October 14th, 2015

晴れ!東京!苦しみの後には喜びが来る!

ヤマト運輸に夕方来て貰おう。

それまでに、15ほどパッキング。

 アルバムは重いけれど、辛かった後には幸福が来ることをおもいださせてくれる。貴重なもの。

 苦しみの先には喜びがあった。

 2歳の娘に慰められた。
ママは、とても優しい人でしょ。
優しいのは強いことよ。
だから、泣かないで。

 パリの肉屋さんに釣り銭ごまかされて不覚にも涙が出たのだ。

 左は昨年亡くなった私の母。右は今ケアハウスにいる姑。


no title

 パリ個展。
no title

 3度も来てくれたレジョンドヌール受賞の画家と、左はテレアビブから来ていた彫刻家。画家の家にお昼に呼ばれた!
no title

 百人一首を買ってくれたパリ ユネスコに務める方の自宅。奥さまは日本人でお舟で襖や畳を運んだそうだ!
 no title
 右は奥さんからフランス語を習っていたご主人の上智大学の先生とお嬢さん。リヨンからご家族でパリまで来てくれた!
 左は語学学校のクラスメートのスペインのデザイナー!
no title

 娘と行ったオンフルールの港。
左はモネの常宿していたホテル。
no title
no title

 とっても悲しいことがあったから、思いきって言葉の不自由なパリに行った。
個展はその逃避の理由だった。

 皆がノアの方舟に入れるように生きてるよ!

no title

 娘とは永遠の絆がある。
同じゴールを目指しているのだ。
娘の着ていた鹿の子絞りは、姑の子供時代のもの。
no title

 チューリップの球根を植えよう!
土の品質をよくして‼
no title

 パンジーたちに水やらないと!明日、帰ろう!
no title
no title


 アメリカではね。
小学校の正規の授業でね。
子供たちに折り紙や百人一首を教えて、自分の選んだスターの言葉を絵にしてもらった!
 no title
no title


 ホームレスのシンデレラ!

 木のほこらに住んで動物相手にきん(琴)の演奏をしていた。
宇津保物語から、
芸術は幾世代にもわたり、国を超えることを学んだ。
 7世紀に、芸術は地位でも富でもないと知っていた作者。

 ジプシーで初めて文字で詩を残した女流詩人。

 苦しみのなかから、比類ない音や言葉が生まれる。
no title
no title
no title

 真っ直ぐ生きていると故人の魂が呼びかけてくれる。
no title

 私達の国の誇らしい紙の美しさ!
 no title

 光琳の琳派の先に現代の琳派がある。
左は光琳の梅林図から。右は私の豆本からデザイナーがアレンジした。

 百人一首の出版の時、関西nhkがテレビで私の百人一首を紹介してくれたときに、評論家の二人がね。「百人一首がここまでへんかしていいのか?」「現代の百人一首があってもいい。」と、光琳カルタと比べて批評してくれた。
no title
no title

 毎日毎日、世界中で新しい生命が生まれてくる。肌の色なんか関係なく神の下に平等に愛の視線を浴びて。
no title

 ダンテ。
 あなたも私も同じ星から来たようです。

1300年4月7日から霊界の地獄巡りを始めたダンテ。

 私が啓示を受けた日が20歳の4月7日。
地球の地獄巡りが始まった。

 神曲はコメディとは含蓄のあるセンスある言葉!
no title

 ノアの箱舟の箱。
グリコのおまけのワニ。
チーピーなものも、神様に愛されているよ!

 no title
no title

2階の右側が私の部屋。
毎晩、多摩川に映る高速のライトと星が美しくて見とれて明け方まで起きていた。

 滑稽だと笑われるでしょうが、毎晩、どうしたら地球が救われるか考えていたの。

 世間からは苛められ、母親は嫉妬深く電話も取り次いでくれなかったし、アルバイトも勝手に断られたり、すごい妨害されていた。

 娘の出産の時に母は、背柱の手術をすることになり、泣いて謝ってくれた。手術は無事にすみ、車椅子にならないですんだ!

 父も一円も援助してくれなかったけれど、家と食事はあったので生きられました。

 1972年の初めての個展で毎日デイリーニュースに記事が出たときに、父が一部くれと言ったので、「お金に困っているときに助けてくれなかったので、一部2万で売ってあげます。」と、言ったら喜んで買ってくれた。

 商人の娘なので、こちらもしっかり!
no title
no title
no title
no title

 ボストンで私が風景画を学んで街で描いたメキシカンレストラン。先生がよく描けたから店主に買い上げてもらいなさいというの。
私はそうせずもってます。
no title

 下はその時の先生の絵だけれど、普通のものをこれだけ美しく描けるすごい人です。鍵を落として授業に遅れた日は、1日中、口をきいてくれないの。

 今、思うと、それが幸せだったのね。
そんなに真剣に絵を描くことにかかわっていただけたということが、50歳くらいだった私にあったのが。
no title

六本木、SUNTORY美術館へ!

 この乳母車もグリーンに塗りました!
no title

 
 荷物を夕方6時以降にヤマト運輸に取りに来てもらう!



 風邪薬を買って、地下鉄に乗る。
乗り換え2度も!

☆時間が間に合えば、金沢のお麸屋さんで軽い夕御飯、食べたいけれど!

☆久隅守景展。
狩野探幽の4大弟子のひとり。
柔らかないい絵でした。

オーディオを聴いたので時間ギリギリ。

☆お麸屋さんでお麸を買ってすぐに帰りました。

 急いで帰りました。

☆6時きっかりに来てくれ、11個で15092円!引っ越し代金は、主人が払う約束なので払わせよう!

☆夕飯を食べに行きたい!
広州広場でワンタン麺と餃子!
二つで1070円くらい。

 ディスカウントショップでモネ展と永青文庫のチケットと冷たいお茶ボトル買ってきた!

 娘の宝くじを調べてもらう。
500円だけ。

 ビッグイッシューを売っていたホームレスさんにあったので、買い残しを1冊買う。


☆早目にお風呂に入り、寛いでいるところ。

明日は朝一で目白まで行きたい!
それから上野でモネ展観て、上野駅から新幹線で長野へ。東京駅からの方が座れるかな?

no title


真面目に今後の生活を考える。
no title
no title
no title
no title
no title

☆主人から15000円引っ越し代金貰いました。

 それから、お洗濯ものも頼みました。

 私より主人の方が働きました。