March 4th, 2021

-4度から 10度!晴れ!夕方雨!

美術家・書家の篠田桃紅さん、107歳で死去…東洋の伝統と墨彩による抽象絵画を融合
2021/03/03 21:12読売新聞
美術家・書家の篠田桃紅さん、107歳で死去…東洋の伝統と墨彩による抽象絵画を融合
 墨彩による抽象表現を追求した美術家、書家の篠田桃紅(しのだ・とうこう、本名・満洲子=ますこ)さんが1日、老衰で亡くなった。107歳。告別式は近親者で済ませた。

 中国・大連に生まれ、東京で育った。幼い頃から書を学び、戦後に書家として活動を始める一方、水墨による抽象絵画を始めた。1956年に渡米し、ニューヨークで流行していた抽象表現主義の影響を受けた。米国各地で個展を開き、東洋の伝統と抽象絵画を融合した作風が高く評価された。

 58年に帰国すると一躍、時の人に。水墨に金銀や朱を交え、幽玄さと鋭い造形感覚を併せ持つ作品は、国内外の美術館に収蔵された。また、皇居・御所、京都迎賓館を飾る絵画を委嘱されたほか、在外公館や寺院、劇場などの壁画や緞帳どんちょうも制作した。

 名文家でも知られ、79年に随筆集「墨いろ」で日本エッセイスト・クラブ賞。2013年には100歳を記念した個展を各地で開催した。著書「一〇三歳になってわかったこと」は幅広い年代の女性に支持され、ベストセラーになった。最近も個展を開くなど、最晩年まで旺盛な制作を続けていた。映画監督の篠田正浩さんはいとこ。

縷衣香記
篠田桃紅の作品は一枚、欲しいです。
23.4歳の頃、ホテルオ-クラの中にあるアメリカ人の経営するフランネルギャラリーが、私の豆団扇扱ってくれていたのですが、篠田桃紅のリトグラフが飾ってあって、他の作家の作品は覚えてないのですが、彼女の作品だけを記憶しているのです。

 アメリカ大使館に勤務していた母の姉とアメリカ帰国後、フランネルギャラリーを訪ねた時はもうギャラリーは無かったです。

 107歳まで生きてられて、最後まで制作されるのは素敵ですね。

 上田の美術館で篠田桃紅の展示会を観たのは2年前くらいでしょうか?

 今日は、彼女の本を読もう!観よう!






7時半に起きる!



うさちゃんのお部屋のお掃除!

今朝は小松菜を食べました!
美味しそうでなにより!


 うさちゃんのうんちをタピオカと言う飼い主がいるけれど、正露丸と言う感じです、大きさ、色、堅さが均一で体の構造の完璧さに驚く!

 うさちゃんは、サ-クル中ではうんちもおしっこもしない!小屋に帰るのが好きなのはお水と食べものがあるからかな?サ-クルに入るとすごいスピードで椅子の周りを走ります!





 古本で買ったのですが、定価より高く、新聞記事が入っていたのです!

 気取っているのではなくて、右耳が痒くて引っ掻いたところかぶれてとんでもないことになっているのです!
母の買ってくれたロベルタ!
こういう時に役立ちます!



りんごの花が咲くのが楽しみ!




戸隠そばでお昼!





 送金証明書を出してもらうのが大変!



篠田桃紅作品 特別展示
開催期間:2021年03月04日~ 2021年03月11日
開催場所:ギャラリーサンカイビ

今年3月1日に永眠した篠田桃紅先生を偲び、桃紅作品(原画・版画・書)を特別展示致します。ご記帳アルバムを設置致しますので、桃紅先生へのオマージを綴って下さい。

ギャラリーサンカイビ

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-22-5 1F MAP

TEL:03-5649-3710 FAX:03-5649-3720

MAIL:info@sankaibi.com

営業時間:11時~18時

常設展示中:水~土(日月火祝休)

企画展示中:月~土(日祝休)



疲れた!


今日の買い物!
ぬれティッシュ!大量です!に勤務
痒み止め軟膏!
バンドエ-ド!
ガ-ゼ!
マキロン!

お弁当!
桜のシフォンケーキ!スターバックス!




 桜の花びらが細かく刻んで入ってます!





今日は、とても疲れました!
帰ってから、娘がうさぎのサ-クルに入り、しっかりうさちゃんに運動させて、小屋に返し、買ってきたお弁当とケ-キを渡し、2階のベッドに入りそのまま7時まで寝ました!





今、うさちゃんにクレソンをあげました!
大好物のようです!