April 18th, 2020

6度から11度!雨!

昨晩から雨です。
8時半に起きる!

新型コロナで外出自粛 DV被害の相談相次ぐ
2020年4月18日 8時30分


新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、DV=ドメスティック・バイオレンスの被害の相談が支援団体に相次いで寄せられています。

外出自粛による生活の変化やストレスによるDVの増加や深刻化が懸念される中、都内にあるDVの被害者や加害者の更生を支援する団体「エープラス」には、先月から相談の電話やメールが相次いでいます。

この中では、新型コロナウイルスの影響で収入が減って配偶者と口論になり、暴力を振るわれたとか、在宅勤務で家にいる配偶者が騒ぐ子どもにいらだって家族に暴力を振るうといった相談や、「夫にマスクを買ってくるよう命じられるが買えず、どなられる」といった相談が寄せられているということです。

また、加害者側からも「新型コロナウイルスによる収入減少を補おうとギャンブルに手を出したら生活がひっ迫し、妻に責められ暴力を振るった」といった相談が寄せられているということです。

この団体では、自宅に加害者がいて電話で相談しにくいケースもあると考え、LINEでの相談受け付けも始めたということで、代表の吉祥眞佐緒さんは「一日中、家族が同じ空間にいることでDVが増えている。不安やストレスを家族に向けるケースが多く、生命の危険を感じるような切迫した相談もあった。地域の窓口や民間団体、警察にためらわずに相談してほしい」と話していました。
DV被害者のSOSは
「エープラス」に寄せられた被害者からの相談です。

「夫からマスクを買ってくるように言われましたが、どこにも売っておらず、マスクを買えずに帰ると、どなられて長時間説教される」とか、「夫が在宅勤務でずっと家にいて、こき使われます。子どもが騒ぐと、『俺は仕事をしている』とどなり、子どもに手をあげました。家を出たほうがよいでしょうか」といった、新型コロナウイルスの感染拡大や外出自粛要請が影響したケースが目立っています。

このほか、「DV家庭で過ごす子どもたちの恐怖は想像を超えています。どうにかSOSを発信できたらと思います」とか、「狭い部屋に親子3人で息が詰まる思いをしながらなんとか生きています。キャパオーバーです」といった切迫した相談も寄せられています。
元加害者が語るリスクとは
新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続き、DVの増加が懸念される中、元加害者の男性たちからは「外部との交流が減ることでDV行動に出やすくなると思う」といった声が聞かれました。

「エープラス」では、毎週、DV加害者の更生プログラムを開いていて、現在は感染防止のためビデオ通話で行っています。

《不安・ストレスでリスク》

プログラムに参加した元加害者のAさん(40代・男性)は、「新型コロナウイルスの影響で収入の不安などがあり、不安に飲み込まれると心がささくれるので(自分も)注意するようにしている」と話しました。

そのうえで、自分がDVをしていた時期を振り返り、今回の外出自粛が加害者の行動にどのような影響を与えるか尋ねると、「(DV加害者だった頃の自分であれば)間違いなくDVがひどくなっていたと思う。仕事のイライラのはけ口としてパートナーを使っていたので、今のように家にいるとか出かけられないとか、仕事がうまくいかないとかのストレスは、間違いなくパートナーにぶつけていたと思う」と話していました。

また、元加害者のBさん(40代・男性)は「一緒の時間が増えると摩擦も増える。加害者も被害者も子どももふだんと違う状況でストレスが徐々にたまる」と話していました。

《外部と遮断も影響》

また、Aさんは「自分がDVをしていた時は、他人には分からないだろうと考えてやっていた。外部との交流が減ることでDV行動に出やすくなると思う」と述べ、DVが表面化しにくく、かつ起きやすい環境になっていると話しました。
この団体では、自宅に加害者がいて電話で相談しにくいケースもあると考え、LINEでの相談受け付けも始めたということで、代表の吉祥眞佐緒さんは「一日中、家族が同じ空間にいることでDVが増えている。不安やストレスを家族に向けるケースが多く、生命の危険を感じるような切迫した相談もあった。地域の窓口や民間団体、警察にためらわずに相談してほしい」と話していました。
DV被害者のSOSは
「エープラス」に寄せられた被害者からの相談です。

