Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

毎日、いじめられ限界!岩手の中2自殺。

いじめを楽しむ少年たち。

鈍感で弱者の気持ちのわからない教師。



☆いじめっこ子供(中2)が暇すぎるのだ!

自殺までさせるいじめは殺しである。

☆可愛いい顔で性格の良さそうな被害者。

岩手県は自殺日本一の県だ。
昨年までは秋田県。

東北には、何が暗い陰湿な苛めの風土があるのか?

私の京都個展に断わっても断っても、私より3歳くらい下の年齢の自分の姪の女性を、
「弟子にして、小遣いをやってくれ。」と、強引に東京から寄越した人も、東北大学を2浪して入ったことが自慢の東北のひとだった。

その女性はふざけた人だった。
一番大変な搬入前日に、手伝っていると嘘を叔父にいったそうだが、実際に着たのは初日で、菓子折りが叔父から届いた。

女子美術短大を一浪、一留年、中退した人で私程度の弟子になたったところで、美術家として生きていかれるほど甘い世界ではない。

第一、私は、自分が食べるのが生いっばいの貧乏画家だったし、小遣いをあげ、人にやって貰う仕事もないので、そう、断った。

それでも、安くもない新幹線と1週間のホテル代を負担させて(姪の親に)京都になぜこさせたのか?

今はわかる。

いじめだったのだ。

他人の晴れの日に、暗く何するでなく居座る女性。

にこやかな客との会話や絵に関連する帯屋やかさやの業者たち。帰りに、お誘いで夕食の誘いもある。

嫌なことは私は、言わなかったが、女性も手伝うとか質問するとかはなかった。

菓子折らはすぐ送り返した。

今でも、妨害を受けたような不愉快な体験。

☆大人になるといじめも変化球だ。

自殺しようとも、思わなかったが、個展案内状を見せる事で引き寄せ、他人へ姪をとおして、変なかかわりになったら、ぞーっと、する。

人間の怖さだ。

☆中2の少年は学校で、毎日の逃れられないかかわりあいがあったのだ。

☆いじめというのは、いたぶり、要求不満や毎日の快適でない暮らしからおこる。

その叔父には知的障害の娘がいると、その姪は、告げ口を言うことで彼女の親切気な叔父を馬鹿にした。

叔父には、日々のうっぷんがあり、京都個展で晴れを迎える28歳だった私に自分と同じように惨めな嫌な思いをさせたかったのだ。

☆岩手の日々のいやがらせ、いじめをしていた同級生たちは、どうにも、面白くない日を、いたぶり、捌け口を求めて暴力をふることで、自分を慰め肯定するしかなかったのである。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments