September 15th, 2019

Christmas

今日は暑い。ベランダのお片付け。土と濡れティッシュを買いに北長野へ。



 紅いワンピースを2枚洗ったら、白いタオルが2枚紅く染まり、紅いティーシャツは、そのままでした!
1568509899225613981587.jpg





 D2で土やチューリップの球根やチャッカマンをたくさん買って、歩いてきたので疲れたので一休み!
 前に園芸ショップがあったところが、インテリアショップになってました!

 カフェもありました!

1568520773935181570456.jpg
1568520744442887442755.jpg
15685207121088000241.jpg











今日は暑いのに、北長野駅から長野駅まで歩いてしまった!
 北長野のバスは日曜日はお休みになっていた。
おまけに北長野の本屋さんは、臨時休業だった。

 D2で土やチューリップの球根やチャッカマンをたくさん買って歩き始めたが、タクシーは幾度か見かけたが、乗る気はなかった。
 かなり歩いて、熱中症のようにボ-ッとしてきたときにカフェと書いてあるインテリアショップを見つけた。

 それでお薦めの不知火の蜜柑ジュ-スとマフイン3種の中の「青い鳥」(他は「ハリネズミ」と「向日葵」)を選んで、インテリアショップなので、何処に座ってもよいというので、少し体が楽になりそうな椅子を選んで、座った。

 木のアルファベットが50%引きだったので7個買った。Rが無かったのでPとQを買った。切って、合わせればRが作れそうなのだ。
 バスの走る柳田町まで歩いた。長野駅近くの千石劇場で、2時から「太宰と三人の女」をやってるので、観ても良いかなと思っていたが、もはや時間的に無理。バスも30分に1台なので、再び歩き始めた。
 お昼を食べたくなり、何処か涼しい処を探していたら、角にグランドシネマズがあって、「人間失格」をやっているではないか!

 カ-トを預け、シニアチケットを1100円で買い、ホットドッグとコ-ラのセットを買い、始まったばかりの壇密がマダムをしているバ-のシ-ンから観られた。

 色は独特で、随分、奇抜な濃い色が、衣服でもカ-テンでも壁でもお布団でも、兎に角、派手だった。

 小栗旬が太宰役だが、妻が宮沢りえ、太田静子が「別に」の人「沢尻エリカ」で、最後に心中する人が二階堂ふみだった。

 奧さんの住む家は、蚊帳が吊してあって、子供が3人いて散らかりっぱなしで、暗い。
 お茶の水女学校を出たインテリの奧さんらしく、少し抑えた色合い。

 兎に角、熱中症になりかかっていたので、袖のある木綿レ-スの上着を脱いでノ-スリ-ブのワンピースになったら、ク-ラ-が心地良く、体が一気に快復した。
 映画が終わった4時過ぎはだいぶ涼しくなっていた。

 それからも、長野駅まで歩いた。


 コテ-ジに食べものがあるので、何も買わず5時2分の「北しなの鉄道」に乗りこんだ。

 土2袋。チューリップの球根や濡れティッシュなど重いものばかりだったのだが、中年のおじさんが半分持ってくれたので、なんとか黒姫駅の改札口までたどり着いた。


 私は昨晩は非常時の心配で一杯になり、水と炭(長火鉢を持っているので)をAmazonで購入した。発電機を買おうか買うまいか考えてるところ。
 
 発電機はピンからキリまでだが、寒い雪の中、熱いお茶が飲めたら随分、心温まるだろう。
 兎に角、衣類は捨てない。重ね着をして寒さを凌がねばならない地域なのだ。


 夕飯。
 蕎麦パスタ!
 玉葱、黄色いピーマン、庭からとってきた緑のベビーピ-マン2個、海老、ハ-ブ・ウインナ-、黄色いプチトマト、ガ-リック・トマトソース。



 チューリップは、最終的には500球くらい植えます❗
 冬前にとても安くなります。
 今日は、D2は。シニアは5%引きです❗
 毎月15日16日は、ディスカウントデ-です。














 太宰の青森の生家に行ったことがあります。
 お金持ちで、貴族院の議員だった父親。
 金貸しのような仕事もしていて、貧しい人もたくさん出入りしていたのでしょう。
 人はバランスを取る。
 どこかで、辻褄を合わせる。
 坂口安吾が「堕ちろ。」と言う。
 医師の娘の静子さんも、愛のない結婚を経て、上流から堕ちる愛人生活を意識的に選択し、生まれた子供を誇る。
 妻も泣いてもいたが、いろいろ手伝っていた太宰の文学者としての成功を支えに、愛人との関係をなじったりしない。

 愛人との逢瀬を、未だ幼い娘とでくわしても、「お父さんはお仕事中だから。」と、娘の手を取って、黙って去って行く。
 「人間失格」の後に、心中した太宰は、上手く完成させたというか、モジリアニの死のように、愛する女の後追い自殺のように、生涯の完成を世俗受けにも完全にしたのだ。
 作家の功名心。
 誰よりも上を目指す。
 批判しにきた三島由紀夫も市ヶ谷で割腹自殺をしている。
 似たような人達だ。

 監督の蜷川実花は、カメラマンご自分の世界のシンボルの花を時々、強烈に散らす。
 少し、現代美術風の処もあって、日本人は、太宰が好きだし、心中物も好きなので、日曜日もあって、よく人のはいっている映画だった。

 どうでも良い話だが、北長野のロ-ソンでキャッシングをしたときに、ドラクエのミュージックが入っていた!
そういうサ-ヴィス期間中で、レジの近くにはドラクエグッズがたくさん売られていた!