「夫からマスクを買ってくるように言われましたが、どこにも売っておらず、マスクを買えずに帰ると、どなられて長時間説教される」とか、「夫が在宅勤務でずっと家にいて、こき使われます。子どもが騒ぐと、『俺は仕事をしている』とどなり、子どもに手をあげました。家を出たほうがよいでしょうか」といった、新型コロナウイルスの感染拡大や外出自粛要請が影響したケースが目立っています。

このほか、「DV家庭で過ごす子どもたちの恐怖は想像を超えています。どうにかSOSを発信できたらと思います」とか、「狭い部屋に親子3人で息が詰まる思いをしながらなんとか生きています。キャパオーバーです」といった切迫した相談も寄せられています。
元加害者が語るリスクとは
新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続き、DVの増加が懸念される中、元加害者の男性たちからは「外部との交流が減ることでDV行動に出やすくなると思う」といった声が聞かれました。

「エープラス」では、毎週、DV加害者の更生プログラムを開いていて、現在は感染防止のためビデオ通話で行っています。

《不安・ストレスでリスク》

プログラムに参加した元加害者のAさん(40代・男性)は、「新型コロナウイルスの影響で収入の不安などがあり、不安に飲み込まれると心がささくれるので(自分も)注意するようにしている」と話しました。

そのうえで、自分がDVをしていた時期を振り返り、今回の外出自粛が加害者の行動にどのような影響を与えるか尋ねると、「(DV加害者だった頃の自分であれば)間違いなくDVがひどくなっていたと思う。仕事のイライラのはけ口としてパートナーを使っていたので、今のように家にいるとか出かけられないとか、仕事がうまくいかないとかのストレスは、間違いなくパートナーにぶつけていたと思う」と話していました。

また、元加害者のBさん(40代・男性)は「一緒の時間が増えると摩擦も増える。加害者も被害者も子どももふだんと違う状況でストレスが徐々にたまる」と話していました。

《外部と遮断も影響》

また、Aさんは「自分がDVをしていた時は、他人には分からないだろうと考えてやっていた。外部との交流が減ることでDV行動に出やすくなると思う」と述べ、DVが表面化しにくく、かつ起きやすい環境になっていると話しました。

《元加害者に聞く対処法は》

そのうえで、DVをしてしまいそうになったときにどう対処すべきか聞くと、Cさん(40代・男性)は「相手にストレスをぶつけてしまいそうな時は、相手と離れた部屋に移動して1分間、数を数えて落ち着いたり、自分の気持ちを書いてみることが有効だ。生活が変わる中で、新しい生活リズムを決めて日常を取り戻していくことも大切だと思う」と話していました。
全国共通の相談窓口は2つ
配偶者からDV被害を受けた場合に、相談を受け付ける全国共通の窓口があります。

相談窓口は2つです。

《電話相談窓口》
1つは、最寄りの「配偶者暴力相談支援センター」に相談できる全国共通の電話相談窓口です。
電話番号は0570-0-55210で、平日の午前9時から午後4時までは、この番号から各地の支援センターにつながります。
各地のセンターによってはこれ以外にも受け付けている時間帯があり、詳しくは内閣府男女共同参画局のホームページでご確認ください。

《DV相談+》
2つめは4月20日に新たに設けられた「DV相談+」です。
電話での相談は全国共通で0120ー279ー889です。
当面、午前9時から午後9時までですが、今月29日からは24時間受け付けられます

 娘がいきり立って、風呂場の掃除をして帰ったが!

 昨日は、娘の方に汲み取りが来て、娘が郵便局でお金を下ろして支払い、そのまま、私のクリ-ニングにだしたオバやワンピ-スを取りに行ってくれて卵やオレンジを買っってきてくれたのだが、私もカ-ドの支払い請求が郵便できたので、結局は、4時頃出かけたのであった!

美術手帖Web
今、開館している美術館!

北海道
北海道立函館美術館
北海道立北方民族博物館
釧路市立美術館
釧路市立博物館
斜里町立知床博物館
平取町立二風谷アイヌ文化博物館

青森
三内丸山遺跡センター
七戸町立鷹山宇一記念美術館

岩手
一関市博物館
岩手県立美術館
深沢紅子 野の花美術館

秋田
秋田県立近代美術館
秋田県立美術館

宮城
宮城県美術館
宮崎県立美術館
カメイ美術館
リアス・アーク美術館
東北歴史博物館

山形
酒田市美術館
致道博物館
天童市美術館
土門拳記念館
本間美術館
山形美術館
上杉博物館

福島
いわき市立美術館
喜多方市美術館
郡山市立美術館
CCGA現代グラフィックアートセンター
やないづ町立斎藤清美術館

茨城
茨城県近代美術館
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県陶芸美術館
茨城県立歴史館
笠間日動美術館
常陽藝文センター

