Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

画家の妻。



モネの最初の妻、カミーユは子供を残して32歳で亡くなった。癌だった。


貧困でモネは妻子をパリに残し、自分は叔母の家に住み、生き残りをかけ制作したが、浸水自殺を企てるほど辛かったようだ。

セザンヌも妻子をパリにおいて結婚していることもかくして、親からしっかり援助のお金を送金してもらいながら南仏のアトリエで絵を描いていた。

妻子が近くにいて貧困のうちにいると、共倒れになってしまうのだ。

生き残った人はそれぞれ知恵者だ。情熱だけでは生き残れないのだ。



妻の死のあと、パトロンの妻と同居して、パトロンの死後、結婚する。子連れの妻とのあいだにも子供がうまれる。

あの豊かなモネの庭は裕福な新しい妻のおかげなのかもしれなかった。

しかし、絵のモデルとなったのは苦楽を共にしたかみーゆだけだった。

しかし、連れ子を連れて結婚したアリスと結婚前に二人の間に生まれた子供とモネの先妻の子と結婚してから生まれた子供と絵には見られない人間ドラマもあったことだろう。

☆娘から電話。
古い靴下タイツを送ってくれるという。おかきやポテトチップとともに。
ここは、まだ寒いので東京でいらなくなった靴下も必要なのだ。
衣類の整理をしている娘が要らないからどうしようかというので。

今、クローゼットの中を整理していたら本当に長く20年くらい着ているスーツや絵具だらけのパンツやセーターが出てきて、やはり役に立つので片づけられないと思った。

Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments