Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「北斎と応為」

素晴らしい本だ。

カナダの女性がこれ程、日本の北斎を書けるとは!

語り手はお栄さん。

舞台は吉原。

お上に暦も地図も与えられなかった庶民。

北斎の名前の由来。

P36.
北斎が本当に描きたかったのは普通の人々。汗水垂らして働く庶民、醜く恵まれない、面白おかしい、見捨てられた者たち。

でもそんな絵など、どこに欲しがる者がいるというのだろう。

⭐花魁道中もでてくる。
私は花柳流の日舞をならっていたけれど、禿(かむろ)を習いました。
子供だったので意味はわからなかったけれど、遊廓の世界を踊ったんですよね。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments