June 26th, 2015

甘露!

☆晴れたらピカソシャツを着よう!
ピカソの画廊が本をだしていたので、購入したい。

欲しかったのは、「我が画廊我が画家」だったが、在庫なしで、「キュビスムへの道」と「ピカソとの生活」を買った。
no title
no title
no title
☆久々に7時間は寝れたようだ。

朝はチーズトーストにグレープフルーツジュース。

昨日、区分けした荷物を所定の位置に!

先生の絵も壁にかけて。

少し壊れた作品もなおし。

高島屋のTOCバーゲンで買った洗面器と手桶を運んだので、下ろすことにした!

透明なプラステックで、白い線で薔薇が描いてあって、コテージのお風呂に合います!

庭は雨で濡れているのではながとても元気です。

アダプターもいれて、お帰り仕度です。



☆出掛ける前に、郵便屋さんがきて、「ギャラリスト」の本を置いていった。

☆2時16分のしなの鉄道に乗る。
その前に時間があったので、喫茶「しなの」でコーヒーを。

☆1階で「信州マダムの松花堂弁当」1000円を買う。

3時10分発の新幹線に乗る。

パトロンは父親からでたアーティストをはぐくむ言葉!

no title

no title

アーティストを育てた人々!

「パトロン」海野弘の本は、実に面白い。

画廊やコレクターやパトロンの力がアート史を作ってきたのだった!

目から鱗!

日本に必要なのは、アーティストのサポーターなのだと思う。

☆名もない貧しい画家の私ですら、描ける時間があれば、どこでも描いてきたものだ。

しかし、何よりも驚いたのは、足をひっばる人の多さだ。

2時間しか眠る時間ないボストンの暮らしですら、頭のいいはずの時差が計算できるはずの人から、明け方5時頃、電話がかかる。用などないのだ。しかし、こちらは死活問題。睡眠2時間を切ればからだが壊れる。黙って引っ越しし、電話番号を変えた。

立っているのがやっとの人に、学校まで雨だから車で送っていけと言う。地下鉄でいけるのだ。

フルタイムの学生でなく、風景がだけ選択している人が、温室の絵を描くために車をシェアして、いったので、私の家を覚えていて、学校まで一緒に行こうというのだ。40くらいの女性。私の車のシートは絵の具で汚れていたが、「汚したのは自分だ。」と、電話で謝ってきたが、きれいに拭いたわけではない。

私だったら、タクシーを拾うけれどただで楽をしたいのですね。

その時は寄るところがあったので断りました。

☆私も67歳半を過ぎて、女性が健康でしっかりと働けるのは平均75歳までだというので、毎日、毎日を大事にして残り少ない時間を必死に絵を描いているところである。

もう、7年しか時間がないのだ。

他人の時間も大事にしたい。

☆芸術家をアートに専念させたいというパトロン!

それで生まれた芸術。

貴いと思う。

☆若い時に、タダ働きさせようと水商売の人が引きずりこもうとしたとき、若いホステスさんが、私がいやがっているのを観て、「るいこさんには、絵を描かせてあげて‼」と、必死で止めてくれた。

どんな職業の人でも立派な人とそうでない人がいる。

そういうことを、今までの人生で学んだのだった。

☆人間とは何か?

そういうことを、アートは考えさせてくれるのだ。

若いアーティストは働きながら、過酷な肉体労働をしながら、絵の具を買い個展をする人も少なくない。

それでも、本物ならば死後でも評価されている。

神の正義が生きている。

希望をもって頑張りましょう!




☆画商やパトロンも泥々駆け引きもあるのですね。(うんざり)

☆ 6時50分から「奇跡の人」を観るので、お茶して時間潰しをしてます。

フランスの修道院での物語。

☆そういえば、5年間断り続けている日本の修道女からまた、インド、バングラディッシュの教育里親から分厚い大判の封筒が東京の家に届いてました。

日本語が通じないのでしょうか?
涙が出ます。

もう、25年間もしてきたのです。
毎年12万から5万円くらい。
インドの子供は小学校を卒業すると、自動的に別の子供を入れられ、永久に送金するシステムです。

修道院の人中には名誉心が強い人がいて、本で書いたりしているのですが、自分がいかに大変か言うので私の生き方とかけ離れているので個人でボランティアを始めたので送金できないと断りの電話をいれたのに、送ってくるのです。

時々、悪夢でうなされます。
聖職者たちが行列をなして、「お小遣いがほしい!金をくれ!」と追いかけてくる夢です。

テレサとこの間の電話。
「湯沢台の聖母」という新聞をとっていた頃。
「マリア様が泣いておられます。、、、。寄付してください。」と、書いてあるので、一生懸命働いて送金し続けてきた。

その結果?

