November 21st, 2015

長野は晴れていた!「カプチーノはお熱いうちに!」を観る。

岩波ホールで今日から始まった映画。
東京に帰ったら観る!
no title
no title
no title
no title


黒姫は雨だった。

喫茶「しなの」で、コーヒーを飲む。
11時56分のしなの鉄道で。



 あつあつの胡麻たこ焼きを映画を観ながら食べる。

 1時から
長野ろきしーで、「カプチーノはお熱いうちに!」を観る。


 ヒロインはポーランド生まれのじょゆうだが、嫌みのない現代美人。

 レストランで働いていて友人たちとおしゃれな付き合いをする洗練された美人と、粗野な無教養な人種差別をする男とバス停で喧嘩をする出逢いから、恋する関係になる。

 男は私はWWEのプロレスラーに似ていると思った。体がよくて、フェロモンが溢れている魅力的なタイプ。

 ヒロインは彼のバイクに乗り、海にでかける。

 ヒロインは彼と結婚し、カプチーノを医学生に出したりの雇われウエイトレスから、自分の独立を考える。

 南イタリアの海辺の街はプチ リゾートでゲイの親友とおしゃれなレストランバーを経営する。

 13年後、店は繁盛するが、夫は税金の支払いを忘れたり、二人の子供の世話もヒロインにかかってきて、疲れぎみ。

 母親も叔母もイタリア的な愛情深い女でヒロインも子供たち最寄りかかり、夫が美容院の経営者に惹かれて、入り浸っても、荒れるようなことはない。

 ヒロインは癌で入院する。

 抗がん剤で毛がなくなりやつれても、
隣のベットの患者の機知ある会話や夫の甦った愛情もあり、幸せだった出会いを振り返り、彼女は夫の浮気など自分に関係ないものと受け入れる聡明さがある。

 現実的なのは子供たちで、思い出に写真を撮るとクールに言い放つ。


イタリア映画の人生観は成熟している。

癌で亡くなる妻と周囲の大人の愛情!

洗練されている。

夫は識字能力がない。その弱さに彼女は愛情を感じたのだ。

粗野な夫に惹かれる働きものの彼女と。

賢すぎる子供たち。

最後に飛行機の乗客に言う、
「乱気流に気を付けて、しっかりと、ベルトを固定してください。」
と子供たちは飛行機旅行ごっこをするが、イタリアごの原題は、「ベルトをしっかり締めて!」らしい。

 人生の乱気流から、ほおりだされないようにと言う事なのだろう。


☆映画を観たら、ULINO BIANCOのCUORICINIと言うハート型のクッキーを一袋くれた!

☆洋菓子屋さんでコーヒーとアップルパイを頂く。

 レモンケーキとハートクッキーを買う。

☆今月しまいの洋品店で黒のパンツを買う。丈を直して出来上がるのは土曜日とか!

 新しいお店にひきとりにいく。

☆オランダ雑貨のお店で店主とお話。
お洋服はドイツ製で布地はオーストリアなのだそうだ。

☆まいまい堂により、お汁粉食べる。
蓬餅、葡萄パン、ベーグル、醤油皿を買う。

☆いつものブティックでラベンダーの洗濯石鹸と柔和剤を買う。

☆東急地下で鶏肉、三つ葉、油揚げ、手巻き寿司、鮪握りを買う。

☆6時15分のしなの鉄道に乗る。

no title
no title