Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

エドガーランポの映画を観る。「世にも怪奇な物語」

☆Y子さんと12時に国分寺駅。 それから私たちは○井のセールにはまってしまい、安かったので靴を買ってしまいました。 それで、お昼をいただく時間がなくなり、1時半からの映画上映にどう間に合わせるか? おにぎり2個づつ買って、タクシーで交通事情で坂下までいってもらい、急な坂道を大学のある会場まで上ったのでした。 大学校舎内のベンチでおにぎりを食べ終わってお茶を飲むと、ちょうど、1時半で、広くて素敵なパフォーマンス・ルームは折り畳み式の椅子を持ち込んでスリッパをはくので、上映中におにぎりを食べることは不可能なのでした。 8人の観客がいましたが、関係者3人と私達2人で3人位は常連客なのでしょう。 ☆国分寺で古い名作品を観る。とても贅沢な空間で! 若き日のアランドロンやバルドー、ジェーン・フォンダ。 視覚的に楽しい映画でした。 フェディリコ・フェリーニの映画がやはり好きかな? ジェーン・フォンダの衣装が若くて美しい肉体にぴったりで、女の残酷さがなんともたまらない。 ブリジット・バルドーの賭けトランプもアランドロンのいかがわしい顔と一緒に妙な面白さを感じたのはこちらも年取ったからかも。

 





☆帰りはチャイを! 美味しかったです。
Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments