Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

サリドマイド・ベービー。


ドイツの製薬会社。
年を重ね、痛みが出るようになった。

 

法改正を求め年金が上がり、旅行や生活の楽しみが増えた。

どうすれば最善のサポートができるか?

 

50年目のからだの変化。

 


生きることの意味。
自立への努力。

 

みな強く立派なので、自分もちゃんとしなければと思った。

 

手記に書く人も。

 

薬を飲んだことを責める母親も。

 

お坊っちゃんが薬剤師の勉強をしている人も。

お母さんのことを本で読む。

ちゃんと向かって母と話をする息子。
子供は謝りたいと言う。

 

お母さんは出産の時に障害を意識したと言う。

 

薬が害になることを知ってほしい。
息子は立派だ。
小学校の時にからかわれたときも、そういう人間は相手にしないと決意して、決して親の障害を恥と思ったことはないという。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments