?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
August 3rd, 2019 - 縷衣香 NOW! — LiveJournal








 松本で途中下車!
 本屋など観るが。




 煎茶アップル!

 名古屋駅に着いて、ひとまず、栄駅前のホテルへ!





❇❇❇❇❇
表現の不自由展・その後」の展示室は、来場者が増えて入場制限がかかり、展示室前では来場者が行列を作っていた=2019年8月3日午前11時31分、名古屋市東区の愛知芸術文化センター
 愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。

 津田氏は開幕前、朝日新聞の取材に「感情を揺さぶるのが芸術なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が制限されるケースが増えている。政治的主張をする企画展ではない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と話していた。

 津田氏によると、少女像をめぐって、抗議する電話が開幕した今月1日だけで約200件あった。テロ予告や脅迫と取れるもの、職員の名前を聞き出してネットに書き込むような事例もあり、「対応する職員が精神的に疲弊している」と説明していた。

 一方、河村たかし・名古屋市長が2日、トリエンナーレ実行委員会会長である大村秀章・愛知県知事に対し、展示中止を含めた適切な対応を求める抗議文を提出。「日本国民の心を踏みにじる行為」などと主張し、津田氏らが対応を検討していた。

 津田氏は2日に開いた記者会見で、企画展について「表現の自由が相当制限されてきた公共施設で、行政と作家が協議し、自己規制や検閲なしに展示できる実例を示したかった」と説明していた。

(朝日新聞デジタル 2019年08月03日 17時23分)



愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。

表現の不自由展・その後」の展示室は、来場者が増えて入場制限がかかり、展示室前では来場者が行列を作っていた=2019年8月3日午前11時31分、名古屋市東区の愛知芸術文化センター
 愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。

 津田氏は開幕前、朝日新聞の取材に「感情を揺さぶるのが芸術なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が制限されるケースが増えている。政治的主張をする企画展ではない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と話していた。

 津田氏によると、少女像をめぐって、抗議する電話が開幕した今月1日だけで約200件あった。テロ予告や脅迫と取れるもの、職員の名前を聞き出してネットに書き込むような事例もあり、「対応する職員が精神的に疲弊している」と説明していた。

 一方、河村たかし・名古屋市長が2日、トリエンナーレ実行委員会会長である大村秀章・愛知県知事に対し、展示中止を含めた適切な対応を求める抗議文を提出。「日本国民の心を踏みにじる行為」などと主張し、津田氏らが対応を検討していた。

 津田氏は2日に開いた記者会見で、企画展について「表現の自由が相当制限されてきた公共施設で、行政と作家が協議し、自己規制や検閲なしに展示できる実例を示したかった」と説明していた。

(朝日新聞デジタル 2019年08月03日 17時23分)

愛知県の大村秀章知事は8月3日、臨時の記者会見を開き、慰安婦を表現した少女像が展示されたことなどがきっかけで批判が寄せられた「あいちトリエンナーレ」内の「表現の不自由展・その後」について、3日限りで中止すると発表した。
誹謗中傷や脅迫文
大村知事は会見で、少女像や昭和天皇の写真が焼けているように見える展示作品への批判が集まったことについて、電話回線を増強し、管理職の県職員を中心に対応にあたったことを明らかにした。

しかし、2日には「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」などと書かれたFAXが送られてきたことなどから「芸術祭を、安全安心で楽しんでいただきたいという。

 京都アニメーションの火災事件の影響も受ける。

大村知事は会見で、「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」とした脅迫FAXや、県職員個人への誹謗中傷が相次いでいることを挙げ「こういう事象があったことを多くの方に知っていただくということではないかと思います」と話した。

■誹謗中傷や脅迫文
大村知事は会見

関連ニュース
津田大介氏「変更含め検討」 表現の不自由展、抗議殺到
少女像展示「中止を」 河村市長が知事に申し入れへ
表現の不自由展に批判、菅官房長官「事実確認して対応」
「表現の不自由展」、写真投稿ダメ 「炎上」の波及懸念
表現の場を奪われた作品展 少女像・九条俳句…再び問う
朝日新聞デジタル





軍歌や朝鮮民謡などが流れ、昭和天皇の肖像写真がメラメラと燃えていく-。今回の展示で、批判の多かった動画作品のひとつだ。画面の前には人だかりができ、写真が燃える場面では、顔をしかめたり、スマートフォンで撮影したりする様子も見られた。
 「平和の少女像」の前でも撮影する人の列ができたほか、関係者によれば、来場者が少女像に紙袋をかぶせようとするトラブルもあったという。
 愛知県春日井市の自営業の男性(46)は「正直、不快だった。いくら表現の自由とはいえ、天皇の写真を焼くような動画を行政が関わるイベントで見せるのは行き過ぎだ」と話す。名古屋市の無職の女性(43)も「少女像も昭和天皇の動画もあまり芸術性を感じず、心を豊かにするものではなかった」と否定的だ。
 一方、夫婦で鑑賞した名古屋市の自営業の男性(53)は「さまざまな考えや意見があることを議論しようということ。その趣旨には賛同できる。個々の作品も、特に問題があるとは思わない」。愛知県一宮市の大学生の男性(19)は「問題にする方がおかしい。歴史に向き合うべきだ」と訴える。

 展示内容に批判が殺到しているとの報道を受け、同展の会場の前にはこの日、入場までに1時間以上もかかる長蛇の列ができた。このため、主催者側は予定より早い午後4時半に受付を締め切った。鑑賞できなかった愛知県豊田市の会社員の男性(36)は「議論のある作品だけに見たかった。中止には反対」と憤っていた。




ガソリン放火など脅迫多く あいちトリエンナーレ少女像中止で知事会見
 話題のあいちトリエンナーレの少女像は、3日目の今日で展示中止となった!
 恐喝や「展示中止」の電話やメ-ルが殺到し、客の安全を守るために取った手段。

 あいちトリエンナーレのチケットを買うことに!
10時から6時までなので、発券はしてくれたが、会場はできず。

 コスプレの会場になっていて、若い子達の気合入ったコスプレには、驚くばかり。

 栄駅まで地下を歩くがお目当てのかき氷屋が見つからず。

1564822996703629433146.jpg





 なんとか一日でまわれそう!


 三越の地下で20%ひきになっていた「ひつまぶし」を買う。

 7時半頃から、3階のコインランドリーに行き、洗濯31分、乾燥1時間をする。今日、着ていた衣服は全部洗ったが、それで部屋を出たり入ったり3回!

 コテ-ジから、たぶん、10年前に買った紙皿とフォークとナイフのセットが実に良かった!
 まず、桃の皮が剥ける。
 使い捨ての紙皿が1枚1枚、絵が変わっていて、楽しい!





 疲れました!
 12時には寝たと思います。が、夏バテで体が不安でした!
コメントの送信