November 30th, 2015

晴れ!父の家に絵や本やお雛様、着物を運ぶ長い日!

 雪は溶けたのですが初雪が降りました!
今朝は7時起き!
ゴボウ茶とピロシキ。

☆12時に友人の個展に行きました!
歌舞伎座の前でとてもアクセスがいいので、引っ越しのヤマト運輸が1時に来るのですが、明日は長野ですので初日にお訪ねしたわけです。

 アクセサリーやマフラー等実用的なものだらけで、とてもきれいで個性的でした。

 私はシックなブローチを一つ。

 今日は玄関のクローゼットに寝ていたセリーヌの黒のマントと、ジパンシーの黒と紫色等のチェックのワンピースだったので、それに合わせた黒にすこうし色のはいった比較的シンプルなブローチを選びました!

 お弁当を歌舞伎座の前で買う。

 草餅も買いました!
 おもたせには、「おかる」という煎餅!

☆12時40分には家について、着替えて引っ越し荷物の用意。

 トラック2台。
 スタッフ6人。
 3時前に積み終え、父の家に。
 
 私もタクシーで向かい、5時20分前には、所定の位置に収まりました。

 明るいうちにすんで安堵です!



☆それから、弟の車で家に帰り、休む間もなく東急ハンズへ!

 壁のペンキ塗り替え。

 JRが人身事故なので、家までタクシー。

☆とうとう、夕飯を食べる時間がなかったです!

☆友人から、Bunkamuraシネマの1001gがいいとのことなので、明日、観れたらいいのだけれど!

 この間、観た「黄金のアデーレ」、とてもよかったです!

 クリムトの100億円を越える名画がナチスに奪われていて、オーストリアの代表的な美術館で展示されている国の至宝でした!

 モデルのアデールが持っていた絵を、遺言によって姪に渡されるはずが、ナチスにユダヤ人と言うこともあってうばわれ、アメリカにわたって老人の年齢になって、オーストリアを相手に裁判をおこします。

 人種差別。
 ホロコースト。

 歴史の闇の部分。

 罪悪感や肉親をナチスに奪われた情。

 ゴージャスなユダヤ成功者の優雅な暮らし。

 名画の運命。

 実話ですが、夢のような素晴らしいことになります!

☆12月1日。晴れ。
朝は5時頃起きました!

 少しでも片付けて家を出たいので忙しいです。

☆もって帰るもの。

カナディアン・クリスマス・ツリー。
本30冊くらい。

長野で買ったすき焼き用のお肉や蒟蒻、焼き豆腐。
苺。

スタバの珈琲。

☆宅配便に出そうとも思いましたが、根性で大きなトランクと大きめのバッグをその上、運んできたのでした。

2時頃の「はくたか」。
4時10分の「しなの鉄道」。

 お昼は好物のちらし寿司を新幹線の中でいただきました!

☆黒姫駅で地元の学生2人が、重い荷物を運ぶのを手伝ってくれました!

 中学生かな?

 男のこはスーツケースを。
 女のこはクリスマスツリーをもってくれました!

 私は本30冊入った箱とスーパーで買ったものとハンドバッグです!

 ここの若者は本当に素敵です!