栃木
栃木県立美術館
栃木県立博物館
鹿沼市立川上澄生美術館
小杉放菴記念日光美術館

群馬
大川美術館
高崎市美術館
高崎市タワー美術館
富岡市立美術博物館
太田市美術館・図書館

埼玉
河鍋暁斎記念美術館
原爆の図丸木美術館

千葉
聖徳博物館
森の美術館
茂原市立美術館・郷土資料館

東京
ワタリウム美術館

神奈川
川崎市岡本太郎美術館

長野
安曇野ちひろ美術館
軽井沢千住博美術館
軽井沢ニューアートミュージアム
長野県信濃美術館 東山魁夷館
サントミューゼ 上田市立美術館
北斎館
諏訪市博物館

山梨
清春芸術村
フジヤマミュージアム
中村キース・へリング美術館

静岡
池田20世紀美術館
ベルナール・ビュフェ美術館(〜4月17日)
上原美術館
静岡市東海道広重美術館
静岡市美術館
浜松市美術館

新潟
新潟市新津美術館
新潟市美術館

富山
富山県水墨美術館
富山県美術館
富山市ガラス美術館
砺波市美術館
下山芸術の森発電所美術館

福井
福井県立美術館
福井市美術館

愛知
豊橋市美術博物館
高浜市やきものの里かわら美術館

岐阜
中山道広重美術館
養老天命反転地
滋賀
佐川美術館

京都
京都国立博物館(庭園のみ)
河井寬次郎記念館
嵯峨嵐山文華館

大阪
山王美術館
小林美術館

奈良
奈良市美術館
入江泰吉記念写真美術館
天理大学附属天理参考館

和歌山
和歌山市立博物館
田辺市立美術館
串本応挙芦雪館

兵庫
西宮市大谷記念美術館
神戸市小磯記念美術館
兵庫陶芸美術館
神戸市立博物館
神戸市北野美術館
丹波市立植野記念美術館
白鶴美術館
三木美術館
鉄斎美術館
世良美術館

岡山
大原美術館
岡山県立美術館
岡山県立博物館
岡山市立オリエント美術館
倉敷市立美術館
勝央美術文学館
奈義町現代美術館
高梁市成羽美術館

広島
奥田元宋・小由女美術館
耕三寺博物館
はつかいち美術ギャラリー
平山郁夫美術館
ふくやま美術館
尾道市立美術館

鳥取
倉吉博物館
鳥取県立博物館
米子市美術館

島根
足立美術館
島根県立美術館
田部美術館
安来市加納美術館

徳島
徳島県立近代美術館

香川
香川県立ミュージアム
金刀比羅宮博物館
中津万象園・丸亀美術館
地中美術館

愛媛
愛媛県美術館
愛媛文華館
新居浜市美術館
今治市伊東豊雄建築ミュージアム
岩田健 母と子のミュージアム
ところミュージアム大三島
大三島美術館
村上三島記念館
野間仁根バラのミュージアム
河野美術館
朝倉ふるさと美術古墳館
玉川近代美術館

佐賀
佐賀県立博物館
佐賀県立美術館

熊本
坂本善三美術館

大分
大分県立美術館
二階堂美術館

鹿児島
鹿児島県霧島鹿児島県霧島アートの森
鹿児島市立美術館
田中一村記念美術館
長島美術館
松下美術館

宮崎
都城市立美術館

沖縄
沖縄県立博物館・美術館


感染拡大で生活一変のアメリカ。アート界の現状は?
世界でもっとも多くの感染者数を記録しているアメリカ。そのような状況で、アート界はどういった対応に乗り出しているのか? ニューヨーク在住のライター・國上直子がレポートする。

文=國上直子

地下鉄のグランドセントラル駅。3月13日の午前9時。普段は通勤客で混み合っている

 現在アメリカは、新型コロナウイルス感染者数が14万人を超え、世界で最も感染が拡大する場所となっている。半分以上の州が感染拡大を食い止めるために、不要不急の外出を控え、自宅待機をするよう要請をしており、市民の生活に大きな影響が出ている(3月28日時点で26州が実施)。

