?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
縷衣香 NOW!
 今日の失敗は、あまり寝てないことです。5時間は寝ないと拙いのですが、3時半に起きてしまい朝まで眠れなかった!12時頃に寝たので3時間ちょっとの睡眠です!

 ですから、今日は、バスキア展だけ観て、無事に長野に帰ることだけを考えています。

 ホテルの朝食は6時半からなのだが、皆、早起きでびっくり。

 色々な国からのお客に対応して、西洋食、和食の他、中華もありました!








 バスキア展は全員にオ-ディオの貸し出しがあります。入館料は2100円でしたが、納得。貴重な作品だからでしょうか?荷物チェックがありました!よく森ア-ツ・センターギャラリーには来るのですが、初めてでした!

 バスキアは色彩や形のセンスもよいが、彼には溢れるほどメッセージが有ったのだと思う。
 若者らしい人種差別や経済システムの不均衡。

 彼は王様になりたかった!

 子供らしい夢のようなクラウン!

  王様の王冠👑

 あまり酷い地上。ニューヨークの街。画壇。

 独りで闘いながら、薬に逃避せずにはいられないほどの過酷な人間界。

 ラブリーな黒人青年は、子供の時に交通事故で、臓器をいくつか失った。彼はだから解剖学に興味を持ち、彼の母親はその本を買ってあげることができた。ダヴィンチに興味を持った。

 彼が髑髏、骸骨を好んで描いたのは、骸骨には人種差別がないからだと聞いたことがあった。

 見映えの黒い肌で、どのように扱われるのか、アメリカに住んだことのある日本人ならわかるはずだ。


 しかし、彼はスターになれると信じていたし、スターのことは良く研究していた。

 父親はハイチ人でフランス語を話し、きちんと働いてる裕福な育ちだ。母親はプエルトリコ人で、スペイン語を話す。彼は、アメリカ生まれだから、英語、フランス語、スペイン語に堪能だった。

 母親は、子供の頃からバスキアを連れて美術館に行ったし、バスキアも絵を描くことが大好きだった。

 やがて、父親と母親は離婚し、父親に引き取られた。

 特殊の学校に通ったバスキアは、そこで才能をみいだされたが、父親とは合わず、友達の家を点々として暮らしていた。葉書やテイ-シャツに絵を描いて小遣いにしていた。
 ある日、アンディーウォーホルにあって、ポスターカ-ドを売るのに成功した。

 彼の絵は多様な要素があり、詩のようなものも、批判のようなものも、憧れのスターの賛美があったり、アルファベットのあそびのようなものもあるが、濃いのだ。
 そして、小さな字がいっぱいだったり、絵の具の筆捌き掃き捌きが、洗練されていて、やはり実力のあるア-ティストの非凡さか、飽きさせない。

 しかし、時代の寵児に祭り上げられ、次々とこなす大きなキャンバスを満足のいく完成まで描ききることや、敏感な青年の感じる世俗なア-トの世界と、マイノリティの黒人であることにドラッグを飲まずにはいられなかったのだろうか?彼は薬で死んでるのだ。













































 お昼!






 餡蜜!


 今、高崎です。
 3時15分!
 次は長野です。













 回数券が切れたので、新しく買う。3200円!
 長野で食品を買う。
 スターバックスで、コ-ルド・ブリュ-を買う。
5時2分の北しなの鉄道で、帰る。


 スターには、甘さと燦めきがある!










 6時頃、コテ-ジに帰りました!
冷蔵庫の調子がわるいので、氷を買いに行きましたが、明日は電気屋さんに電話をしましょう。

 もやしと豚肉があるので、それと、浅蜊のお味噌汁。胡瓜と焼き豚の胡麻油と醤油の和え物。
 今、ご飯を炊いてます!


 信濃町 16度から13度!


 オイシックスの蕨餅!


 このお湯は、前にLushのバスソルトを入れたさい(球形)多すぎるので、ちいさなタッパに半分いれておいたとても体に優しいもの!
コメントの送信