Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

とても観たかった映画。

イントゥ・ザ・ウッズジェームス・ラピーヌ とスティーヴン・ソンドハイムによるミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』は、1987年初演のブロードウェイミュージカル。作詞・作曲スティーブン・ソンドハイム、台本ジェイムズ・ラパイン。
2014年にアメリカで映画化され、12月25日公開された。日本では2015年3月14日に公開された。 ウィキペディア初演: 1986年12月4日作曲家: スティーヴン・ソンドハイム作詞家: スティーヴン・ソンドハイム登場人物: プリンス・チャーミング、 大きな悪いオオカミ、 オーロラ姫、 ラプンツェル、 シンデレラ、 レッドサウンドトラック: Into the Woods (1987 original Broadway cast)、
脚本家: ジェームス・ラピーヌ、 スティーヴン・ソンドハイム

ミュージカル・ナンバー[編集]

第一幕


オープニング - Prologue: Into the Woods
お墓にいるシンデレラ - Cinderella At the Grave
ハロー、お嬢ちゃん - Hello, Little Girl
これでさよなら - I Guess This Is Goodbye
魔法の豆 - Maybe They're Magic
完璧な世界 - Our Little World
今わかったこと - I Know Things Now
素敵な王子様 - A Very Nice Prince
1日目の真夜中 - First Midnight
巨人が空に - Giants In the Sky
苦悩 - Agony
ふたり一緒に - It Takes Two
2日目の真夜中 - Second Midnight
このまま私と - Stay With Me
城の階段で - On The Steps of the Palace
フィナーレ - Finale


第二幕


オープニング - Prologue: So Happy
苦悩 - Agony Reprise
魔女の哀歌 - Lament
どんな時も - Any Moment
森のひと時 - Moments in the Woods
悪いのはお前 - Your Fault
最後の真夜中 - Last Midnight
もう嫌だ - No More
みんなひとりじゃない - No One is Alone
子供たちは聴いている - Finale: Children Will Listen


キャスト

魔女:
メリル・ストリープ
パン屋の妻:
エミリー・ブラント
パン屋の主人:
ジェームズ・コーデン
シンデレラ:
アナ・ケンドリック
シンデレラの王子:
クリス・パイン
ジャックの母親:
トレイシー・ウルマン
シンデレラの継母:
クリスティーン・バランスキー
オオカミ:
ジョニー・デップ
赤ずきん:
リラ・クロフォード
ジャック:
ダニエル・ハットルストーン
ジャックの母親:
トレイシー・ウルマン
継母の娘・姉フロリンダ:
タミー・ブランチャード
継母の娘・妹ルシンダ:
ルーシー・パンチ
ラプンツェル:
マッケンジー・マウジー
ラプンツェルの王子:
ビリー・マグヌッセン






スタッフ



監督:
ロブ・マーシャル
原作ミュージカル:
スティーヴン・ソンドハイム AND ジェームズ・ラパイン

作詞・作曲:
スティーヴン・ソンドハイム
脚本:
ジェームズ・ラパイン
製作:
ジョン・デルーカ, p.g.a./ロブ・マーシャル, p.g.a./マーク・プラット, p.g.a./カラム・マクドゥガル
撮影:
ディオン・ビーブ, ACS, ASC
プロダクションデザイン:
デニス・ガスナー
編集:
ワイアット・スミス
衣裳デザイン:
コリーン・アトウッド
音楽監修:
ポール・ジャミニャーニ AND マイク・ハイアム
音楽プロデュース:
マイク・ハイアム


ディズニー提供 メリル・ストリープ “INTO THE WOODS” ルーカマー/マーク・プラット・プロダクション ロブ・マーシャル作品
2014年アメリカ映画/カラー/シネスコサイズ/ドルビーサラウンド7.1&5.1/上映時間:2時間5分/字幕翻訳:松浦美奈

Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments