は、きれいな別れ方を学ぶ必要があるのだ。

別の男の子を出して、揶揄しているようにも見えるtwitter.

まさか、本当に死ぬとは思わなかっただろうけれど、ずいぶん執拗な男の子のtwitterだ。

「死ね。」という言葉は、言ってはいけない言葉だと思う。

そして、客観的には愚かしいようだけれど、「死ね。」という言葉に本当にそそのかされ、死んでしまった女の子の精神構造も私にはわかる気がする。

☆よく、書いてきたが、大学の時に19歳くらいか?
有吉節子という同級生から、大学の廊下でいきなり平手打ちされた。

理由は、私が晴れ晴れとして顔で歩いていたからだと思う。

未来を信じていた私。毎日が目的に向かって迷うことなく忙しかった私。

その時に彼女は、「結婚するんじゃないよ。」といったのであった。

他人が勿論そんなことをいう権利はない。

しかし、その同級生には私にはアーティストとしての未来を感じることがあり、その幸運に代償として普通の幸福を犠牲にしてほしいといったのであった。

☆私は35歳で結婚する時に、結婚したら、本当に節子にどのような暴力じみたことをされるだろうかと恐怖であったのである。

☆実際には、節子は人間的に成長していて、私の画家としての努力をたたえ結婚を祝うことはなかったが害はなかった。

☆嘘のような話だが、ある高名な人間国宝の人形作家に弟子入りした女性は教え子になるときに「結婚はするな。」と条件にされたという。

人間国宝の作家は結婚しているのに関わらず。

☆恵まれた若者たちに普通に起こる怖い出来事。

 何か危うい時代だ。