May 28th, 2016

Christmas

お宝鑑定団!

西村計雄の絵。30万円だった。
パリに行く前。



 私、このかたのアトリエいったことがあります。
 奥さまが生きてられた。
 
 素敵な絵がたくさんありました!
Christmas

セシリア ヒメネスさんの真実!

スペインのボルハ市にある小さな教会!
81歳のおばあちゃんは傷んだフラスコ画のイエス像を勝手に修復して、下手なお猿さんのようなイエス像を描き、世界中のニュースとなり、嘲けられた!


 しかし、セシリアおばあちゃんは敬虔なカトリック信者で、教会掃除20年もしていた。

 私も末端ながら、教会信者で毎週土曜日、御堂の掃除をして、修道女に頼まれ、毎月、全紙のサイズの絵を納めていたので、教会無料奉仕というものがどういうものか、知っているつもりです。

☆セシリアおばあちゃんは、勝手に描いたのではない。

 セシリアおばあちゃんは、「そんなことはしませんよ。神父様に頼まれて描いたのです。皆が私が描いているところをみてます。そんな、勝手に修復などできるわけないです。それに、まだ未完成です。」

☆セシリアおばあちゃんも原画を描いた子孫のおばあちゃんも、you tubeで、自分の顔を出して、主張してます。

 セシリアおばあちゃんは、本当は絵がお上手。

 個展で風景画や他の茨を被ったのキリスト像を描き、実力を見せました。

☆そのあと、世界中からおばあちゃんの未完成のキリスト絵を見に訪れる人がいて、今では観光スポット!

 教会に入るのに1ユーロ。

 絵はガラスでしっかりと保管。

 5000人くらいの小さな町が、セシリアおばあちゃんによって、富み始めました。

 今では、Tシャツやマグカップ、携帯カバーなど、たくさんグッズもあるようです。

☆サラゴサからバスで一時間。
タクシーで教会まで8ユーロくらいで、案内人がいないとわからない教会だとか!

☆林千歩さんの絵は、このキリスト絵をマリアさまにして、お猿顔のイエス様を抱かした絵です。

 台湾地震支援の笹山直規君が企画した寄付販売に購入をきめたものです。
no title
no title

 今朝、宅配便で受け取り、とてもパワーのある技術的にもいい絵だと思いました!

 手紙によると、やはり、スペインの修復教会絵からインスパイアされた絵とのことでした。

☆話は変わりますが、昨日、広島で折り鶴4羽をオバマ大統領は原爆資料館に持ってきて、2羽はそこにいた中学生に手渡ししたそうです。残りの2羽はサイン帳に感想を書き、ノートの上に置いてこられました。

 広島には、「貞子と千羽鶴」の像があります。

 被爆した貞子は、回復を祈り、千羽鶴を折りましたが、千羽折れる前に白血病で亡くなりました。

 この話を知ったのは、アメリカのボストンです。

 小学5年生の娘の最初の教科書が「SADAKO」で、絵本でした。

 その年は終戦50周年で、アメリカから50人、日本から50人。広島の貞子像の前で、同じ振り付けの貞子と千羽鶴のダンスを踊りました。

 それで、体育はそのダンスを習ったのでした。

 5年生の終業の学芸会は、レスリーカレッジの講堂を借りて、5年生の子供たち、他の学年もかもしれません、は、皆で鶴のダンスを躍り、右舞台の右から左に友禅の反物を持ち、太田川になぞり、揺らしたのです。

 貞子役の女の子は中央で大きな白い正方形の紙?布?をおき、鶴を折りました。

☆オバマ大統領が折り鶴を4羽折ってきたのは、その話を知っていて、お嬢さんや奥さんと折ったのかもしれません。

 4人家族ですもの。

 素敵な気付きですね。
デリケートな。

☆熊本地震で、送られては迷惑なものの筆頭に千羽鶴がありました。

 確かに、千羽鶴では、お腹は一杯にはなりませんけれど。

 3.11のあと、娘が仙台にいたので幾度も東北に行きました。

 七夕の時、いくつもの学校に被災者が寝泊まりし、そこで折った千羽鶴学校名と一緒に垂れてました。

 私は感動したのです。

 いくつもの、「東北がんばれ!」の帯と、祈りながら折っただろう千羽鶴。

 美しく、心に響いてきました。

 物質的には腹の足しになりませんが、誰かが祈ってくれているという励ましも力になるときがある。

☆セシリアおばあちゃんのイエス様への信頼や愛情は、どういう形になったとしても、なにより尊い。

 それがわかる人たちが教会にかけつけた。

 セシリアおばあちゃんの絵が下手だと嗤う人がいる。

 善意で描いたものにけちをつけるなんて!

 枡添さんの話は私は人間のあり方への反省を促すものとして、今朝、届いた小さな絵の背景に神を感じました。