August 14th, 2020

20度から 29度!晴れ!







コロナリストラ」が今秋から、本格化する理由とは
二木章吉
ビジネス 倒産のニューノーマル
2020.8.13 5:15


新型コロナウイルスの影響で景気が悪化する中、早期・希望退職を募集する企業が増え始めている。今秋から来年にかけて、さらに多くの企業が人員削減に乗り出すことになりそうだ。(東京商工リサーチ情報部 二木章吉)

新型コロナの影響で
人員削減が横行
リストラ
写真はイメージです Photo:PIXTA
 新型コロナウイルス感染拡大で、世界的に景気悪化が広がっている。国内でも上場企業の業績下方修正が相次ぎ、早期・希望退職の募集が増えている。

 2019年の人員削減は、“黒字リストラ”が主流を占めていた。これは新たな事業分野への進出やいびつな年齢構成の是正を目指す、本来のリストラクチャリング(事業の再構築)だった。

 ところが、新型コロナで急激に業績が悪化すると、悪しき慣行の“リストラ”、すなわち業績不振による人員削減が再び横行してきた。 

 上場企業の決算は今年1月以降、新型コロナによる下方修正が相次ぎ、1000社を超えた。当初予想から売上高で7兆6000億円、利益金4兆3000億円が消失し、企業の苦境が浮かび上がっている。

 日本航空、全日空、JR東日本などの交通インフラや、三越伊勢丹ホールディングス(HD)、H2Oリテイリング、高島屋、J.フロントリテイリングなどに代表される百貨店運営各社は、直近の本決算または四半期決算で赤字を計上。こうした外出自粛や休業要請によって大きな影響を受けた業種を中心に、新型コロナの感染が広がった3月以降、多くのBtoC企業は暗いトンネルどころか暗闇の洞窟で出口を模索している。

 こうした状況を背景に、上場企業は人員構成の見直しを急ピッチで進めている。だが、人材不足の部署や新規事業に人員配置転換できる企業はまだいい。店舗や工場の閉鎖で、人手減らしを迫られる企業が今年に入り急増しているのが目立つ。

次のページ

退職者募集企業は 昨年の2倍以上

退職者募集企業は
昨年の2倍以上
 早期・希望退職の実施を開示した上場企業は、2020年上半期(1-6月)だけで41社に達した(東京商工リサーチ調べ)。

 2011年以降は、上半期(1-6月)に早期・希望退職を募集した上場企業は40社に届かず、景気拡大を背景に人手不足が広がり、過去5年間の上半期は20社を下回って推移してきた。

 だが、新型コロナで状況は一変した。2019年同期(18件)と比べ、今年は2.2倍に急増し、5月ですでに2019年の通年件数(35件)を上回るハイペースだ。

 募集人数の合計は7192人で、2019年上半期の8211人を下回っている。2019年は、富士通、東芝、ジャパンディスプレイ、ルネサスエレクトロニクスなど、構造不況に苦しんだ大手電機メーカーで1000人を超える大型募集が4件あったためだ。

 今年は1000人以上の募集はレオパレス21の1件(応募を含めるとファミリーマートの2社)だけで、小規模の募集が特徴になっている。ただ、東芝テック、日立金属、三越伊勢丹HDなど8社が募集人数を開示しておらず、これらの企業の動向も注視される。

図1 早期・希望退職募集人数の上位10社
拡大画像表示
 業種別で見ると、上半期はアパレル関連が6社で最多だった。次いで、小売5社、電気機器と輸送機器が各4社で、アパレル関連の苦境が目立っている。

 ただ、募集人数が少ないからといって、影響が少ないわけではない。募集人数が少なくても、赤字企業がやむを得ずに実施を迫られる“切羽詰まった”企業が集中しているからだ。

 2020年上半期に募集を開示した企業のうち、直近決算が黒字決算のいわゆる“先行型”は21社で構成比は51.2%だった。

 一方、2019年同期(1-6月)に早期・希望退職を募集した18社のうち、黒字企業は12社(構成比66.6%)と約7割に上った。ところが、2019年通年(1-12月)では35社のうち、通期決算で最終赤字が15社(構成比42.8%)まで増え、黒字企業の割合は6割を割り込んだ。
2従来、赤字や減収減益など業績不振企業の早期・希望退職の募集は、本決算を発表した後の6月以降に本格化する。このため、コロナ禍で赤字企業が増えている今年は、下半期以降が要注意ともいえる。2020年はすでに早期・希望退職を募集した企業の赤字決算は半数にとどまっており、“本当のヤマ場”は迎えていない可能性が高い。

 なお参考までに、7月以降は5件を超える赤字企業が募集に動いている。


決算延期で今秋以降本格的なリストラか



従来、赤字や減収減益など業績不振企業の早期・希望退職の募集は、本決算を発表した後の6月以降に本格化する。このため、コロナ禍で赤字企業が増えている今年は、下半期以降が要注意ともいえる。2020年はすでに早期・希望退職を募集した企業の赤字決算は半数にとどまっており、“本当のヤマ場”は迎えていない可能性が高い。


4







 今日は氷入りの麦茶を入れて!

 かき氷は冷たいので正解だったのですが、観光客が多かったので歩きながら食べました!





 帰りはタングラムのバスは野尻湖のバス停なので、雷坂はきつかったです!





12時23分に着く!
今日の買い物はマツモトキヨシで洗濯石鹸とちふれの化粧品とバスソルト、シャンプ―、トリートメント!








 お昼は朝の残りを戴く!

 郵便局に行かなきゃ!











 夕飯!

 郵便局で勧められたカボス!


 Amazonでやすく買えた古本ですが、状態がいいです!
長崎から!