April 30th, 2021

7度から18度!晴れから午後から雨!

0時に起きる!
3時半に起きる!
7時に起きる!

 昨晩の雨で椅子もお花も雨の露で濡れている!
 そこを拭かないと!

朝ごはん!



NHK
Web News
東京都 コロナ 9人死亡 1027人感染確認 1000人超は1月28日以来
2021年4月29日 18時17分


東京都内では、29日新たに1027人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、ことし1月28日以来1000人を超えました。都の担当者は、「人の流れを十分に抑え切れていないことが感染の増加につながっている。変異したウイルスも広がっていることを考えると今後の拡大が危惧される」として、大型連休中は外出を自粛して家で過ごすよう呼びかけています。

東京都は、29日都内で新たに10歳未満から90代までの男女合わせて1027人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

都内で1日に1000人を超えるのはことし1月28日以来です。

28日は925人が確認されていて、感染の拡大が続いています。

1週間前の木曜日からは166人増えていて、(4/22=861人)前の週の同じ曜日を上回るのは29日で29日連続です。

また、29日までの7日間平均は782.1人で、前の週の114.3%となりました。

都の担当者は、「人の流れを十分に抑え切れていないことが感染の増加につながっている。第3波では去年12月31日に1000人を超え、その1週間後には2000人超えた。今回は変異したウイルスも広がっていることを考えると、今後の拡大が危惧される」としています。

29日の1027人の年代別は、
▼10歳未満が36人、
▼10代が86人、
▼20代が282人、
▼30代が197人、
▼40代が172人、
▼50代が135人、
▼60代が59人、
▼70代が34人、
▼80代が24人、
▼90代が2人です。

20代と30代を合わせると479人で、全体の47%を占めています。

都の担当者は、「若い人が多い。きょうから連休に入る人も多いと思うが、改めてステイホームを徹底し、家でもホームパーティーなどの会食は控えてほしい。外に出ないことが大事だが、家にいても換気や手洗い、うがいをしっかりしてほしい」と呼びかけています。

きょうの1027人のうち、およそ57%にあたる584人はこれまでのところ感染経路がわかっていません。

一方、感染経路がわかっている濃厚接触者の内訳は、
▼「家庭内」が251人と最も多く、
次いで
▼「職場内」が65人、
▼「施設内」が50人、
▼「会食」が22人などとなっています。

このうち「施設内」では、大学の運動部で学生16人の感染が確認されました。

この大学では、運動部員や寮に住む学生などこれまでに合わせて52人の感染が確認されています。

これで都内で感染が確認されたのは13万8378人になりました。

29日時点で入院している人は28日より24人増えて1955人で、「現在確保している病床に占める割合」は34.9%です。

都の基準で集計したきょう時点の重症の患者はきのうより5人増えて58人で、重症患者用の病床の15.5%を使用しています。

また、都は、感染が確認された50代から90代の男女合わせて9人が死亡したことを明らかにし、都内で死亡した人は合わせて1889人になりました。

29日に死亡が発表された9人のうち、
50代の女性1人と60代の女性1人は、感染力が強いN501Yの変異があるウイルスに感染していたということです。

このうち、50代の女性には持病はなく、せきなどかぜのような症状が悪化し、体調が急変して病院に救急搬送されました。

女性はその後、感染がわかり、亡くなったということです。

また、60代の女性は、入院していた病院内で変異ウイルスに感染したということです。

都によりますと、この病院ではほかにも変異ウイルスに感染した入院患者がいるということです。

これで、都内で変異ウイルスに感染して死亡したのは、きょうの2人を含めて4人になりました。
第3波では1000人超以降に感染者が急増

東京都内で1日の感染確認が初めて1000人を超えたのは去年12月31日でした。

この日は1353人でしたが、わずか7日後のことし1月7日には2倍近くに急増し、過去最多の2520人となりました。1月7日、8日、9日は3日連続で2000人を超え、極めて厳しい感染状況が続きました。

1月は、5日から23日までの19日連続で1000人を超え、1か月で4万人余りの感染が確認されました。

7日間平均を見ると、12月31日に889.4人だったのがピークとなった1月11日には1861.1人になりました。10日余りで2.1倍の急増です。

感染の急拡大に伴って入院患者も大幅に増加し、12月31日の2594人から最多となった1月12日は3427人と、10日余りで1.3倍、800人以上の増加となり病床がひっ迫しました。

その後、感染確認は先月上旬にかけて減少していましたが、再び増加に転じ、さらにそのペースが上がっています。

7日間平均は今月1日は372.3人だったのに対し、28日は758.4人と2倍に増加しています。

また、入院患者も先月には1200人台まで減少していましたが28日は1931人でした。今月中旬から増加のペースがあがっていて28日までの2週間で500人余り増えています。

都内では変異ウイルスも広がっていて、都の専門家は「第3波を超える急激な感染拡大が危惧される」と強い警戒感を示しています。
NHK NEWS WEB



国内感染】新型コロナ 78人死亡 5918人感染確認 (20:30)
2021年4月29日 20時47分



【国内感染】新型コロナ 78人死亡 5918人感染確認 (20:30)
29日はこれまでに全国で5918人の感染が発表されています。また、大阪府で44人、東京都で9人、愛媛県で4人、兵庫県で3人、徳島県で3人、北海道で2人、千葉県で2人、奈良県で2人、和歌山県で1人、大分県で1人、山口県で1人、岐阜県で1人、岡山県で1人、愛知県で1人、福岡県で1人、群馬県で1人、長崎県で1人、の合わせて78人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め58万8330人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて58万9042人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が1万204人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1万217人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は、累計で次のとおりです。

( )内は29日の新たな感染者数です。

▽東京都は13万8378人(1027)
▽大阪府は8万145人(1172)
▽神奈川県は5万3294人(255)
▽埼玉県は3万7653人(256)
▽愛知県は3万3191人(430)
▽千葉県は3万3002人(152)
▽兵庫県は3万1171人(534)
▽北海道は2万3983人(234)
▽福岡県は2万3121人(337)
▽沖縄県は1万2404人(76)
▽京都府は1万2388人(136)
▽茨城県は8098人(58)
▽宮城県は8013人(21)
▽静岡県は6436人(55)
▽奈良県は5989人(86)
▽群馬県は5937人(70)
▽広島県は5917人(76)
▽岐阜県は5725人(72)
▽栃木県は5340人(31)
▽熊本県は4110人(56)
▽岡山県は3872人(99)
▽長野県は3825人(21)
▽三重県は3713人(51)
▽滋賀県は3683人(41)
▽福島県は3324人(44)
▽石川県は2467人(39)
▽愛媛県は2312人(33)
▽新潟県は2273人(31)
▽宮崎県は2193人(21)
▽和歌山県は2138人(36)
▽鹿児島県は2090人(28)
▽長崎県は2057人(27)
▽山口県は1823人(33)
▽大分県は1800人(41)
▽佐賀県は1584人(15)
▽青森県は1553人(22)
▽山形県は1504人(17)
▽富山県は1304人(13)
▽徳島県は1270人(46)
▽香川県は1232人(29)
▽山梨県は1193人(6)
▽高知県は1026人(9)
▽岩手県は901人(34)
▽福井県は873人(4)
▽秋田県は452人(22)
▽鳥取県は372人(4)
▽島根県は347人(4)です。

このほか、
▽空港などの検疫での感染は2681人(14)、
▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、29日時点で951人(-2)となっています。

一方、症状が改善して退院した人などは、29日時点で、
▽国内で感染が確認された人が51万5560人、
▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて51万6219人となっています。

また、27日には速報値で1日に6万5408件のPCR検査などが行われました。
※愛知県が4/29公表の感染者1人減と訂正。
※神戸市が4/24公表の感染者を1人減と修正。

・集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。
・在日米軍の感染者は含めていません。
NHK NEWS WEB













































昨年の給付金で買ったチューリップの球根!



 さっきまで寒かったのに暑いくらいだ!




































お昼!

オイシックスに入っていた蟹蒲鉾!



2階で少し休んでいる!
日射病のような火照り!

幸い夕方までは晴れてるようだ!











 うさちゃんのおトイレを掃除してたときから雨が降り出した!
 4時頃!













 うさぎ小屋の梯子階段!
 爪が研げるようにヤスリになってます!
 うさぎさんによっては、爪を上手に研いで飼い主がヤスリをかけなくても爪切りで切らなくても良い兎がいるそうです!











 お風呂後に2階に上がって、ベッドで寛いでいて寝てしまったようです!

9時半に起きる!









 昨日は売りの半分を娘とうさちゃんと私でいただきました!甘くて美味しいです。


 ミッフィーはオランダのデザイナーの作品!
このお皿は家族でロ-ソンの買い物スタンプを集めて3枚揃えたもの!

 チューリップは17世紀にオランダで投機でフィ-バ-した!


今日のパジャマ代わりのTシャツはオランダの画家、ゴッホ!

うさちゃんはネザ-ランド・ドワ-フでオランダでミニ品種と穴兎の掛け合わせで生まれた品種!



NHK Web news
社会

「3密」でなくても集団感染のおそれ
2021年4月30日 18時43分

「3密」でなくても集団感染のおそれ

新型コロナウイルスは、「密閉・密集・密接」のいわゆる「3密」の場面で感染が広がりやすいとされていますが、屋外での飲食で密閉という条件がないなど、「3密」ではなくても感染が広がったとみられるケースの報告が相次いでいます。感染力が強い変異ウイルスの拡大でさらに広がるおそれもあり、専門家は「2密」「1密」であっても感染すると考え、対策を徹底してほしいと呼びかけています。


新型コロナウイルスの感染は、『換気の悪い密閉空間』『多くの人が密集する場所』『間近で会話や声を出す密接場面』の、いわゆる「3密」の条件がそろうところで特に集団感染のリスクが高く、室内の換気や飲食店で人数制限をするといった対策が進められてきました。

