May 28th, 2014

マンデラの言葉。

肌の色や、素性や、宗教を理由に、人を憎むように生まれてきた人間はいない。

 

憎むことは学んだのだ。

 

そして、憎むことを学んだのだったら 、

 

愛することを教わることも可能なはずである。

 

愛することは憎むことより、人間の心にとって自然なものだから。

 

「自由への長い道」から1994年。

 

☆善人であると前提条件することで、
私たちと同じ人間性をもっていると前提することで、
私たちは人に尊厳を与える。

 

人を信じる心構えがあれば、人間の善意を信じる心構えがあれば、善をなしとげることができる。2004年5月10日。

 

☆他の指導者同様、私も時々躓いた。
だから、自分一人が栄光の座で煌めくことを要求することはできない。1996年2月22日。

 

☆与えられたものでなく、持っているものから何を創り出すかによって、人と人との違いが生まれる。1994年。

 

☆良識と人情を兼ね備えれば怖いものはない。1976年1月1日。

 

☆あるがままの人生に満足すべきだ。2003年。

 

☆周りの人を喜びと希望に満ち溢れさせるために生きなさい。2002年3月7日。

 

☆人間は自分の運命を自分で決められなければならない。1990年2月14日

 

☆聖人とは絶え間なく努力する罪人なのだと言うことを決して忘れないように。1975年。2月1日。

 

☆いつの日にか、
人類は真に高潔で立派な聖人を産み出すことができるだろう。
人類への純粋な愛情から、どんなことでもやる気になって行い、すべての人々に無私無欲で尽くす聖人を。
1976年8月19日。

 


「マンデラ」は素晴らしい。

☆映画館はガラガラでした。火曜日の6時43分からとは言え、3組ぐらいの観客でした。

 

こう言う映画を子供たちに見せてあげたいとおもいました。

 

☆映画は事実を物語ったものですが、多くの貧困や暴力に苦しむ人々がいる。

 

マンデラさんは読書が大好きのようで、人としての品性をどうして培ってきたのか?

 

アフリカの民族の男としての誇りを大地、血に持っていられる方。

 

こんな素敵な人を地球に送り出す神がいる。

 

世界の人も「おかしい!」と思うと間違った政治を許さない良心を持っている。

 


人間は期待できるし、真理の強さを証明する歴史がある。

「暗いと不平を言うよりは、進んで灯りをともしましょう。」

 

☆私は今日は睡眠時間が足りなかったのでかなり、グタグタだったが姑に頼まれた衣類を持っていくのは弾む気持ちだった。

誰かの役に立つことは人間には喜びである。

 

映画館でまえから観たかった「マンデラ」をやっているのを見つけて超ラッキーと思ったものだ。

 

何かが無駄なく運んでくれる。

 

私たちの行く手は、美しい弧を描く虹の橋なのだ。

 

そして誰もが責任ある同時代の担い手である。

 

「マンデラさん、ありがとう。」

 

今夜はよく眠れそう。

(no subject)

雨が降ったので庭のハーブが元気だ。
午前中にハーブを買いにカートを引っ張ろう!

ドクダミをその前に摘んで!

 

☆「生きて春を迎える!」
数百名が野宿。
目標は一人も死者をださないこと。

差別と戦う人も。
無罪になったら中学を入り直し、ケニアで自由に生きる動物を観たいと言う狭山事件の石川一雄被告。

「義に飢え渇く人は幸い。その人たちは満たされる」マタイ5・6

 

22年間にもわたる三角公園での炊きだし。
「神が喜ぶから続いている。」
「一人の野宿者がいなくなるまで続ける」中尾代表

 

釜が崎高齢日雇い労働者の仕事と生活を勝ちとる会 上村将章

 

☆日本にも差別も貧困もある。

 

庭用の箒と塵取りを買いにでかける!

☆お花を植えるために、草を引っこ抜いていたら、土や雑誌でドロドロに! それで、明日は主人が帰ってくるので不味いと思い、金物屋さんにでかける。 少し花の苗も買って、食料も買って、パン屋さんやアイスクリーム屋さんや、氷等買うとカートもずっしり重く、かなり疲れたので夕飯はパンでいいと娘。 暗くなりかけていたのですが、庭を掃除し、お花の苗も植えました! ☆二人ともお昼はビーフカレーをいただいたのです!