December 6th, 2016

Christmas

出逢う人は皆、恩人。

 京橋にあった此花画廊の池田オーナーと!
no title

 易カードセット!
no title

毎日デイリーニュースの記者が記事を書いてくれた!

 プリントアートギャラリーのオーナーの魚住さんに「もう大丈夫!」と言われたが、私は「まさか!」と思った。

 1972年、24歳?

 大学出てから、渋谷の西武デパートの個展から画廊での初めての個展。

 西武での個展は軽井沢で会った企画部の人が作品も見ずに企画してくれた。

 なぜ、軽井沢にいたかというと、見知らぬ女の子が(同年齢)、軽井沢に行きたいというので夏のアルバイトでいたのであった。

 私のあまりにも非常識な他者への善意は誰にも評価されることも感謝されたことも無かったが、私にアーティストとしてのチャンスを運んでくるのであった!

 いつも書いているように、大学を出てからは親からは1円も貰ったことが無く、自己責任で行動していたのだが、表に出ている晴れ空間の裏で辛い事は重ねてあった。

 初めての個展の帰りには、同じ中学、高校、大学で学んだ同級生から彼女の運転する自動車の中で両手の爪を立て顔を引っ掻かれた。

 必死で右腕で肘鉄し、左手で車のドアを開け逃げたが、彼女は肘鉄為れたことだけを噂で流して、私は白い視線を浴びたのだが、黙っていた。

 小さな栄光と悪魔の爪痕はいつもセットでくるようだった。

 下の写真の京都の個展案内状は一茶の句である!

一茶の里の信濃町に、今、居るのも決まっていた運命なのだろうか?

 京都の個展は、ホテルオークラのアメリカ人が経営するフランネル画廊に豆団扇を出していたとき、材料を京都の紙問屋で仕入れていた縁でギャラリー紙泉堂が開かれたときに、個展を企画してくれたのであった。
no title

 7色のバスケット!
no title

 ヴェネツィアの島で!
no title

庭中に百合を植えた年に描いたもの!
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
Christmas

雪!かなり寒いです。

昨日、出かけたのは正解でした。



 白玉椿。
 京都で買った奇蹟の椿。

 紫式部!


「革るん」が届きました!








パンチさんが白菜と林檎を又、届けてくれました。


☆洗濯機が終わりました!






☆灯油屋さんがきてタンクの設置の場所やタイプも決めました!
Christmas

写真ホルダーからランダムに!

 モンセラットの黒いマリア!
波動の良い巡礼道でした。
同じカトリックの信者のともと歩きました。

 マリア様はここがお気に入りでどんなに移動しても帰ってきてしまうとか!

黒いマリア様と言うことでアフリカやアジアの有色人種の方が多く敬虔な祈りを捧げてました!
IMG_20161031_222635.jpg

四季コラージュ 秋!
IMG_20161031_223208.jpg


 ダンテの神曲屏風 天国編!IMG_20161031_223653.jpg
IMG_20161031_223718.jpg
IMG_20161031_223737.jpg
IMG_20161031_223754.jpg
IMG_20161031_223807.jpg
IMG_20161031_224030.jpg


 秋!
IMG_20161031_224520.jpg
IMG_20161031_224625.jpg

 手作り易カルタ!
IMG_20161031_224933.jpg
IMG_20161031_225709.jpg
Christmas

今より時間があったような!

人生には夢のようなことがたくさん起きる。

20歳の私は閉塞した絶望のなかにいた。

 でも、或る不幸から180度転換して夢世界に入っていったのだった。

 その事を思うと、私には神の恩を忘れることはできない。

 神が与えてくれたものすべてに感謝!

苦しみも悲しみも含める全て、



☆写真を簡単に入れる方法で入れているので順序はめちゃめちゃだし、整理をしてないのだけれど。

 どの写真の背景も私には愛おしいのだ。



 新聞記事の翻訳したり。


おみくじ版画!
no title

カレンダー!
no title

占い版画!
no title

no title

☆パリ!
no title
no title
no title

ボストン!
no title
no title
no title
no title
no title


☆よくいった陶芸屋さんも個展の声をかけてくれた!
no title
no title
no title
Christmas

細々と。

 美術手帖!
 右下の写真です。
no title

ヤングロード
no title

no title
no title
no title

ポチ袋。
no title


豆本!
ギャラリー吾八から出ていた四季刊コレクションでよく売ってくださいました!
no title






ゴッホの部屋!
no title


no title

源氏香カルタ!
no title
no title
no title
no title
no title
no title
Christmas

塵も積もれば!

易カルタの英訳。
ド素人の私がタイプしたものを姑が(英文タイプと英文速記の先生)打ち直してくれた!no title
 下のヒョウ柄の牛は等身大のアーティストたち描いた牛のオブジェがニューヨーク中の街角にインスタレーションしてあって、とても面白かったのですが、土産品の小さなもの!

 右は娘の絵!
父が自分のオフィスの書斎に飾っていたもの!
no title

 ノアの方舟バスケット!
no title
 春バスケット!
no title
 サンディエゴ巡礼バスケット!
no title
 
 百人一首のプレゼンテーションをする!
no title
no title
no title
no title
アメリカでの最初の家!
no title
no title
no title
no title
no title
no title
占い版画を売る!
no title
no title
豆本!
no title
no title
Christmas

クリスマスを迎える或る年の秋!

 ノアの方舟とサンタさんと樅の木。
no title
 コテ-ジのなかが手狭なので吊してます!
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
 ノアの方舟。
no title
 墨絵を教えたときに生徒さんから1年の(10月から5月まで)授業の最後にいただいた色紙。
no title
棺桶!
no title
百人一首のフランス語訳!
no title
 9.11と3.11を予言したアートのCD!
no title

 アウシュビッツ収容所の漫画!
制作に必要でした。
no title
Christmas

和紙作り!

 神山の秋はときめくことが多い。
霧がかかる日はなんとも言えない色模様が飽きることがない。
no title
no title

 春描いたチュ-リップの絵が掛かっていた。
no title
 
 井戸を描いていたのかもしれない。
no title

 井戸は壊れてしまったが、あの時の光景が絵に残る。
no title
no title

 未だ、ユネスコ世界遺産になる15年ほど前二人間国宝のいちべえさんを訪ね福井県の武生に行きました。

 よく和紙を買っていた東京の紙問屋が紹介してくれたのです。
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
Christmas

夕飯!雪景色に!






 テレビを観ていたら小学生中学生がつくったイルミネーション!

I have an appleでしょうか?



 金沢21世紀美術館で買った本!


枕の上はツネさまの遺言。


 スカートの洗濯が終わり渇きました!

 髪もブルーに染めて乾かし中。