感染は当初から「3密」の3つの条件がそろわなくても起きるとされていましたが、このところ「密閉」や「密集」といった条件がなくても集団感染したケースが相次いで報告されています。
河原で飲み会 『2密』で集団感染
横浜市では、「密閉」の条件がない、大学生が今月中旬に河原で開いた大人数での飲み会で集団感染したケースが報告されています。


横浜市などによりますと、感染したのは、大学のダンスサークルの学生たちで、参加した90人以上のうち、数日後に9人の感染がわかり、最終的には飲み会の参加者や関係者など、およそ60人の感染が確認されたということです。

調査した保健所によりますと変異ウイルスではなかったものの、多数が集まる「密集」と、近くで会話する「密接」の2つの条件があり、感染が広がったものとみています。
密閉だけの『1密』で集団感染
また、「密閉」という1つの条件しかないところで感染したケースも報告されています。

東京都内の保健所によりますと、先月下旬、劇場で稽古をしていた演劇関係者に感染の疑いのある人がいることがわかり、検査したところ、20代から60代の男女9人の感染がわかりました。


全員がマスクを着用し、稽古も2メートル以上の間隔を空けて行っていて、「3密」のうち、「密閉」の条件しかありませんでしたが、ほとんどの感染者がほかに接点がなかったことから、保健所は稽古を通じて感染したとみています。

保健所によりますと、このケースについては民間の検査機関で感染が確認されたこともあり、変異ウイルスかどうかの検査は行われていないということです。
感染力強い変異ウイルスにはさらに注意


感染力が強い変異ウイルスによって、3密の条件がそろわなくてもさらに広がるおそれが指摘されています。

神戸市では、今月初めの段階で90%以上が変異ウイルスに置き換わっていましたが、変異ウイルスの感染が増えてきた先月以降、これまでには感染がほとんど見られなかった場面でも集団感染が報告されるようになってきているとしています。

感染経路の調査を行ってきた保健所によりますと、中高生が部活が終わった後に屋外で車座になってジュースを飲む時以外はマスクをつけて話していた場面で感染したケースや、
大学生のサークル活動の後での屋外での飲み会で感染したケースがあり、検査すると変異ウイルスだったということです。

神戸市保健所の担当者は「これまでは感染がなかったような場面で感染していて、従来よりも感染力が強くなっているという印象がある。相当に注意しないと感染を防ぐのは難しいのではないか」としています。
第4波 若い世代の感染者の割合増加


感染の第4波では、これまでのところ、感染者に占める若い世代の割合が多く、感染者の集団、クラスターは3密の条件がそろいやすい飲食店だけでなく、学校や職場などでの発生が多くなっています。

東京都が28日発表したデータによりますと、東京都内で感染者のうちの20代と30代の割合は、2回目の緊急事態宣言が出たあと、2月15日の時点ではおよそ33%だったのが、解除後から再び増え始め、4月12日の時点ではおよそ50%に、4月26日の時点でもおよそ47%とほぼ半分を占めています。

また、今月27日に開かれた厚生労働省の専門家会合でも20代から30代を中心とした行動が活発な現役世代で全国的に感染拡大の傾向がみられ、3密の条件がそろいやすい飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などでの感染が報告されているとしています。

専門家会合で報告された最新の解析結果では、全国各地で報告されたクラスターのうち、学校・教育施設はことし2月にはおよそ7%だったのが、3月はおよそ10%、4月は23日までの集計でおよそ13%と割合が徐々に増え、このうち部活やクラブ、サークルなどでの発生が大学でおよそ44%、高校ではおよそ22%にのぼっています。


また、職場でのクラスターはことし1月はおよそ11%でしたが、2月はおよそ13%、3月はおよそ18%、4月は23日までの集計で、およそ21%と割合が増える傾向となっています。

新型コロナウイルスの感染は、若い世代で広がった後、家庭などで中高年などより幅広い世代に拡大し、高齢者施設や病院に感染が広がって重症化したり死亡したりする人が増えるというパターンを繰り返しており、専門家は感染力が強い変異ウイルスが拡大していることもあり、できるだけ早く若い世代での感染を抑える必要があるとしています。
専門家「2密や1密でも感染すると考えて」

感染症対策に詳しい、東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「従来から屋外のバーベキューなどでの感染はあったが、変異ウイルスは感染力が強いので『2密』や『1密』であっても感染すると考えなければならない。マスクをきちんと着ける、人との距離をさらに取る、屋外でマスクを着用していても飲酒を伴う会食は避けるなど、さらに対策を徹底する必要がある」と話しています。


そのうえで「若い人たちは行動範囲が広く、人と会う機会も多いので、そういった場面での感染をどう防ぐか、ぜひ考えて行動してほしい」と話しています。
NHK NEWS WEB
最新の主要ニュース7本
一覧
“全高齢者2回接種できるワクチン 6月末までに配分”計画通知
“全高齢者2回接種できるワクチン 6月末までに配分”計画通知
4月30日19:29