Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

貧困は恥ではない!

 CNNのニュースを観ながら、階下でアイロンかけをしていた。
アメリカのカード・ビジネスや失業者の列がテレビに映し出された。奥さんがパートで雇われて家計を支えている。アメリカでは勝ち・負けの考え方が主流で失業者は「負け犬」として恥じているというのだ。それで「一家を養えないで恥ずかしい。」と一様に暗い顔をしている。

 WWEの「スマック・ダウン」を昨日は10時から観ていた。
仕事とはいえ、良くやるって感じだ。主人はディーバーの美しさにため息をついていると「下品だ。」という。「私も始めはそう思っていたけれど、薄汚い政治家や役人よりずっと綺麗な世界だ。」と答えた。
まさに大衆の鬱積を昇華している技と巧みさ。卑怯なものや気取っているものは負けるのだ。
時代認識もあって、失業者になってお金のために身をうるレスラーや金持ちレスラーが札びらをきって、子分を従えたりも観客が「負け犬!負け犬!」とストレス解消にように罵るのだ。
だから、アメリカって「負け犬」って最大の格好の悪いことなのだろう。
でも、キャスターも言っていたように「政府が悪いのだからそれほど卑下をすることはないのだ。」。しかし、彼らはどんなに政府を批判していても「結局は自分が悪いのだ。」という。日本のホームレスさんも同じ。カメラを向けても顔をそらす。

 それから南アフリカの選挙の投票風景があった。
若い黒人の晴れ晴れとした顔。「この1票が国を変える力だ。」という。オバマ効果だろう。

  女性の自爆テロの風景もあったし、イタリアの地震の場所で会議をしたいというイタリア大統領の声明もあった。

☆経済大国はアメリカが1位で日本が2位でという説明のあとに、日本人が節約のために日本料理のレストランは撤退し、バーガーなどの安いランチを食べるようになったという情報もあった。
健康的な日本料理よりも体に害があっても安いマックに移ったことに?があった。

☆昨晩、アート関係の経済状況を調べていたら、ある意味で安定したアーティストとバブル的なアーティストの差が酷いことになっている。在庫の投売りも始まっているんだとか


 小室哲也さんが懲役5年というのも草薙さんの深夜の裸というのもずいぶん世間は厳しいと思った。
裸がいけないのなら、オノ・ヨーコや草間弥生のハプニングはどうなるのだろうか?
小室さんの派手な生活は確かに悪いが詐欺は確かに悪いが、周囲の人間がもう少しちゃんとしていたらとなんだか残念に思う。

☆今日は今まで自宅の掃除と洗濯、皿洗いなどをしていて主婦のこのような雑事というのは人間を修業するなあと改めて思う。ほとんど評価されないが、しっかり疲れる。
「いい暮らしがしたい。」という欲望は悪くないが、現実に誰でもが日常生活に追われているのだろう。
自分も少しは古い衣服を処分してレベル・アップの生活をしたいと思わぬでもないが、現実には多少のくたびれは「まだ着れる!」と思う方だ。

 アメリカでも節約過度だと消費が減り結局は自分の首をしめることになると言う。
 日本も節約で日本料理屋、それも庶民的なとんかつ屋や焼き鳥屋やすし屋が潰れるのは嫌だなと思う。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments