Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

紙の月

二条城前駅から二条駅まで近下鉄で移動。 二条駅の改札口はとても親切で、映画館の入っているビルを丁寧に教えてくれた! さすが、京都! 7:00pmに金魚を見終わり、7:30pmに映画館でチケットを買い、映画が始まるのが8"30pmで時間が1時間あるので、どうにか時間をつぶさないと。 8時半からなので、明日の朝のパンを買ったり、生姜チャーシュー・ラーメンをいただいた。長岡ラーメンなのだという。生姜が効いて、体によさそうな美味しいラーメンだった。 4階の映画館に行くと 幕間というのをやっていて、それから予告編が始まるのだった。 時間が時間なので、すいていた。ゆったりめのおおきな椅子で良く見えた。 ☆主演女優賞をとった宮沢りえちゃんは、40歳くらいなのか? 細くて美人だけれど、妙なやつれもある。 映画を観ているところ、何不自由な主婦役だが銀行で正社員として働き始める。 営業で勧誘係で自転車の戸別訪問。 銀行は家にも勧誘電話や手紙は良くあるが、私のいえには戸別訪問はない。 結構、大変なしごとだが、主人公の梨花は成績良く勧誘に成功する。 ☆映画では、ご主人は一戸建てに住み頑張っているサラリーマンで問題ない。特別、はやらかなければならない事情はない。 結婚記念日に腕時計を贈ったりするいい夫婦関係。 ☆主人公は美しく、男性からはそれなりも扱いを受けている。 銀行にはシンボルのような働くだけの独身女性や上手に生きている若い女性もいる。 色々アルバイト好きな私だが銀行勤めの体験はないので、息が詰まるような所だなと思った。 それと、お金を扱う仕事は味気ないと言うか、主人公の生活変化がその反動のようお思えたが、特別貧しいわけでもない主人公のはじけぶりが、宮沢りえなので洗練されたファッショナブルな展開になるのだ。

帰りは11:24pmの最終から二番目のJRで京都駅へ。ずいぶん着込んでいるが寒い。雨は止んでいた。
Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments