November 29th, 2019

Christmas

田町のホテルから、衣笠のカスヤノモリの現代美術館へ!





 定番だけれど美味しい!
「上海灘」
酢豚、青椒肉絲、小饅頭、卵ス-プ。


 ホテルを出たのは、8時半頃!
 田町駅を出て、
 京浜東北線に乗りました!
 横須賀線 衣笠駅の「糟屋の森の美術館」に向かいます!

 時間の問題でしょうか?何回も乗り換えました!
逗子よりも鎌倉よりも、横須賀よりも遠いのです。
 腫れていた右足は回復しつつあるのですが、歩きすぎで左足も痛い!

 タクシーでワンメ-タとのことで、美術館まで。


 綺麗な竹林でした!
 お天気は最高。寒かったですけれどね。





 個人美術館ですが、想像していたよりも、数段広い。

 10時半頃着いたのですが、奥様とスタッフがお迎え。
 1週間の内、木、金、土、日の4日間やっている現代美術館で、敷地は2000坪。
 ご主人は、著名な現代美術の作家で、文化庁から派遣でドイツに行かれた際に、モ-ゼス・ボイスにあわれた人で、モゼスボイスの足型を取られ、本も出された。

 奥様とお喋り。
 寒い日だったが、アイスコーヒーをレストランで頂く。

 可愛らしいものや、現代美術の作家の作品があちらこちらにあって、楽しい!

 幸い客は、私ひとりだったのでかまっていただいたが、何しろ、広い。

 奥様の実家の持ち物だった土地に、ヨ-ゼフさんに遭ったのが理由で、現代美術の美術館を建てられたが、作品群はたくさんあるが、全部、買われたという。

 デュシャンが入り口でヨ-ゼフが出口だと、ご主人の若江漢字さんは、著書に書かれている。
















Christmas

(no subject)

 ヨ-ゼフさんが、日本に滞在した8日間のビデオも回しっぱなしなのだが、観れてとても良かった。

 彼の哲学もわかるし、ドイツ語に字幕スーパーがついてるし、パフォーマンスも楽しい!

 彼がナチスの空軍に務め、五回も戦争の負傷で傷つき、
65歳で亡くなったが、休んだことなく制作をしたヨ-ゼフの使命には、神の意志を感じる。






















































































Christmas

(no subject)

 ケ-キをご馳走になりました!
 美味しいクリスマスのケ-キ!



6時頃、帰ってきました!
疲れたのでホテルの1階で夕食!
 気がついたら、お昼を食べてなかった!

 お店は満員で、コックさんも従業員さんたちも中国人!
とても感じの良い人々でした!



 凄く美味しかったです。
3泊しますので、明日も楽しみ!

 コインランドリーに行って、洗ったり、乾かしたり、引き取りに行ったり1時間半かかりました。

 本をたくさん買ったり、いただいたり!重いのが難です。






 テレビをつけっぱなしで寝てしまった!
2時半頃起きたら、24時間生テレビをしていた!