?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
縷衣香 NOW!
グレタちゃんは病名もつき、食べものを食べれなくなったり、痩せて階段も上れず、学校にもいけなくなったが、妹のベアタちゃんにも障害が出て、パパのスヴェンテが泣いてる姿を観て、ママも大変な生活を迎える。
 夫婦で役割分担をして、子供達を別々に看る。
 学校にも、不理解が有り、規則破ってグレタちゃんに週に2度の授業を個人てきにみてくれる教師に救われる。子供達はとても非凡な才能を見せて、妹もプロのママから見てもこんなに簡単に理解し歌う才能は観たこともないと言う。
 学校では虐めの対象だったグレタちゃんをパパもママも理解するために勉強する。
 グレタちゃんは中学の教科書の間違いを正し、直させているのだ。
 このような天才的な子供に対する世間の冷たい態度から守るのは、親だけで、この愛し合う夫婦のもとに生まれた子供達は実に幸せだ。


 グレタちゃんの気候学は独学。
 2018年8月20日、ストライキを決行。
国会議事堂前に三週間居座る。

 グレタちゃんのパパも本を20冊くらい読んで、地球温暖化を防ぐために、ショッピングを辞め、肉食を辞め、飛行機に乗るのを辞めた。
 妹のベアタちゃんはロンドンのコンサ-トに数千円でいける飛行機を辞め、数倍する電気自動車で5日間かけて行ったという。

 とにかく、国連に行くのにも、飛行機は乗らず、パパとヨットのプロと全部で5人でアメリカにたどり着いた。
 帰りには、ヨットが壊れ、プロのヨットの操縦者は飛行機で帰ってしまい、どうして帰るか難航中。
コメントの送信
 晴れてる間にお洗濯ものを干す。









 若者たちはあなたたちの裏切り行為に気づき始めている。全ての未来世代の目があなたたちに注がれている。もし私たちを失望させるなら、決して許さない。逃げおおせはさせない」

 9月23日。米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで、三つ編みをさげた少女は各国代表を前に怒った。目は潤んでいた。

 グレタ・トゥンベリさん。環境活動家。16歳。温暖化対策を促す運動を昨夏スウェーデンで始め、いまや地球環境の危機を訴える世界的な象徴になった。ノーベル平和賞の候補に推薦され、そのインスタグラムを730万人がフォローする。

「苦しんでいる人たちがいる。死に瀕している人たちがいる。生態系全体が破壊されている。大規模な絶滅が始まろうとしているのに、話すのは、お金のことばかり。永遠の経済成長というおとぎ話ばかり。よくも(How dare you)!」

「How dare you」を4回繰り返したスピーチは、日本のメディアでも大きく報道された。

 そもそもなぜ、トゥンベリさんは脚光を浴びたのか。

「気候のための学校ストライキ」。昨年8月、そう書いたプラカードを掲げ、トゥンベリさんはたった1人、ストックホルムの議会前に座り込んだ。3週間、学校を休んで、総選挙を前に温室効果ガスの削減を求めた。

 その後も毎週金曜日、学校を休んで抗議を続けた。この運動が「#FridaysForFuture(未来のための金曜日)」「#ClimateStrike(気候ストライキ)」のハッシュタグでSNSを通じて拡散。オーストラリアで、ドイツで、スイスで、カナダで、若者らが金曜日に授業のストライキを始めた。今年3月15日のストライキは130カ国以上、2千カ所以上に広がった。

 そして9月20~27日、国連気候行動サミットの前後に、「グローバル気候ストライキ」として185カ国760万人以上が声をあげた。トゥンベリさんはその象徴として、会議で冒頭の演説をした。

 だが、トゥンベリさんには、批判、中傷、揶揄も繰り返されている。

「明るく素晴らしい未来を夢見る、とても幸せな少女のようだ。見られて、よかったよ!

 ツイッターでトゥンベリさんを皮肉るコメントをしたトランプ米大統領

16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」
(10/07)AERA

ビリー/ジャネール/The 1975など多くのアーティストが16歳の活動家グレタ・トゥーンベリを支持
(09/26)Billboard JAPAN

田原総一朗「地球環境のために自然エネルギーを増やす取り組みを」
(10/02)週刊朝日

日本の10代とグレタ・トゥンベリの違いは? ドン小西が指摘
(10/03)週刊朝日

小島慶子「グレタさんの演説報じるメディアは政府の気候危機対策を追及してほしい」
(10/05)AERA


日本から「品性ない」発言も…16歳の環境活動家めぐる中傷の声

16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」

日本の10代とグレタ・トゥンベリの違い

日本から「品性ない」発言も…16歳の環境活動家めぐる中傷の声

16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」

日本の10代とグレタ・トゥンベリの違いは? ドン小西が指摘


日本から「品性ない」発言も…16歳の環境活動家めぐる中傷の声

もっと寒くなるそうだ。外に数分といられないぞ。地球温暖化はどうなってる?」

 天気と気候の混同。欧米では「地球温暖化はでっち上げだ」などと、科学を否定する集団が一定の勢力を持つ。米国は、温暖化対策の国際ルール・パリ協定からの離脱を表明している。

 日本でもこんな発言が相次ぐ。

「16歳の考えに世界が振り回されたらダメだ」(橋下徹・元大阪市長)。「洗脳された子供」(作家の百田尚樹氏)。「お嬢ちゃまがやってることが間違ってる」(作家の竹田恒泰氏)

 ネット上で「小娘」「お姉ちゃん」と見下した表現や「彼氏紹介してやれ」といった侮辱がなされ、多くの「いいね」を集める。そんな日本の状況について、東京大学名誉教授の上野千鶴子さんはこう話す。

「女性、子どもの声を『無力化』『無効化』する対抗メッセージはいつでも登場します。それをやればやるほど、そういうことをやる人の権力性と品性のなさが暴露されるだけです」

 上野さんは4月の東大入学式の祝辞で、痛烈な性差別批判をした。祝辞では「しょせん女の子だから」と足を引っ張ることは「意欲の冷却効果」と説明し、ノーベル平和賞を受けたマララ・ユスフザイさんの父が「娘の翼を折らないようにしてきた」との発言を紹介した。

「同じメッセージを権威のある男性が言えば、聞かれるでしょうか? 繰り返されてきたメッセージに『またか』の反応があるだけでしょう。グレタさんのスピーチは、世界の要人が集まっても、いつまでたっても、何の進展もない現状に対するまともな怒りをぶつけたものです」

 上野さんはこうも指摘する。

「環境問題は『未来世代との連帯』と言われてきました、が、その『未来世代』は死者と同じく見えない、声のない人びとでした。その『未来世代』が当事者として人格を伴って登場したことに、世界は衝撃を受けたのでしょう」

(ライター・溝呂木佐季)



16歳の活動家の“正論”への中傷に上野千鶴子が「文句を言うなら国連へ」
(10/07)AERA

ビリー/ジャネール/The 1975など多くのアーティストが16歳の活動家グレタ・トゥーンベリを支持
(09/26)Billboard JAPAN

田原総一朗「地球環境のために自然エネルギーを増やす取り組みを」
(10/02)週刊朝日

日本の10代とグレタ・トゥンベリの違いは? ドン小西が指摘
(10/03)週刊朝日

小島慶子「グレタさんの演説報じるメディアは政府の気候危機対策を追求して欲しい。




 美術手帖web

あいちトリエンナーレ2019」で、「表現の不自由展・その後」が10月8日午後に展示再開されることがわかった。朝日新聞などが伝えた。

 展示再開は、トリエンナーレ実行委会長の大村秀章・愛知県知事が明らかにしたもの。

「表現の不自由展・その後」は、トリエンナーレ実行委員会と不自由展実行委員会が再開で合意し、再開は6〜8日のいずれかになるとされてきたが、セキュリティ対策などについて両者による協議が続けられてきた。

 中日新聞によると、不自由展には入場制限が導入され、事前の解説などが追加されるという。

 なお、8日からはアーティストらが電話対応する「Jアートコールセンター」も開設される。トリエンナーレの会期は10月14日まで。

1.1K


 画家の幸せ❗

コピーです。

貧困問題は、誰にとっても他人事ではないということですね

「誰しもが、貧困に陥る社会構造があるんです。

相談に来られた方の中に、60歳近くになるまで、ずっと画家を目指していた方がいました。この方は生活保護を受けることになったのですが、『僕の人生は全然成功しなかったけど、死んだ後に僕の絵が評価されるかもしれないので、それはいい人生でした』と。

指標軸というか、人生ってこうあるべきだという既存の枠組みからちょっと外れて、物を見ていく視点が必要なのかなと思います」
 





コメントの送信
15705179738261742808274.jpg




 主人の祖母の遺言!
 播種(種を蒔く)!
 素敵!
 書家で易の占いもする綺麗なおばあ様でした。96歳で夏の夜明けの4時頃亡くなって、その日までコツコツと杖をついて歩いてました!
 当人は、コノハナサクヤ姫の生まれ変わりと言ってました。
 東京で、ある日七色にたなびく雲の上にお釈迦様と弟子たちが現れ、下界をお釈迦様が観て、駄目だと言うように手を振り、お弟子達と雲から下りられた途端、関東大地震が勃発したそうです。
 人間の為に必要な震災だったのですね。
 大姑は、易の達人で空に飛ぶ鳥やショ-ルの縁でも占うことができました。
 大変な美人でご主人が海軍だったので、歩いていると武雄となみ子と言われたそうです。美人はお風呂でも3種のタオルを使い分けて、鶯のふんとかで顔をケアし、着物は脱ぎ捨てで、後ろからお手伝いさんが畳看ながら付いていくそうです!


 私の易カルタ!
大姑から筮竹とか易のお道具とか墨を頂きました。

 チェコのボタン!
 蜘蛛の巣とチューリップ!
 チェコガラス!

 美術手帖がたくさんあるねえ。

 アメリカで作ったシルクスクリーンの陶板で作った棺桶。アウシュビッツ収容所の門。

 台湾の漫画!
1570519134661122494980.jpg
 藤田の子供のお仕事タイルの絵が好きです!

 母が刺繍してくれたルルドの聖母と聖ベルナデッタ!






 初聖体記念にフランスに行った!母と私と娘。





 このノートが有ることもすっかり忘れていた。アメリカに行く前に日本のことを私と調べたらしい!
 これも、母の刺繍!





 右下の写真はガ-ル・スカウトの制服。

 七五三は下鴨神社!
 世界遺産になったので嬉しい!












 ざっと片付けが終わりました!着ていないナイトガウンを2枚見つけたのでそろそろ着ましょう!


 この藤田嗣治リトグラフは、発明家さん!





 夕飯。
 リゾット。

コメントの送信