その修道院から脱走した修道女か、児童福祉施設に呼び出し(3万円でいいから置いてくれと、行き場のない修道女は児童施設に頼み込んできたそうです)、やがて、「縷衣香さんに、ただ働きさせて、一生、左団扇で暮らすのよ。」と、児童福祉施設の共産党の保母たちにはなし、園長には「共産党の保母たちのように、月10万円給料を寄越せ。」と、言ったそうです。

60歳だった修道女を月10万円なら、雇わなかったと園も言ってました。

同じ修道女でも、いろいろいるものです。

マリア様が泣いておられるのは、こういう修道者がいるからだとおもいますが。
no title

このかごは割れていたので強力糊でなおして、いまは、広げられるようになり、バスケットとして飾ってます!
ニューヨークのウィトニー美術館で買ったもの。
no title
no title


娘の絵!
no title

no title


世界の今、使われているコイン!
ママがくれたもので2階の寝室に飾っておいた。
no title

所属教会のマリアさま。
no title

コテージの雪の聖母。
no title
☆ 有楽町駅前の丸井の3階です。
東京も雨!

ワッフルとアイスクリーム。
アイスコーヒー!

「奇跡のひと」

これも東京から運んだ!
百人一首のフランス訳。
この小さなお皿もあるとき描いたもの。no title

アッシジのフランシスコ。
今日の映画は、修道院のなかで聖書の言葉や聖人の言葉を読んでいて、それはとても心に滲みた。
no title
雪の聖母
no title
モンセラットの黒い聖母。
no title
母が娘のために刺繍をした学校の座蒲団!
no title
ドイツで買ったホタテ貝。木でできてます!
no title
聖ヒルデガルトのマトリョーシカ。
no title奇跡のひと マリーとマルグリット

19世紀末にフランスに実在した、先天的に目と耳に障がいを持つ少女マリーと、彼女に言葉をはじめ生きる喜びを教えた修道女マルグリットを描いたドラマ。監督は「ベティの小さな秘密」「デルフィーヌの場合」のジャン=ピエール・アメリス。余命いくばくもない中献身的にマリーに愛をそそいだ修道女マルグリットを「愛してる、愛してない…」「視線のエロス」のイザベル・カレが、生まれながらに三重苦を抱え野生児のようだったものの言葉を知り豊かな心を見せていくマリーを自身も聴覚にハンディキャップを抱えるアリアーナ・リヴォアールが演じる。

映画を観終わったら、光の雨が降ってきた。

私と娘の物語のように思えた。

死ぬ前に色々、教えないと!

帰りに地下鉄に乗ったら、主人からメールが入った!

娘が心配しているのだという。

アダプターが見つからなかったと思っているのか?



☆映画は実話。

多重障害の女の子を盲学校の修道院に受け入れる。

耳が聴こえないだけでなく、目も見えない。

手話を教えるのも一苦労だ。

ある修道女が、啓示を受けたからその女の子をみたいという。



実際の女の子は10歳で修道院に連れてこられた。
狂暴なので精神病院に入れようというのを父親は思いきれなくて修道院に連れてきた。

 映画で演じた女の子は聾唖だったが、目は見えた。バカロレアの資格も持っている。年齢がいっているので14歳の制定で映画は作られた。

 木に登ることが好きで、どういうわけかナイフが好きなのだ。

 モデルのフランスの修道院は当時は女子の聾唖学校で彼女は寮で集団のいじめにあう。

 修道女はお風呂に入れて髪をとかすまでが大変だ。

 暴れる。
 奇声を上げる。
 打つ、殴る、ける。

 コミュニケーションが取れないということは人間らしく生きるのに致命的なのだ。

☆マリグリットと少女は格闘をする。とにかく逃げ出すのだ。
修道女が捕まえようとして池に落ちたり、木に登っている少女を下ろそうとして木から落ちたり。

少女は目も見えないが、耳も聴こえないが、自然を感じる力が非凡である。

水を触り弾ませる歓び。

それを、マルグリットは見逃さない。

抱いて、顔をよせ、「ウイ。それでいいの。あっているわ。」と伝える。

 私は眼鏡を忘れてきたが、前のほうの席だったのとフランス語が初歩レベルで理解できて、マルグリットの創意にあふれた教え方に気が向けられた。

☆目の見えない少女にフォークやスプーンやナイフで食事することを教える。

 実に忍耐強く。

 周りも呆れるほどしつこく。

 然し、彼女は自分の大好きなナイフをやがて覚える。

 ナイフはクトーだが、手話でナイフを両方の人差指で重ねこすり合わせることがわかると、「フォークは・」「スプーンは?どういうの?教えて。」というのだ。

 このシーンは、私が最も感激したシーンである。

☆その前にブランコに乗るシーンがある。

 マルグリットは後ろから押して、少女はスイングの楽しみを覚える。

 風を切り、空気が自然の緑の香りを感じさせてさわやかで気持ちがよさそうだ。

 待っている子供たちが交替してという。

 マルグリットは少女に降りるように促すが嫌だという。

 少女は押してくれないので、自分で後ろに下がって歩き弾みをつけてブランコをこがすのだ!

