December 2nd, 2014

喪中葉書を書いて。


亡くなられた方たちからの葉書も捨てられません。

 

人との出逢いの有り難さ。

 

生かされ生かし。

 

 

一茶の句の年賀状がありました。

 

巡礼でであった佐賀市の方。

 

スペインのサンチャゴ巡礼にご一緒でした。

 

奥様のお写真を持たれて、「妻と一緒に来たかった」と。

 

フランスのルルドからバスクを経て、カミーノと呼ばれる800キロの徒歩での巡礼をバスで訪ねる旅でしたが。

 

☆多くの巡礼の旅をしてきて、年賀状のなかにはその道中であった方が多いのに改めて魂の結びに導きを感じました。

 

☆一茶の句の大きさ深さに改めて敬意。

 

既に江戸時代にカトリック教徒の殉教が聞こえていたのでした。

 

「 茂りの下」と言うのも見えないという意味でしょうか?

 

隠れた想いに一茶が汲み取った命懸けの信仰は一茶の人生とも重なる気がします。

 

☆茂りの下のなかに、隠れた尊い人生哲を支えたキリストの仏があった。

 

隠れキリシタンの仏に似せた十字架かもしれない。

 

☆この年賀状を送って下さった方も既にこの世にいらっしゃらない。

 

しかし、葉書の下の文章の励ましが今日も私にいきる勇気を与えて下さる。

 

ご自身の版画と思われる一茶の句と絵もあのときは忙しすぎてじっくり見なかったような。

 

銀座教会での個展に佐賀ボーロの菓子折とお祝儀まで送って下さった。

 

私もそんな風に気の配れる年寄りになりたいと思ったものです。

カフェでフランス人に声かけられた!

2人の女性ですが。
ブラジル大使館で働かれているとか!
(ブラジル人かしら?)
「ブラジル好き?」って訊かれた。
中華街の「ブラジル」行ったばかりよ。

 

並んでいるので、まだか?って訊かれたわけ!

 

お顔があったらニッコリしあってしまったので、いろいろお話!

 

☆今日はお使いのクリーニングをたくさん持っているのでカジュワルです。

 

コインロッカーに入れて、暫し優雅なタイム!

お食事のパスタは2時までだったそうです。今、2時50分くらい。

 

シホンケーキはミント味!

アールグレイにしました!

☆今、声をかけられてお二人はカフェをで出てかれた! 私のことを天才的詐欺師という人がいるのだけど、お店からもお二人からも感謝されてしまうのだ! ブラジル大使館にいつもいるって!

寒い! テレビのデジタル参加型アートを観て!

☆今日の庭園美術館での参加型アート。 朝香邸のミニチュアが材料を同じにして作ってあり、動かせるようになってます。 寒いのでドリアを食べてます(笑)


参加型アート。

☆今、テレビで。

奈良、郡山市のお寺の参加型アート。

奈良、郡山の参加型アート!

 

これは町家のパターンがいくつかあって、それをハサミと糊で制作して町家を作るというもの。 「どうですか?」と言われて、私も作ったがこの子供たちはこのお寺の子供で、始めあった鉛筆を削るようのナイフに、お父さんが家の中から鉛筆削り機を持ってきたのでわかったのだが、時間がかかるので大人は暇でないと参加しないかも!