February 1st, 2016

40年も前にも訪ねた丸木美術館!

 その時は丸木位里さんも俊さんも生きておられ、日本家屋の囲炉裏を囲んでお茶を頂いた。

 no title



 釣崎清隆さんと笹山直規さんの二人展に、昨年暮れ、高円寺を訪ねた。

 お二人は、今度はメキシコに行き、テーマの仕事をするそうだ。

 9.11と 3.11に起きた歴史的史実。

 そして、日本がかかわった加害者であり被害者であった酷いできごと。

 痛みながら事実を見る、知る、そして何をすべきか?

 何ができるか?


no title

 ヨシダヨシエにもあったことがある。
ルイベをご馳走になったのだ。

 若くて生意気だった女の子に、皆、やさしかった。

 今もそうなのだろう。

 許される若い時代。

 そして、私は若い人たちに優しさを提供する年齢になったのだ。

 恩返しの年齢に。



☆40年以上も前に、この地に来たときは三里塚闘争の時だった。

 私は誰だろう?
あのインターナショナルを歌う三里塚闘争を戦う人たち。

 ドイツから黒い森。
 グリーンピース。
 フランスからノアの方舟共同隊が来て、
皆ど原爆反対の集いがあった。

 皆でタラの芽を摘んで、天ぷらにして、おもてなしをしたよ。

 車できたのだろう?

 丸木位里さんの家も日本家屋で、美術館もいまの位置にあったけれど、ずいぶん、シンプルだった。

 それからも、神保町で丸木俊さんのデッサンの個展を観たりで、本を買ったりしているので作品は観てきたのだ。



☆今回は釣崎清隆さんのグループ展を観るためにきたのだけれど、オープニングパーティーは、1月30日。昨日で、私は引っ越し最終荷物が届くのと、ひどい雪事情で駆けつけれなかった。

 今日は晴れているので、思いきって出てきたのだが、釣崎清隆さんがおられたのでびっくり!

 ゆっくりとお話がたくさんできた。

 釣崎さんはダンディーで、男の人がずいぶん夢中になるらしい。

 それこそ、使ってくださいと札束を捧げる人の話をtavギャラリーから聞いたばかり。

 戦場カメラマンの先、遺体カメラマンだし、フィルム作品、著作、写真集もたくさん出されている。

 3.11の翌日は宮城に入り、働き、撮影し、今は原子炉にも入ってるらしい。

 体をはった、命がけの仕事をずっとしてきた。

 それが、若い日から超イケメンで、今はそぎおとされて甘さが消え、更にスリム化されている。

 慶応の文学部を出られたので、好きな作家は?と尋ねたら、三島由紀夫とのこと。

 AVビデオの監督もされていたので、あまちゃんでないよね。

 永らく普通の暮らしをしていた私は、高円寺でお会いしたときに、タイムスリップで大学時代に帰ったような気になった。

 いるんですよね。
 彼のようなタイプ世界中に!

 私のアメリカの絵の先生もアパルトヘイトと闘って、南アからボストンへ亡命された方だったけれど、丸木位里と俊の話をあったときにしてきたもの。

 人権とか平和とか、やはり、体が動く人が信用できる。

 釣崎さんは、自分の遺体写真の被写体と原爆図の絵に描かれた遺体を、

 「同じだと思うんだよね。」と言った。

 原爆の被害者も南米のどういうバックグランドで死者として投げ出された遺体も同じだと。

 私もそう思う。

 釣崎さんがAV監督をしたのも、そういう世界を引き上げるという思いから。

 私たち有色人種は、痛みを知るという人種の役目もあるし、最近、行ったばかりのメルヘン展もその種の闘いだと思う。

 私が、スピリチュアル、オカルトをやって来た時代は、とてもその種のものが軽んじられた時代だった。

 今は市民権を得てるので、もう、いいかなと。

☆今日はとても充実していた。
☆「破産」もなかなか見えてくるものがあって、良い読書だった。

お片付け!40箱の荷造りを解き始める!

地下で!
no title

持ってきたアルバムから。
主人の代父から。
no title

no title
no title

↑自分の仕事ビデオは物置に!
no title
 初めて住んだマンション!1階の1DK!
no title
 おこたつ。
no title
 初めての海外旅行。
スペインで。母と。
16日間世界一周という名のツアーで、実際はニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、マドリッド、トレド、ローマだけ。

 ニューヨークではジャパンソサイティのOさんがホテルまで迎えにきて、リンカーンで街を案内してくれました。

 三木総理が同じホテルで日本の国旗がはためいてました。

 パリでは、在住のフランス人がモンマルトルの丘の画家のアトリエに連れていってくれて、似顔絵をコンテで描いてくれた。

 26歳くらい。
アルバムには、ツアーガイドやパリ在住やニューヨーク在住のひとのアドレスもありました!
no title

ベロニカ園のひとたちの作った工芸品。
甥がお世話になっている施設で、姑が寄付したお礼に贈られたもの。

 誰も引き取りがないので私が預かることに!

 私の福袋の化粧品!
no title

POMPELOMO CASSIS!

グレープフルーツとカシスの香り、
 
no title
no title
no title

 ダイニング、キッチン、バスルームにいいそう!

ボッチェチェリー展で買いました!
イタリア製。

 なんとも気持ちのいい香りで癒されます!