October 24th, 2019

Christmas

5時に起きる!まあ、いいか。12度から17度!

 昨日は食べ過ぎなので、朝ごはんは食べる気がしないが。

 昨日は何故疲れたのか?
 人の親切にたくさん触れた!

 まず、3時の第一ス-パ-からのタングラムのお帰りバスに乗る時に、バスに乗るために待っていた台湾の若者二人が、カ-トをス-パ-まで返してくれたり、土と米の袋をバスまで引き上げてくれたり、とても親切。



 それで、忘れていた中国語を片言しゃべってますます元気になった。二人の青年は台湾で高校の時から日本語を学び、大学でも専攻して、タングラムに勤務中。
 運転手さんは気持ち良さそうに寝ていて、皆、優しく起こさないで観ていたが、プロの仕事!3時には起きて、バスは出発。
 私は黒姫駅で降りて、本屋さんで、定期購読の「婦人公論」を買う。そして、隣の喫茶「しなの」で、常連客と雑談。
 3時38分の学童バス「熊坂」行きに乗る。その時、5つ小学校中学校が1つにまとめられ、学校から各方面でスク-ルバスで、子供が一杯いたのだが、気の利いたのがいて、低学年の子供をバスの後席に座るように、さりげなく誘導する中学生かな?がいて、私は私にドアの傍にカ-トを引き上げたので、近くに座らせるためゆずらしたのかはわかったが、あえて黙っていた。お兄ちゃんは、ゴロッとして素朴な田舎の良さを体からはなっている子だが、「どうぞお座り下さい。」と言う。
 私は、この間観た「最高の人生の見つけ方」の影響もあるのだが、頭を思い切りなぜてあげて、「僕は頭が良いのね。ずっと観てたのよ。」と褒めてあげると、学年差のある子供達が、からかいながら、「褒められた!」「良いことをした!」とまた、歓声を上げる。都会には見られない風景だ。
 それで、セブンイレブンの前で降りて、坂道を上ると、後ろから声をかけてくれる私と同世代のご夫婦外手、坂道はきついからとご主人が家とを引き上げるのを手伝ってくれた。
 「国際村に住んでいて、今日、山の家を片付けて明日、東京に帰るのです。東京は地震があるからなあ。」
 と言う。今は、安全地など無いので、自然も人も危ないのだ。
 そんなわけで、たくさんの人の手を借りて生きてることを改めて感謝。
 災害はあちこち。
 宮崎県から、ステビア米の農家も台風15号で、例年より米の収穫が減り、雑草を食べてくれるため放し飼いの鶏が半分死んだという。
死んだのは、いたちや狸や狐。今年は貂(てん)もみたそうで、食べられのだという。
 宮崎の人は、神示通りになっていると言う。人間が地に堕ちて、天が人間を一掃すると言うのだ。







 朝ごはん!


☆  
 喉と咳き込みがひどいので、amazonで買いました❗
 友人の「砂希さんの部屋」プラグから。




 今日は25リットルのを買いました!

 黒姫駅で降りました。

 駅蕎麦を食べました❗
  
 わさび菜と黄色のプチトマトを買いました❗

 バスもないし、晴れてるので歩いて帰ることにしました!そうしたら、前の車が突然、止まります❗









 喫茶「しなの」の常連客のはじめちゃんが、あまりにも重そうだと車でコテージまで送ってくれました!













 今日は、残りのチューリップの球根植える!

 園芸用の靴が壊れたので新しいのを買いました!

 土が足りない❗








Christmas

人生はあっという間!もうすぐ72歳❗健常な資質でいれるのは74歳迄ですって❗貴重な3年間を意義深く生きるために顧みます。

 父と母の新婚旅行。
no title
 好奇心に溢れる子供❗
no title
 小学校の頃。
 時代ですね。内藤ルネのはのワンピースを着てます。
no title
 自宅。
no title
 母の実家。
no title
 大学の美術研修旅行。
no title
 母方の祖母。
no title
 父方の祖母。
no title
 小学校2年の頃。
no title
no title

no title


no title
no title
 ボストン美術館付属学校。
no title
❇❇
 大学生の頃。
no title

 結婚前後。
DSC_9398.jpg
no title
 末の弟の結婚式。娘がお腹にいた!
no title
 生まれてきてくれてありがとう。
IMG_20170918_001443.jpg



 聖コルベ記念館。
下手過ぎる私の初めての油絵。
下は、遠藤周作の「沈黙」原稿。
no title
no title

       



 神山に来てから描いた絵。
IMG_20160713_101021.jpg
IMG_20160713_101400.jpg
no title
no title
no title
no title
IMG_20160707_210416.jpg
IMG_20160707_205820.jpg
IMG_20160707_210204.jpg
IMG_20160708_064658.jpg
2012-10-09 20.19.17
2012-11-04 16.36.23
2012-10-09 20.20.07
2012-11-04 16.57.01
no title
no title
  
Christmas

大学時代。大学出てから30歳まで。


 大学時代!
 アンドレブルトンの自動書記、
 やがて、パリを歩いていたら、画廊のマダムが手招きをして、入るとシュールレアリスムの画廊でオーナーは、ブルトンの愛人だったひと。通底器って本当にあるんですね!「私、ナジャって言うの。ロシア語で希望って言う意味!」大学時代に読んで非常に解放されました❗
no title
no title
no title
no title
no title
no title

大学出てから。
2012-10-10 20.24.18
no title
2012-10-11 01.38.00
1548897210842610557920.jpg
15488972431471058347132.jpg
no title
no title
no title
IMG_20170221_203104.jpg
IMG_20170221_203133.jpg
15476885251661178769061.jpg
15476925735491355157382.jpg
15476929992551727571673.jpg
15476844711101316327162.jpg
no title

 この記事が出て直ぐ出版社から電話。
no title
IMG_20161204_081852.jpg
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
1544056389094552752792.jpg

❇❇❇❇❇
no title
no title
no title

no title
no title
DSC_2347.JPG

🔑
 日本経済新聞の文化欄に推薦してくださったのは村田陶さんで、村田陶さんは、「徹子の部屋」にも出たサラリーマンで似顔絵を10000枚描いた人です。
no title
1494040896720202804441.jpg
 村田さんを育てた此花画廊の池田清子さん。
 看板の字は川端康成がお書きになったそうです。
no title



no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title 
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

15441768531971536941943.jpg
1544176922704755990379.jpg
15440593283931382514440.jpg
1544059535217809546151.jpg
1544059507344971820940.jpg
1544060147573308362308.jpg
1544060124880306360621.jpg
15440602978241582590637.jpg
1544060908651410961993.jpg
1544060952006436160833.jpg
15440608749431824667380.jpg
1544060980119938012760.jpg
1544061068266971714162.jpg
1544061357660340345111.jpg
15440614222831124457995.jpg
15440615720361353653893.jpg
15440615071371506272508.jpg
1543988832909479031531.jpg
1543990728142507212015.jpg
1544060980119938012760.jpg
IMG_20161014_131431.jpg
IMG_20161014_131500.jpg
no title
Christmas

30代❗パリ❗

no title

1979年の夏にパリに入り、1980年用のカレンダーがとても役に立ちました。パトカトリックセンターのバザ-で売り、全額、教会に寄付させてもらいました。
no title
 30歳から、京都の天の橋立の知恩院の住職が、「ルルドに行きなさい。」と、お金送って下さったので、パリに行くことになりました。








no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
1547691005296356552687.jpg
1547691091218700536004.jpg
1547691148214857083222.jpg
no title
no title
no title

パリで住んでいたおうち。
「むかしむかしのおうち」と言う名のアパートで、建築賞を取った建物でその建築家も住まれてました。

no title
no title
no title
no title



 会期中、三度も来てくれてお招きくださった。
 レジョンドヌール賞をお持ちの精密画の画家。
no title

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
 百人一首を買い上げてくださったパリのユネスコで働いているおうちに招待してくださいました❗
no title
 モンサンミッシェルの帰り、駅まで歩こうとしていたら、車が止まり、駅の隣だからうちでお茶していきなさいと、車に乗せてくださったおばあちゃん、娘、子供の家の前。パリにいたときに藤田が住んでいて、とても寡黙な人だと言っていた。
no title

☆ 
no title
no title
no title
no title


 
Christmas

40代❗ボストンへ。

1995年、神戸の震災があり春休みにボストンに着きました。
着いた日にホテルのテレビでサリンガスを撒かれた日本の地下鉄が映りました。

英語は大嫌いだが、仕方がないので夏にサマースクールで英語を学びました❗
そうしたら、翌年のパンフに写っていてビックリ!
no title
ハ-バ-ト

48歳くらい。
なぜ、写真があるかと言うと、主人が撮れているから事務所に貰いにいきなさいと言ったからです。1枚10ドルでした。
no title

 翌年はサマースクールでデッサンを取りました。
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
🔑
no title

