Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

お久しぶりの家族!オーム真理教の麻原彰晃の三女の本!

主人がアメリカから帰ってきたので。
夕飯を食べるとは思わなかったので粗食ですが、主人には金沢の最中味噌汁が付いてます!

鮪のとろろかけ。冷奴。豆ご飯。鳥と野菜の煮もの。




⭐︎読みにくい本です。
しかし、このアーチャリーと呼ばれた少女の人生の過酷さと、心の健全さには励ましたい気持ちがあります。

私の娘より1歳上の彼女は、マスコミや警察に裏切られながらも、事実を観る努力をしている。

受けてなかった学校教育を補い、アルバイトをしてカナダに語学留学をし、大学受験をし、不当な差別と戦い、まだ心理学を学んでいるという。

人間はどんなにハンディがあっても、希望を失わなければ前に進むことができる。

父親の死刑判決、魂の崩壊。母親との不仲。利用しようとするアルフの思惑。

大きな組織で、彼女も知らないことだらけ。

麻原彰晃が、娘に死にたいと言っていた事実。

得体の知れない大きなものがあるのかもしれません。

アーチャリーは、自殺を試みたこともあった。

自分の言葉で本当のことを書くことができてよかったです。

誰の為にも!
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments