July 31st, 2016

Christmas

今日は「裸足の季節」を観に行く!

 土曜日と日曜日だけ🏃シャトルバス8時27分に乗る!  喫茶「しなの」があいていたのでコ-ヒ-を飲む!  駅で売っているお野菜! 玉ねぎ、蒜、紫玉ねぎで100円! 胡瓜5本で100円!安い!  長野36度! 10時20分のバスに乗る!  映画は30分からです。  お昼は「かんだた」で!  鬼殺し! ☆バスでagainで降り、ダイソーで濡れティッシュ等買いました。  1階で洗面台グッズと労働用短パンスカートを買いました。  駅の近くの黒姫物産店で川中島桃を3個! Midoriビルのスパマケットで青葉、トマト、ピーマン等購入! ☆2時22分発の北しなの鉄道で黒姫へ!  喫茶「しなの」で、  村ちゃんからトウモロコシ6本貰いました!  調味料を買いました!  前から欲しかった洗面台グッズが安くなったので買いました!本物の貝殻が入っている!  夕飯も美味しい!  トウモロコシは黒姫の特産で甘くてジュ-シ-です! 川中島桃は長野のブランド桃! きめ細やかな美しい桃で味も洗練されてます!3個で480円!とても安いです。 明日は第一ス-パーの日なので卵を全部使いました!  オムライスも美味しいです! 野菜は全部my gardenから。 ☆掃除用に買ったホットパンツの上にスカートが同柄で付いているキュロット! ノ-スリ-ブのシャツ。 この間買った紺の上下のインナーを探していたので。
Christmas

1時の流れ。

 ピアニストの中村紘子さんが亡くなられていた!


 昔、白金のシェルガ-デンという高級ス-パ-でお見かけしたことがあった!

 彼女の華やかな演奏活動は国の豊かさや文化の一部であったかのような時代だった!

☆彼女のご主人の庄司薫さんとは2度ほどお茶をしたことがあるが、1対1ではなくてある同世代の女性と一緒だった。

 不思議な事だが、私が自由が丘を歩いていたら同世代の女性から(23歳頃か?)声をかけられ、「今日新聞の広告欄に庄司薫の顔がアップされていて、ハンサムなので会いたい!」と言うのだ。

 奇妙な事に、何の面識のない私はどうしたら会えるかわかった。

 私は異常に近い親切な人で、無条件に誰にでも何の利害関係も求めず奉仕するキャラだった。

「それでは一緒に参りましょう。」

当時、大塚の古いマンションに住まわれていた庄司薫に電話をすると顔を出し、1時間後にもう1度来てくれという。

 マンションの1階は喫茶店になっていてカウンターには新潮社の記者が二人いて、「愛読者の方です。」と紹介された。

多分、11月頃で私はオレンジ色に豹の毛皮のポケットもついたワンピースとブ-ツだった!

 会いたいと言ったミチコさんは庄司薫さんの小説は1冊も読んでいなかったが、私は「赤ずきんちゃん気をつけて」「さよなら怪盗黒頭巾」「もう白鳥の歌は聞こえない」と三部作全部読んでいて、庄司薫さん相手に、赤、黒、
白の解説をしていたら、嬉しそうに笑っていた。

ミチコさんは黒のセ-タ-を編みたいのでと庄司薫さんのサイズを訊いていた。

 庄司薫さんは編めたら、ルイコさんも一緒に来るようにと言った。

 私はミチコさんを庄司薫さんに会わした時点で任務は終わったので、「?」という感じだった。

 その頃、自由が丘のジャズ喫茶でバイトをしていたと思う。武蔵野館の愛人の経営するジャズ喫茶で彼女は加賀まりこさんにそっくりで、多摩美術大学生の溜まり場だった!

楽しかったなあ!

何もかも。