美術館は1日あたり3300万ドルの損失
メトロポリタン美術館 Image courtesy The Metropolitan Museum of Art
 3月初めに、ニューヨークで初の感染者が確認されたあと、市内での感染者数が急増するのを受け、3月12日にメトロポリタン美術館が一時休館を発表した。それに追随するようにニューヨーク市内の他の文化施設やギャラリーも相次いで、休館・休廊に踏み切った。

『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道によると、メトロポリタン美術館は「パンデミックは5月初旬にピークを迎え、回復の兆しは最低でも6月中旬まで見込めない」という疫学専門家の予測をもとに、現在のところ7月までの休館を想定している。この影響でおよそ1億ドルの減収が見込まれており、コスト削減と人員整理を段階的に行っていくという。

 プログラムの縮小と、営業再開後も、ニューヨークに観光客が戻ってくるまではしばらく時間がかかるため、来場者数の減少も避けられないとしている。従業員に対して、4月4日までの給与は支払われるが、それ以降は、休暇扱い・解雇・自主退職などのオプションが検討されているという。影響力のある同館の対応を見て、他館も同様の措置を取るようになると、4月以降多くの美術館関係者が職を失う可能性が出てくる。

ロサンゼルス現代美術館
『ロサンゼルス・タイムズ』紙は、ロサンゼルス現代美術館が、3月24日、従業員のうちおよそ半分にあたるパートタイム従業員97名に解雇通知を行ったと報じている。対象となったのは在宅勤務が不可能なポジションにつくスタッフで、給与は3月末分まで支払われるという。同館は、営業再開後にこれらのスタッフの再雇用を望んではいるが、いま一旦解雇の手続きを行い、彼らが失業者保険を受給できるようにすることが、この決定の背景にあると説明している。

 アメリカ博物館同盟の代表ローラ・ロットは、現在アメリカの美術館・博物館全体で、1日あたり少なくとも3300万ドルの損失が出ていると見積もっており、ニューヨーク・タイムズ紙に対しては「25年間のキャリアのなかでもっとも悲惨な状況」であると語っている。3月27日に成立した、政府による2兆2000億ドル規模の経済対策パッケージでは、すでにNEA(the National Endowment for the Arts、米国芸術基金)を通じ、7500万ドルが文化機関の支援に充てられることが分かっているが、美術館・博物館に対するさらなる支援に関する詳細が決まるのはこれからとなっている。

オンラインをビジネス救済の場として活用
デイヴィッド・ツヴィルナーのウェブサイトより
 ギャラリーは閉鎖、アートフェアはキャンセルを余儀なくされる状況を受け、デイヴィッド・ツヴィルナーが小規模ギャラリーの救済に名乗り出た。2017年よりデイヴィッド・ツヴィルナーは「ビューイング・ルーム」という、オンラインの作品販売を行ってきた。同ギャラリーは、新型コロナウイルスの影響で、展示の中止や早期終了に追い込まれたニューヨークの小規模ギャラリー12軒に対し、このプラットフォームの利用を開放するという。各ギャラリーは2点ずつ「ビューイング・ルーム」経由で、作品の展示・販売ができ、デイヴィッド・ツヴィルナー側は、システムの利用料やコミッションは一切受け取らないという。この
セールは「プラットフォーム:ニューヨーク」と銘打たれ、4月3日よりスタートする。

「フィルム・フォーラム」は、ニューヨークにある1970年に設立した老舗のインディペンデント系映画館だが、3月16日に州が発した映画館の営業停止命令を受け、オンラインで映画の視聴を可能にする「ヴァーチャル・シネマ」の提供に踏み切った。映画配給会社と提携し、劇場で公開予定だった5作品をレンタル視聴できるようにしている。

キノ・ローバーのウェブサイトより
 その配給会社のひとつ「キノ・ローバー」のサイトでは、全米各地のインディー系映画館で上映予定だったブラジル映画「BACURAU」がレンタル配信されている。特徴は、借りる側が視聴料の12ドルを、どの映画館に支払いたいかリストから選択できる点。「フィルム・ムーブメント」「ミュージック・ボックス・フィルムズ」といった配給会社も同様のサービスを開始し、小規模映画館のサポートを行っている。

