March 7th, 2016

Christmas

ペンキや春のお花を買いにいこう!

昨日の映画はとてもよかった!

ダイアナ キートンって素敵な女性なのね。

 2人の養子を育てたそうだけれど、老後のケアわはいらないから、痛みのある人たちの痛みにわかるひとであってほしいと、手紙を書いたと言う。

今、70歳らしいけれど、カッコいいですよね。

映画の中のアトリエも、ものがたくさんあって、私のコテージもものがありすぎで劣等感だったのだけれど。

これでいいのだと思いました!

映画では、40年続いている夫婦の役。

私たち夫婦も33年継続中だけれど、理想は最後まで一緒にいたらいいです。

主人は東京で仕事があるし、姑のケアハウスも都心なので、当分は別居ですが、やがて、長野で暮らすことになると思うわ。



 ☆人生も68歳で4分の3くらい終わったと思うけれど、

そのとき、そのとき、誠実に生きれば、結果はどうあれ、いい人生になると思う。

1449027106306-1027383705.jpg
Christmas

コメリから帰って!

 娘と2時42分のバスでお出かけ。
私は郵便局前で降りてカートを引いてナカジマまで歩く。 

 洗剤や薬品を買う。

 コメリにいってお花を選んでいたら、Hさんにあった。帰りは送ってくれると言う。

 ペンキ缶が重いので、お言葉に甘えることにした。

 奥村土牛は同じグリーンタウンに別荘を持っていたそうだ。仲介の人にはちゃんとした絵を1枚贈ったそうだ。

 戦後はアメリカが別荘を管理して、その後、関係者にさげたとか。

 湖畔の近道を通ったが、古い別荘群は管理が大変のようだ。

 雷坂からのが近いが、滑って危険なのでいつものセブンイレブン横を通った。

 お花はとても安いのを幾つか買った。
no title
no title

 晴れたらペンキを塗ろうと思うが。
no title
 タイルがひとつ剥がれたので、くっつけておいた。

no title

no title

 雪の下に潜っていた貝と鳥のオブジェを拾い上げて、洗っておいた。

no title

 ペンキ缶は、黒、青、白を買った。
緑はつや消しがなかったから買わなかったのだが。

no title

 庭でパン窯の中を洗っていると、娘が帰ってきた。
お腹が減ったと言うので、簡単にできるものを。

no title