Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

かいま見た永遠の世界!

 このところ読んでいるのはこの本です。発行 天使館 ファニー・モイスィーバ著

1895年1月1日、帝国ロシアのチェルノカヴァでロシア皇帝と祖国ロシアを熱愛する家に生まれた。

 ☆このところの日経新聞は毎日不況の実態を報告する内容。今日は1000万人の日本人が生活保護レベルの暮らしをしていること。そして先ほどまで見ていたテレビでは3万人を越える増え続ける自殺者の話だった。

 母子家庭であったり、家庭の主婦が家計を助けるために働きたいと思ってもなかなか厳しい現実の雇用状況だそうだ。

 又、三面記事にも10万円のひったくりや昨日のテレビで83歳のおばあちゃんが強盗と闘って表彰されたとか物悲しい貧乏の厳しさで満載だ。

 ☆私はこう思う。
 地上のことだけを考えると不公平な現実で腹の立つことも多い。
 政府の給付金も国の支払いの滞っている人には天引きされたりの過酷の中にいる人の救いをどうみるか?
 
 長いスタンスで見ると、現状の貧しさはさほど問題ではないのだ。
 光を見るというか、希望のある人生と言うのに遠い人達がいる。
 光を知らないからこそできることがおズルな生き方だ。

 私は貧乏畑のアート生活をしてきたからか。今時の節約方法はとっくに身につけてるものが多い。しかし、何かが無いからと不幸でもなければ貧しくて基準とされてるものが手にはいらないからと言って卑下する必要も無い。
お金をかけないでいろいろなことが楽しめるのだ。

 例えば、あるアート・フェスタが予算の都合で最後になるかもしれないという。
予算?などかけなくてもアートはできる。
昨日、観た中国のアニメには風とか水とかが擬人化されている。
風が吹いて黙って木を見ると、今までと違った表情を見せる。
私達の子供の頃は棒切れで遊び、はっぱでドロを包みお店屋さんごっこもおままごともして豊かに暮らしていたのだ。お下がりや繕いは普通であったし、ネットなど使わなくても年頃になると手ごろなものが手に入ったのだ。

 プロフェッショナルというものの作品の完成度は技術オーダーによってお金をかけることではない。もっと心ざしの高さだ。

☆地上で名が出るとか。
 お金もちになるとか。
 絶賛されるとか。
 
 より先に真実に生きたかを計る世界が彼方にある。
 私は人間であるからそれなりの罪も穢れもあるが、やはり永遠の生命を約束する大切な誠実に生きることを第1にしたい。

☆ファニー・モイスィーバはモスクワ郊外の風光明媚な田舎町クリンで過ごした。
谷間の百合に覆われ、から松林が生い茂り、ライラックの香りに満ちたこの場所で自然への深い愛を培った。p.8
 幼いころ遊んでいると天上の音楽が聴こえたという。
 
 ボルシェビキの支配する恐怖時代に父が死に母が熱湯で殺された。母の最後の言葉は「神に栄あれ。」であった。

☆1928年3月、漢口の町外れの病院に入院。昏睡状態は9日間続いた。
その間、地獄、煉獄、天国に導かれ、天からの光は彼女にこの経験を皆に告げるように命じた。

 罪人は常に死を恐れる。
 死への恐怖は神への恐怖。

 人は自分の罪のために苦しんでいるとすれば、過失は完全に自分自身。

☆突然、麗しくやわらかなメロディーが、不思議な方法で人々の心の中に流れ込み、キリストの到来が告げられたp.41
誰もが震えて立つ尽くしていた。聖なる輝きに満ちた無数の姿が雲間に現れた。彼らは、清い空を支配する、燦然たる衣に身を包む聖人たちだった。

 甘美なる愛の聖歌が響いた。王たる威厳に満ち、優しくも聖なる主への賛美が歌われたが、これに心を合わせたのはごく少数であった。
 義人には救いとなり、反逆者には永遠の呪いとなる、聖なる十字架のシンボルが天高く現れた。後悔のため息の中で、頭を垂れて審判を待つ勇気を持つ者たちがいた。

 天使の聖歌隊が光り輝く十字架を取り囲んでいた。また何と言う美しい光景であろうか。何千という天使たちが、羽ばたく音と共に、聖歌を歌いながら、大きく白い光の輪を形作っていた。

☆私達普通の人間は、日々感謝して質素に暮らし弱い人や苦しんでいる人のため、自分のできることをすればいいのだと思う。
ちょっとした仕事を頼み、ほんの少しの援助を皆がしたら、自殺しなくてもよくなるのではないかと思う。
 ビニール・テントの中で内職ができればいいのではないか?
 紙折やちいさな袋作りなど。
 雑巾作りでもいいのではないか?

☆今日は桜が綺麗だった。

 麻生総理著作の「とてつもない日本」が売れているそうです。
ミクシーや2チャンネルで購買運動をしているそうです。
 
 麻生総理は楽天的で日本は大丈夫っていうところが若者に希望を与えているのでしょうか?
 
 今、テレビで福岡で生活保護を打ち切られた61歳が自殺をして、遺族が役所に1000万円の賠償金を請求しているそうです。北九州では自殺がとても多く、日本全国でも昨年よりさらに自殺者が増えているそうです。先進国では2番目の多さだそうです。

 今年のボーナスは予想では40万円までいかないそうです。
 国外旅行は安くなっているそうですが、皆国内旅行にするとテレビのインタビューでは言ってました。ローンでボーナスの支払い額が多い人は大変ですね。
予定っていつも狂います。今日、行った白羊舎では水商売の方の着物のお洗濯やドレスのお洗濯が減って収入減だそうです。港区って多そうですね。

 私も、今日来た教会バザーのワッフル券を10枚で3000円なので、もう大変支払いの多い気がしています。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments