October 20th, 2019

Christmas

名古屋へ!










 往復の「特急しなの」で眠たければ使います!

 往復の「特急しなの」で読みます!

 半額です!

 30%引きです!
 カ-ドでし払いました!

❇❇❇❇❇

 釣崎清隆さんに会えたらサインして貰います!


 松茸ごはんを食べてきたので、お昼にいただきます!
南アフリカからきたオレンジ!

 晴れてきました!

❇❇❇❇❇


Biblio mania! 








 「特急しなの」で名古屋へ!
とても混んでました!
用心して指定席で!
帰りは自由席で、往復10050円。
昨晩、家中探したのと、娘から借金を返して貰い12000円くらいかき集めました!
用心深く、カ-ドで支払いました!
 お十時!

 「ナポレオン」ですって!





 面白い!






名古屋駅1時1分着。
地下鉄「東山線」 藤が丘行き
栄駅まで。
 5分。
Christmas

Biblio Maniaへ!

 栄駅13番に出ます。  「丹青堂」さんは懐かしい! 絵の材料をよく買いました!  名古屋店は初めて見ました! 1571548885387847445755.jpg 古本屋さんはなかなか面白い! B級路線を意識しているようですが、意識の高い本も有り、新品のものも安く売られてます。 ❇ ❇ 6時に映画館をあとにしました。 ☆  6時40分の特急しなのに無事乗れました。  夕食! ❇❇❇ 乗り継ぎ時間が1時間以上もあるので、スターバックスでハロウィンフラッペを頼みました!  美味しい!  北しなの鉄道は、最終便。 既に11時にタクシーのお迎えを頼んでます。 ❇  帰りは、もっぱら、蕗谷虹児を読んでました。  切ない話です。  画家は経済的にはやはり大変。  朝の3時半まで一気に読みあげました。  蕗谷虹児って言う人は、やはり非凡な人だった。  絵描きとしては無論だけれど、老いた父や不遇な弟達の世をして、挿絵を描かざるを得ない。  それでも子を失い、弱い妻を離縁したのに、他の人と再婚あとも、気にかける。  とても大きい人だと言う。  15歳で駆け落ちして自分を産んだ母を病で28歳で失う。  辛い人生を生き続けたが、多くの支援にも恵まれた。  夢二に助けられ、時代の寵児となり、パリにその働きでいけるようになった。  しかし、残された弟達や弟子達は、彼だけが帰国しなければならないほど、経済的にやりくりが下手だ。  異国に残した妻と子にどのような孤独と貧しさがあったか?想像がおよばなかった。  人間は誰でも完全でない。  15歳で駆け落ちし、自分を生み、28歳で亡くなった若く美しい母親のイメ-ジが、彼の純粋で可憐な女性像だった。  三島由紀夫が評価し、パリでも模倣でない日本人画家として、藤田と並んで評価されていた新聞が残っている。