?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
縷衣香 NOW!
 来年の3月4月に種を蒔くそうだ!

 

 4時に起きてしまった!










 7時4分の北しなの鉄道に乗る。
 新幹線で先に東京に行くので、車内で眠れれば最高!


 世界一長生きした女性
.ジャンヌ・カルマン 122歳と164日(逝去)
(↓121歳の誕生日の写真)

https://ailovei.com/wp-content/uploads/2017/04/1-7.jpg


生誕地:フランス、アルル
生誕~死没:1875/2/21~1997/8/4
ジャンヌさんは、史上最も長生きした女性で、4人兄姉の三女として産まれました。彼女の家族は幼児期に亡くなった子どもを除けば、当時としてはかなり長生きな家系で、父は92歳、母は86歳、兄は97歳まで生きています。

(↓20歳のときのカルマンさん)

彼女はフィンセント・ファン・ゴッホに直接会ったことがある唯一の人物だとされています。父親の店に絵の具と鉛筆を買いに来たそうです。彼女はゴッホについて「醜悪で、アル中で性格も悪い」と語っています。

ちなみに、ゴッホは彼女に会った2年後に亡くなっています。

100歳まで自転車に乗るほど元気だった
(↓40歳のときの写真)





 
 東京駅から三井記念美術館。














 東京ステーションギャラリー!








 東京は、27度から31度!
 東京駅のロッカーに荷物を預け!


東京は、暑いので地上を歩くのは、拙かった。

 しかし、日本橋風景はやはり、江戸情緒ありますね!




















14時03分発「ひかり」で。
東京駅限定とか!








 このマップを持っていただけで、100円安くしてくれた東京ステーションギャラリー!











15673468988072125905857.jpg
1567346878801335319629.jpg
15673468426311137390628.jpg
15673468289591839633159.jpg
15673467570991718715857.jpg
15673469960991061615620.jpg
15673469477332130689125.jpg



 
コメントの送信
知っていなければならないのに、知らなかった戦争の史実が、ここにもありました。

 5日夜NHKのEテレで放送された「ETV特集 告白~満蒙開拓団の女たち~」。

 岐阜県の山間地・旧黒川村から満蒙開拓団として約650人が旧満州(中国東北部)に入植。敗戦で取り残され、現地の住民(もとはといえば土地を奪われた人たち)が「襲撃」してくるとの情報が入った。他の開拓団は多くが「集団自決」していた。「集団自決」以外に道はあるか。開拓団の幹部たちは話し合った末、進駐してきていたソ連軍に「警備」を頼むことにした。ソ連軍はその依頼を了承した。条件付きで。代わりに女性を差し出すこと。

 開拓団の幹部たちは協議の末、未婚の女性15人を差し出した。「接待」と称して。「接待所」までつくった(「接待」と「慰安(婦)」、なんというおぞましい共通性でしょうか)。佐藤ハルエさん(92)=当時20歳は証言する。「ソ連兵は汚いものを触るみたいに鉄砲の先で私たちを動かした。鉄砲を背負ったまま私はやられた。抵抗して暴発したら死んでしまう」

 別の女性の証言。「「お母さん、お母さん」と泣くだけ。友達を手をつないで「頑張りなね」しか言えなかった」

 安江善子さん(当時21歳)は妹のひさ子さんを差し出す代わりに、ひさ子さんの分まで犠牲になった。ひさ子さんは女性たちの体を洗浄した。零下30度にもなる極寒の中で。善子さんの証言。「開拓団の子供やみなさんをお救いするかは、娘たちの肩にかかっていると思ったんですね。なんとしても日本へ帰りたい、命を救いたいと…」

 女性たちの犠牲によって、黒川開拓団は過半数が日本へ生還することができた。しかし、15人の女性たちのうち、4人は発疹チフスで世を去り、帰還することはできなかった

 今から36年前、黒川村は開拓団の「記念誌」をつくった。その中ではソ連兵を「豚の料理などで接待した」と書かれ、女性たちのことは一言も記されていなかった。

 この事実が明らかになったのは、4年前、安江善子さんが語り始めてから。「(子供たちに)私のたどってきたような人生だけは送らせたくない」と。善子さんに続いて佐藤ハルエさんも告白を始めた。

 以上が番組の概略です。この事実初めて知り、大きな衝撃を受けました。「従軍慰安婦」(戦時日本軍性奴隷)との共通点、そして相違点。

 共通点は、戦争は女性を犠牲にするということ。性の奴隷にして人権も尊厳もズタズタに切り裂くということ。

 相違点は、黒川開拓団の場合、女性たちに性の「接待」を強制(事実上)したのが、日本軍ではなく、同じ村の人々(男たち)であったこと。ここには一言で片づけられない、戦争の本質にかかわる深い意味があると思います。
 「記念誌」でも事実を隠した男たちが、今もなお「みんな被害者だった。極限状態だった」と語っているのが象徴的です。

 もう1つの共通点は、いずれも被害女性自身の告白・告発によって初めて事実が明るみに出たこと。「慰安婦」問題も韓国の金学順さんの告発が大きな契機になりました(1991年8月14日)。被害を受けた女性たちが、勇気を出して忌まわしい過去を口にしなければ、事実が表に出ることさえないというこの現実。

 番組は満蒙開拓団の背景については一切触れていませんでした。しかし、この悲劇をもたらした根本的な元凶が、「王道楽道」の幻想をふりまき、「開拓団」として農民・市民に満州侵略の片棒をかつがせ、敗ければ置き去りにして自分たちだけさっさと引き揚げた天皇制帝国軍隊・政府にあることは明らかです。これこそ最大の共通点にほかなりません

 再放送が8月10日(木)午前0時からEテレであります(60分)。

カテゴリー:戦争の被害と加害
コメントの送信







 テレビでICOMに秋篠宮夫妻が来ていることを放映していた。
15673295740191784954144.jpg

夕飯!



コメントの送信