April 3rd, 2014

3300円で買った絵が15億!

ゴーギャンの絵、44年ぶり発見=ロンドンで盗難、時価数十億円―イタリア- 時事通信(2014年4月2日22時49分)  【ジュネーブ時事】イタリア文化・観光省は2日、1970年にロンドンで盗まれたフランスのポスト印象派の画家ゴーギャンとボナールの油絵を44年ぶりに発見したと発表した。時価数十億円の価値があるといい、警察当局は現在の所有者が作品を入手するまでの経緯などを調べている。  見つかったのは、ゴーギャンの静物画と、ボナールの肘掛け椅子に座った女性画。ANSA通信によると、それぞれ1500万~3500万ユーロ(約21億~50億円)、60万ユーロ相当の価値があると見積もられている。  油絵は1975年にイタリア国鉄が収拾物の競売をした際、トリノに住んでいた現在の所有者が計4万5000リラ(現在の価値で約3300円)で落札、自宅の台所に飾っていた。  [時事通信社]

些細なできごと。

 

ジプシーの「鉄グズ拾い物語」を長野ロキシーで観てから、土曜日に東京へ帰る予定。

 


☆キャンバス類を雨が降っていたので、室内に片付けて、お皿を洗っていたらゴトゴトするので、ドアを開けたらパンチ君が雪囲いを片付けていた。

 

雪掻きなどもボランティアでしてくれるので、5000円渡したが、いつも辞退する。しかし、こっちも必ず受け取って貰う。

 

☆雨なので週刊紙を買いに書房「しなの」へ行こうと思ったので、パンチ君の軽トラックに乗せて貰う。

 

喫茶「しなの」でコーヒーを。

 

週刊誌2冊買って、黒姫駅に新幹線のグランドパレスの乗車賃のことを訊く。

 

「大人の休日」の割引は効かず特急券で6000円以上。グランドパレス席は18席だが3席しか埋まってないという。

 

「大人の休日」カードを持ってなかったので、思案中。

 

☆それから、学童バスがちょうど待っていたので200円でグリーンロッジまでいって、早めの夕食の天ぷらそばを食べる。

 

値上がりはしていて1550円になっていた。他に焼き鳥2本を包んでもらい2000円弱。

 

たこ焼き屋の屋台が邪魔なので移動したとのこと。雪で家が壊れているうちが多いが安い大工を紹介してくれるという。

 

☆それから、雨のなか、セブンイレブンまでいって新聞とか台所洗剤を買った。

 

昨日、買ったコロッケと鳥の唐揚げが家についたらプラスティックバッグに入ってなかってので、「何か聞いてないですか?」と訊いてみたら、従業員の人がメモを出してくれ、「すみませんでした。」と、コロッケと唐揚げひとつを入れてくれた!

 

  今日のお夜食は焼き鳥もあるのに!

 

昨日はレシートをレシート箱にいれたので代金にコロッケと鳥の唐揚げが入っていたかどうかもわからなかったのだ。

 

気がついた頃には、もう外は真っ黒でカレーを暖かくして夕食にしたわけ。

 

☆この頃、日本で起きている滅茶苦茶な出来事に、とにかく自分はパンクチャーに生きようと決意を一層にしたので、この細かいできごとが、気分をよくしたり不安にさせたのであった。

 

☆帰り道、杉の木を観て。

 

こうして自然の観察をしていることが、絵を描くこと生きることにエネルギーになっているので、絵を描く恵みは計り知れないと思った。

袴田さんが家族4人を殺したのだと言い張った長女が3月28日に死んでいた!

サンケイ新聞のコピーです。

袴田事件、遺族の長女が自宅で死亡

2014.3.29 14:51 [刑事裁判]


 静岡県清水市(現静岡市清水区)で昭和41年、みそ製造会社専務の橋本藤雄さん=当時(41)=一家4人が殺害された「袴田事件」で、唯一助かった長女の昌子さん(67)が28日に自宅で死亡していたことが29日、関係者への取材で分かった。清水署では事件性はないとみている。

 市消防局や近所の住民の話によると、28日午後6時過ぎに昌子さんの家族が死亡しているのを発見し、119番通報した。すでに心肺停止状態で、消防は病院に搬送しなかったという。遺体は清水署で検視が行われたとみられる。

 昌子さんは事件当時19歳で、祖父母の家にいたため難を逃れた。4~5年前に病気で夫を亡くしてから事件現場近くで1人暮らし。ときおり買い物に出掛ける程度で、近所付き合いはほとんどなく、市内に住む家族がたびたび様子を見に訪れていたという。

 事件で逮捕され、強盗殺人などで死刑が確定していた袴田巌さん(78)は、静岡地裁が27日に再審開始を決め、釈放された。

☆憤死
 自殺
 袴田さんを殺人者に仕立て上げた権力による殺人との説が!

☆袴田さんは、絶対に幸福になって最高の晩年を送ってほしい。