医療現場を支援
 事態がもっとも深刻な医療現場では、マスク、手袋、ガウンなどの個人防護具が圧倒的に不足しており、第一線で感染者対応を行う医療関係者の安全確保がままならない危機的状況が続いている。3月20日、ファッション・デザイナーのクリスチャン・シリアーノがツイッター上で、「要請さえあれば、スタッフとともにマスクの製造に力を貸せる」と、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモに対しメッセージを送ったところ、知事はすぐさまシリアーノの申し出を受入れた。シリアーノのツイッターによると、医療現場での使用に耐えうる基準をクリアするための行政審査などがあったことが窺えるが、3日後には製造開始、1週間後には既に1000個のマスクを納入し、急ピッチで支援が進められる様子が伝えられている。今後もマスクの製造は続けられていくという。


Christian Siriano

@CSiriano
1000 masks per box! WOW we are so proud and I can’t thank my team enough for all the hard work. We hope this helps so many people because they are helping all of us!

埋め込み動画
104,894
5:00 - 2020年3月28日
Twitter広告の情報とプライバシー
13,826人がこの話題について話しています
 知事は、感染拡大は今後3週間をかけピークを迎え、対応に14万病床が必要となると見込んでいる。しかし州内で確保できるのは、5万3000床。その圧倒的な不足を補うべく、知事は3月23日に、仮設医療施設の候補地の視察を行ない、結果「ジャヴィッツ・センター」がその一つに選ばれた。普段はトレードショーなどが開催される、大型コンベンションセンターで、来年の「アーモリー・ショー」の会場としても予定されている場所だ。すでに1000床を備えた施設に姿を変えており、3月30日までには医療施設として、稼働予定だという。

 このほか、セントラールパークでは3月29日より野外病院の設置が始まっており、31日の稼働を目指しているという。


TIME

@TIME
Watch: Construction work for a coronavirus field hospital in Central Park, New York, began on Sunday and is expected to be operational on Tuesday https://ti.me/2QVnHuS

埋め込み動画
1,464
15:02 - 2020年3月30日
Twitter広告の情報とプライバシー
709人がこの話題について話しています
 ニューヨークで初の感染者が確認されて1ヶ月。市民の生活は一変した。各所、安全確保と現状対応に追われるいっぽう、事態がどう展開するのか、誰にも予測のつかない状況がこれからしばらく続くように見える。

 朝ごはん!

雨!

米NY州 高齢者施設で2000人超が死亡 新型コロナ
2020年4月18日 8時04分

米NY州 高齢者施設で2000人超が死亡 新型コロナ
アメリカで新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻なニューヨーク州では、高齢者施設で死亡した人の数が2500人近くに上ることがわかり、高齢者施設での深刻な感染の実態が浮き彫りになっています。
ニューヨーク州は17日、高齢者施設を対象に行った新型コロナウイルスの感染状況についての調査結果を公表しました。

それによりますと
新型コロナウイルスが原因で死亡したとみられる人の数は2477人に上っています。

また、調査に応じた施設のうち、19の施設で20人以上が亡くなっていて、このうち、5つの施設では40人以上が亡くなっているということです。

高齢者施設での感染をめぐっては、アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズが、全米で少なくとも6900人が死亡したとみられると報じるなど、深刻な問題になっていますが、一部の施設が入所者の状況を家族に明かさず、感染を隠蔽しているのではないかという批判が出ています。

これを受けてクオモ知事は、17日の記者会見で「入所者の感染の有無や病状について、家族に伝えることを義務づけるよう命じた」と述べ、高齢者施設の対応を厳しく監督する方針を示しました。

また、CDC=疾病対策センターは、施設で働く人が体の不調を訴えた場合に備えて代わりの人員を確保したり、原則として家族の訪問を禁止したりするなど、ガイドラインに従って感染拡大を防ぐよう施設に求めています。
シェアする





国内感染者1万人超える 9日で倍増、歯止めかからず 新型コロナ
時事通信 4/18(土) 16:19|Yahoo!ニュース
 国内で確認された新型コロナウイルス感染者は18日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を除き累計で1万人を超えた。

 感染者が5000人を超えたのは国内初確認から約3カ月後の今月9日だったが、その後の9日間で倍増した。7日に緊急事態宣言が発令されてから10日以上たったが、増加ペースに歯止めがかからない状況が続く。

🔑
 4時から読書タイム!

 5時から焚き火タイム!
15871985516371261064157.jpg
15871985882541780068054.jpg









 1階のソファーで12時まで寝てしまった!