no title
no title
no title
no title
no title

no title
no title
no title
no title
no title
no title
Christmas

50代❗

no title
 スーザンさんはセオドア ルーズベルトのお孫さんでMA州の知事の奥さま。
とても優しい人で、子供の父兄会でさりげなく隣に座ってくださる。差別されないために気を使ってくださったのね。
 クリスマスに呼んでくださった時に「易カルタ」をプレゼントしたら、電話がかかってきて、「占ってください。」と、家族三人を招待してくれた。
 彼女は中国法の教授なので、中国語はお話になれる。
娘の作文が読売アメリカに記載された時も、「自分の子にも読ませたいので英語に訳してください。」と言われ、娘には直接に手紙をくださった。
 知事のおうちには、針鼠がいて、滑り台から回転車まで転がして、見せてくれたが、針鼠は楽しいのでしょうか?


 ご恩返しにアメリカの小学校で、百人一首、俳句画、折り紙を求められたのでお教えさせていただきました❗
no title
no title
no title
no title


no title
no title
2012-10-10 20.16.54
2012-10-11 01.45.32
2012-10-11 01.46.30
2012-10-11 15.40.21
2012-10-12 17.26.31
2012-10-12 17.21.42
2012-10-12 17.30.28

no title
2012-10-11 02.51.44
no title

🔑🔑🔑
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

 人間国宝のいちべえさん!
奉書紙をお作りです。
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
Christmas

60代❗自然のなかで。

日本❗
no title
no title
no title
no title
no title
no title
「聖母の騎士」誌が新しい印刷機を購入したとのことで、IAVEがカ-ドを1種出してくろたので、3種は自腹で足したもの。
no title
 IAVEボランティア会議バロセロナへ!
no title
no title

2012-10-10 20.19.24

2012-10-11 00.02.15
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

🔑🔑🔑
no title
no title

no title
DSC_8159.jpg
DSC_8156.jpg

no title
1513875133231-1963180425.jpg
15138752640251155301090.jpg
1513875334837-1074749054.jpg
1513875568149-1830297753.jpg
🔑
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
Christmas

祈りの椅子と蚊帳教会。

 smfaのgrantをいただけて行ったバロセロナ。
カーサミラ(ミラ邸)で見つけたドールハウス。
その中の祈りの部屋に置かれた祈りの椅子。
すぐデッサンをして、スペイン、フランスとアメリカのボストンのアンティークショップに実物の椅子を探した。
飛行機が私のスーツケースを紛失したので(帰りのボストンの飛行場から出てきた)用事ができなくなって、再発行されたチケットで再度いたパリの教会から道に迷って着いた蚤の市で振り返ったら後ろにあった椅子。
おばあさんの使っていた「祈りの椅子」はデザインがいっしょだった。
それをボストンまで運び、100年前のクッションを張り替えた❗
no title

no title


 蚊帳教会は私の夢なんです。

 私たちは皆、神様の目に見えない教会の中にいる。

 そこでは、何処の国の人も、音楽を奏でたり踊ったり和して寛ぐ。

 皆で食事をして、皆で寝る。

 安心してまどろむ。

 誰も襲ったりしない。

 そこには花が咲き、虹が出る。


🔑
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
🔑🔑🔑🔑🔑

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
IMG_20170409_225749.jpg
IMG_20170409_225829.jpg
IMG_20170409_225919.jpg
IMG_20170409_231153.jpg
IMG_20170409_231153.jpg
1492275443300-1278952009.jpg
1492275376209553876805.jpg
14922755119021951191997.jpg
1492276107356165091919.jpg
1494062676252162161273.jpg
Christmas

出逢い!

 ノリエさんのお父様は南京虐殺で、火で人を傷つけたと言う。
 ある時、お父様は幼児の時に顔をやけどを負ったノリエさんに、それが原因だと言った。
 ノリエさんはお父様を許さず、口をきかなくなった。しかし、南京を訪れて帰りには虐殺の身内のひとたちはノリエさんを見送りに来てくれた。

 ノリエさんは、私の棺桶の作品に惹かれたらしく、この本に、棺桶作品のことが書いてあった。

2012-10-18 18.15.33
 内藤ルネさんと!
no title

 娘の絵。
 同窓会誌の表紙になりました。
no title
2012-11-10 16.13.50


no title
no title
no title
no title
no title

SMFAのヴェネツィアスタディ!
IMG_20170407_135859.jpg

no title

バスケット友達ですが、障害のある子供達のために音楽学校を作られたお嬢様がいる。
オ-クションに招待して下さいました。
 お隣の席を用意されました。アイスクリ-ムは、チョコレートのグランドピアノに入ってます!
149287678809430596374.jpg


大姑の書。
no title