February 26th, 2019

Christmas

寒い!風邪気味!

 右のは紙粘土のフランス製の一角獣で伊東屋で買ったもの!600円くらい。色を塗って遊ぶらしい。


無花果のベ-グルとアップルパイ!



宅配便が届いた!

 もう2月も終わりなので薪も使い切ってしまおう!






焼き小豆!







美味しい!
Christmas

いせ辰さんがくれた折り紙!

 
 人の好意が有り難い!
 800円の折り紙セットをくれた!
 好きな柄が入っていて嬉しい!



❇右端竹久夢二のデザインの千代紙!
左下の折り紙セットは私が買った物で戴いたセットと同じサイズだが、柳のさっぱりとしたものが欲しくなったのだ。

色々のサイズのが要るもの!

 筒じょうのものと大判の紙袋に入っているものは使うときに拡げます。

木版の刷り師の手刷りの多色のものは大変高価で1枚5000円くらいします。


 兎に角、みな凄い絵ばかりで圧倒されてしまいました。








 構図も良いねえ。
 力漲っていて!


龍が描けなくて困りました。
 少しお勉強しないと。













虹と富士山!



 こう言う風景がきちんと描けたら。
 中国の仙人の世界にあるような山!
Christmas

一服!

この間、観てきたばかり。
 88歳の時の絵のようです。

「吉野」1977年の作。
土牛は吉野を描くために満開の桜、秋、桜の芽の咲く頃と3度吉野山に通ったという。88歳でねえ(溜息)。

 舞妓さんの絵を描くときも納得いかなくて、随分時間をかけて京都に通い舞妓さんに同じ着物を着て貰ったようだ。

 土牛はいつも絵のことだけを考えていて、スリッパのまま家に帰ったり、温泉の帰りに他人の下着を着て家まで帰って来たりしたそうだ。

 いつも黙って絵を描いていて、滅多に話さないそうだ。

 へえ!




娘がカレーを作って持ってきてくれた!



 この雑誌を買ったのはこの記事を読むためだが。

 少年達は傷ついたと思う。
誰にも言えない。
そしてその加害者がカトリック社会でどんな扱いを受けるだろうと思うと、黙る。

 近頃の若い女性の告発を思うと、時代は変わったと思う。

 しかし、加害者がいい気になって、何人もの弱い立場の少年達を食い物にしていると思うと、どこかに正統に裁かれなければ不当だと私も思う。














箸置き





 この顔彩は慣れてないので未だ使いこなせないです!








 娘が作って持ってきた味噌ラーメン!
Christmas

存知上げなかったが堀文子画家が100歳で亡くなる。








 堀文子画家の作品は長野の東山魁夷美術館に観に行ったことがあります。

 信濃美術館とも言うのですが、堀文子展だったので大きな作品がたくさん展示してありました。

 黒柳徹子さんの徹子の部屋に飾ってあった青い民族衣装を着ていた中近東の女性の絵も素敵でした。

 私も2、3冊の本と絵葉書を幾枚か持ってます。

 60代でイタリアに住み絵を描く!

ヒマラヤに青いケシを探しに行き見つけられ、絵を描く。


 東京の麹町、平河町でお生まれになったようです。
 女子美術大学の日本画を出られ、キンダ-・ブックとか挿絵を描かれ生計を立てられたと書かれてました。家族を養っていたときもあったとか。

27歳で外交官と結婚され41歳で死別。

 世界中を旅行されたようです。

 昔の女子美術大学の出身者はおうちの良い方が多く、東大の研究室で研究に必要な絵を描かれたと記憶してます。

 信濃美術館に行ったときも沢山の絵を特別売るという風でもないようでどうして保管なさるのかなと思ったものです。

 大磯や軽井沢にアトリエがあって新しい女性というか強い女性というか群れない生き方を為さっていたようで、やはりお幸せなかただと思います。

 イタリアでも個展を為さったようで11年間お住みだったようです。

 お子様がいない自由と言うのがあったのですね。

 昨日、奥村土牛が101歳まで生きていたと知り、娘に102歳まで生きる努力をすると言ったばかりなのですがね、こればかりは思うどおりにもいかないのでせいぜい心がけるしか方がないです。
 堀文子展は百寿の記念展が山梨の大村美術館であったようです。

 観れたら又観たいです。