☆少女は頭脳は問題なかったのだ。
 
 待っていた女の子たちもマルグリットも驚き、賛美をし感嘆する!

☆少女はリンゴやブドウから、簡単な文法やアルファベットまで覚える。

 ある日、少女の両親が訪ねてくる。少女は自分でアルファベットのブロックをつなぎ、marieと名を綴るのだ。

 そして、両親に普通のあいさつをも手話でする。

☆雪を感じる少女の姿の美しさ。

 少女はシスターたちの顔に触れてそれぞれを確認したように、両親に触って確認する。

 親子の打ち解けた雰囲気に安心して庭に出たマルグリットは雪の中倒れる。

 命に危険がある病で少女に秘密で病院に行くのだ。

 マルグリットがいなければ少女は元の暴れ者の獣のようになる。

食事もしない。

☆マリグレットは、どうせ死ぬならと、帰る決意をする。

マルグリットはマリアに死の概念を教えようとする。それは近い未来にマルグリットが死ぬのを少女がきちんと受け止められるようになるためにだ。

☆死んだ老齢の修道女の遺体に触らせる。

 息をしていないのを確認させる。

 冷たい遺体。

 神様がだけが知る死の時期。

 そういう、抽象的なことを手話で教えるのだ。

☆最後のシーンは泣いてしまった。

少女、マリーはかつてマルグリットに連れていかれた修道院内のお墓、十字架に花束を持っていくのだ。

少女は虚空を観て、手話で語る。

あなたのように、三重苦の新しい学校の生徒を、あなたが私にしたように私が彼女にしますと。

花束はハーブのように素朴でで可憐なもので、木の十字架も質素なものだ。

水色の聾唖学校の制服。
ポニーテイルにしたすっぴんの女の子。

虚空を観て語る。手話で語る少女は聖女そのものだ。

実際の彼女は36歳で亡くなった。

マルグリットは謙遜な人で短い文章を残しただけで、あまりにも資料がない。

☆やはり、泣いてしまった。
あの時に、精神病院に連れていかれたら、何も学ばなかっただろう。

 神様はマリーを見離さなかった。

 それぞれのベストを尽くして天に帰る。


 プログラムを買ったので、このマリーを演じた少女が実に利発なのに驚いた。

 耳の聞こえない彼女は目も見えなかったマリーがそれを補うべく自然を体感する力にたけていたという。

 実際のマリーは編み物をできたという。

 映画の中のマルグリットの介抱をするマリーは健常者でもできないぐらいの注意力で、マルグリットの世話をする。

 見えない目でいながら、お盆にスープや水を乗せてマルグリットの口にスープを息で冷まして、彼女の口に運ぶのだ。

 マルグリットもマリーの成長に安心して死ねただろう。

☆プログラムにも私が感じたのと同じことが書かれていた。

 母子の物語だと。

 例えば、年ごろになれば家事など教えるものだ。

 また、生きるのに必要な力。

 どの母親も、生まれた時から精一杯の力で、子供に教え込んだものだ。

 ひらがなを教え、算数を教え、小学校くらいまでは、母親が作文なども見てやったりで、もう大丈夫と手放しても、いじめや社会問題などもあって、母親はつくづく頑張って生きててやらなくてはいけないと思うものだ。

 この間、部屋の片づけものをしていて、娘の漢字ノートや大きくなってからの漢文ノートや英語のエッセイなど見つけるとやはり捨てられない。

 もっと、かまってやるべきだったとも思うほどだ。

☆どんな人間でも特有の障害をもっていて、そこから痛みや謙遜を学ぶというのが私の考えだが、母親に当たり外れがあるとしたら、環境による格差も神の計らいの真意を知りたいものだと思う。

☆マルグリットは修道院長の無理だという考えに従順でいなくてはならないところだあったが、「啓示」と言って任せてくださいと哀願する。

 私たちはやはり、与えられたものに最高善をなすべきなのだ。

 明日は娘を連れて、池袋のアートオリンピアと御徒町にいくつもりだ。

 とにかく、絵を描きなさいと勧めているのだ。

 中学の夏にパークスクールのサマースクールで絵を取った時も、校長先生が気に入って「絵を売ってくれ。」と依頼されて、同じ大きさの絵を額に入れて校長先生にプレゼントしたことがあるくらいの娘は小さな賞を沢山とっているのだ。

 ヴェネチアのビエンナーレも一緒に観に行ったしね。

 おまけに語学ができるから国際アートの舞台で全くハンディがないのだ。

☆そういえば、高校受験の時に娘のアートの推薦文を書いてくれた中学の絵の教師が、「彼女の母親は彼女の母親として世界中に名を知られるようになるでしょう!」と書いたので、私としては「!!!」と思ったものだ。

 ステージママもいいかもね。(くすん)