September 25th, 2014

冷蔵庫から片付けてます!


先生の絵。
南アフリカ連邦でアパルトヘイトと戦って、作品が国外輸出禁止になり、しつれんするもののアメリカに亡命した。

 

白人名のだけれど、同胞が沢山亡くなったと正義感に溢れ人。

 

ロンドンロイヤルアカデミーを卒業して、デッサンが凄い人です!

☆冷蔵庫の後ろに飾ったので 近くだとよく見れませんが。

 

何しろものが多いので冷蔵庫の上も重要な置き場所。

雨なので浄化槽チエックがこなかった!

こうして1日待機していたのにもかかわらず、浄化槽チエックはきた様子がないです。

 

☆神戸の小学生女子の誘拐事件を知ると、女子というのは大人になっても安全ではない気がします。

 

☆女性の画家は生きていくの大変です。

 

  音楽の道も同じですが、自由恋愛の世界なので 、どうしても女優並みの美人アーティストが栄光の階段を昇っていくのが王道のように見えるのです。

 

男性でも、能力もある女性を渡り合って、上手に国際的なアーティストになった人がいます。

 

今風み言うとイケメンで優しくマメで
ひとつの道に頑張っている女性は不器用ですからまんまと引っ掛かってしまい、利用され終わると次のターゲットをめがけて去っていってしまいます。

 

この頃は女性でも力ある男性を渡り歩いて、勝ち誇って自伝に書いたりしてます。

 

☆そう言うことが嫌いな潔癖な女性は、芸能界などでは気が狂ってしまう人もいるようです。

 

そう言う大人社会の乱れや変態が、6歳の女子を誘拐し、バラバラにしたりする。

 

大人の女性からは相手にもされないし、自分の知的能力が見透かされて怖いからでしょう。

 

卑怯で最も恥るべき下劣な行為です。

 

☆私の場合は、それにキリスト教が加わっていたので、本当に大変でした。

 

弱い者の味方でなければいけないし、「キリストにならいて」に沿えば
罪人を引き寄せていくからです。

 

一般人が背けるような人をも、キリストにならいて、受け入れなければならないからです。

 

☆誘拐 、拉致というのは多い。

 

キリスト教徒は、強姦未遂や誘拐で案外たくさん殺されている。

 

それも、さらに怖い事だが、あおられて殉教させられる。

 

☆この間の中学生誘拐未遂の犯人3人組は懲役9年とか。

 

☆北朝鮮の拉致もあんがい都会でも仕掛けられている。

 

友人のご主人も上野に連れていかれたとか。

 

私が25.6歳の時 自由が丘の目黒通りを8時頃歩いていたら、長身のスーツをきちんと着た男性二人が路地の暗いところを指差して、そっちにいけと目で合図をした。

 

乞食のようにも見えないし意味がわからないので、直ぐ手を上げタクシーを目の前で拾い家に帰ったが、今 思うと北朝鮮の拉致だったように思う。

 

未だ、世の中でそんなニュースもなく
大人の拉致など話題にもならなかった頃だ。

 

☆もう、人を信じられない時代になったのだ。

 

小学生もアメリカのように、一人で通わせたり自宅で留守させたりできない。

 

親の送迎が義務になる。

 

☆どうにも不幸な人がいるのだ。

 

誰からも相手にされなくて、老人や子供しか狙えない人が。

 

生活保護を受けていて祖母と二人で暮らしていたと言う。

 

木の葉の生い茂った目立たない容疑者の住まい。

 

大人しい人は思いを溜め込んでいるものだ。

 

子供のいる幸福な家族が夢だったのかもしれない。

 

☆幸福そうな家庭も内実はわからない。

 

一つの家族をドン底に突き落とす行為。

 

私は幾度観たことか。

 

有りとあらゆる形で他人の家族を地獄に落とさずにはいられないほどの不幸。

 

加害者たちの家庭は壊れていて、他人の幸福が多分、彼らを傷つけつのだろう。

 

そして、さらに、奈落に堕ちた。

 

☆絵の具皿を洗っていたら、アクリル絵の具はこびりついて、剥がすのが大変。

 

☆9月30日の5時頃 ギャラリーに搬入することに決まった。

 

10月1日はギャラリーのお休みの日。

 

1日、休めるので体力の無理はないのだろう。

 

☆原則として、ギャラリーには連日 終日、いたいと思います。

 

母が危篤なので 非常時の際は御無礼申し上げます。

 

☆マトリョーシカも侮れません。
難航中!