Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

亮くん「先生、助けてください。」

「許したから、これからも友達でいる。」

「づっとづっと暴力、づっと悪口。」

「もう、死に場所きまっているのですけれどね。」

いじめで死ぬ子たちは、きれいな顔をしている。

亮くんもお坊っちゃまがおで整った顔立ちだ。

村松亮くん。

13歳。

青空を背景にネクタイをした亮くんの遺影。

ひまわりにかこまれて。



☆連絡ノート4冊。
1年で担任代わる。

先生の密度の差。

5年前に両親離婚で妹たち2人は母親に引き取られた。

亮くんは父親に引き取られた。

☆尾木先生の話だと、先生の子供いじめもあると。(この事件でいっているわけではない)

「死なないで。」

「亮くんは優しい子で父親に心配かけたくなかった。」

別れたお母さんも妹たちも悲しくて悔しいだろう。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments