November 14th, 2015

パリ テロ。

 イスラム国の同時テロ。

 もう、ヨーロッパには行けそうもないです。

 シリア国のパスポートが見つかったとか。

 自爆するしかない生命の人が、地上にいる。

 人類は幸福でないのだ。

☆1980年、パリにいたときもテロありました。
 長い棒を持っていた行列が、ラ クーポールでお茶をしていた私たちの外にあるガラスの壁を一斉に叩き割ったのでした!

 私をボーイさんがトイレまで連れていってくれ、冷たいおしぼりを渡してくれました。

 床はガラスが粉々になってレストランは多大な被害をこうむったのですが、死者はそこでは、出なかったのでした。

 やはり、3.4箇所で棒の打ち倒しがあり他では死者が出たのです。

 教会の友人のポーランド人とカンドー夫人と3人でお茶をしていたのでした。

 多人種がともに暮らす地の格差や民族差別もあり、鈍感では暮らせない地です。

 今、パリは美術館も閉鎖され、国境も封鎖されて、命の問題が問われる。


☆金沢 雨。
 コインロッカーを探していたら目の前からバスで鈴木大拙館行きが出てるので飛び乗る

 バス代100円!

 3館訪ねられれチケット500円!
3館訪ねるとご褒美がもらえて、素敵なファイル貰えました!

 鈴木大拙館。
 雨で水輪が美しい。

 野口英世と鈴木大拙の経歴には共通点がある。

 禅。

 墨の書や禅僧の絵にひかれました。

 野口英世が油絵をたくさん残されていることに驚きましたが、鈴木大拙の書もいいと思いました。

 また、「民芸から民藝」と言う本もあったので、考えるところがありました。

 英訳されている本や英語で著者が書かれてる本もたくさんあり、1冊日本語の本、買いました。

 建物もすてき。
 紅葉と雨の組み合わせが良かった。

 歩いて21世紀美術館に行ける距離です。

 能楽館。
 糸巻きを買う。

 21世紀美術館。  
 「誰が世界を翻訳するのか」
Who ioterprets the world?

 「Ghost in the Cell」
 鳩のドローンがあった!

 徳田秋聲記念館。
 泉鏡花と室生犀星の紹介もあって。

 秋聲と林芙美子展。
 「華やかな孤独 作家 林芙美子」を買う。

 林芙美子の書がとても良かった。
軸にかかってました。

 雨なのでタクシーで訪ねたのです。

 東まち
 お抹茶と森八のねりきり
 金箔きらきら金平糖を買う。

 松任の白山グランドホテルに金沢駅から鉄道で。

☆お昼は21世紀美術館でパスタ!
 凄く混んでいて待ち時間もありました。

 渡り蟹のトマト味。

 夜はホテルで和食!
 さっぱりしたものをと、ご飯セットと刺身で。

☆金沢ホテル、混んでいて ANAクラウンホテル 素泊まり25000円しかあいてなかったので、松任の白山グランドホテル朝食つき13000円にしたのは大正解。

 金沢から3駅で10分くらい。駅から3分。結婚式場のある立派なホテル。

 和食と洋食のレストラン二つあり、朝食はラウンジのバイキング。

 チケットは、北陸フリーチケットで、東京と金沢往復で22000円を買ってあったので。

 金沢を冬越し地として観に行ったのだが、今年は暖冬とのことで黒姫でもいいかなと。